ZENDIKAR

- ゼンディカー -

荒ぶるマナ、不安定な気象、そして浮遊する地形からなる嵐のごとき次元。ゼンディカーは比類なき自然の美と危険の世界です。この次元では、「乱動」として知られる気まぐれな地殻変動によって風景は暴力的に変化し、”不確かで予測不能かつ冒険に満ちた生涯が約束されています。川は地平線上から流れ落ち、岩だらけの峰は傾いて、その高さを測ろうとした者を押し潰します。瑞々しい森と陰気な沼が、古の秘密を隠す転覆した遺跡の上に広がっています。プレインズウォーカーのウギン、ソリン、石術師ナヒリによる古の製作物、「面晶体」として知られる巨大で謎めいた石の配列がこの次元の穏やかな時代を、エルドラージが脱出する遥か以前の日々を思い出させるように残っています。

そのエルドラージとは、久遠の闇に生きる三体の不可解な存在であり、世界を食らうべく次元から次元へと渡り歩きます。倒すことは叶わず、古のプレインズウォーカーは面晶体を用いてその巨人らをおびき寄せ、封じ込め、拘禁しました。それらは数千年の間、停滞状態のまま封じ込められ、隠されていました。若きプレインズウォーカーたちが意図せずそれらを解放してしまうまで。

封印から解き放たれたエルドラージの巨人はその落とし子を召喚して次元中に放ち、ゼンディカーの七大陸のうち二つを貪り、白亜の砂漠と歪んだ幾何学的風景へと変えてしまいました。その破壊を生き延びたゼンディカー人らは順応し、同盟を築きました。コー、マーフォーク、エルフ、人間。そしてグール・ドラズの誇り高くも危険な吸血鬼一族までも。ギデオン・ジュラ、ニッサ・レヴェイン、ジェイス・ベレレン、チャンドラ・ナラー。ゲートウォッチを創設したプレインズウォーカー4人の助力を得て、巨人ウラモグとコジレックは海門の街近郊にて倒されました。広大な地域が荒廃し、僅かな生命が残るのみです。それでもゼンディカーは復興への道を歩んでいます。

LEGENDARY CREATURES

- 伝説のクリーチャー -
  • 綱投げ、アキリ
    綱投げ、アキリ

    アキリはかつてゼンディカーでコーの一団を導いていましたが、エルドラージの攻撃で同志たちを失ったことから、独自の道を歩み始めました。彼女は今、綱投げの技を用いて旅人をウラモグから守っています。不意の死が彼女を襲うことはありません—事前準備と自己信頼こそ残酷な世界で生き残る術であると彼女は信じており、実際にそれで生き残り続けています。

  • 粗野な牧人、ブルース・タール
    粗野な牧人、ブルース・タール

    ゼンディカー生まれのブルース・タールは、かつては質素な遊牧民であり、自分の牛を煽り立てる多彩な技によって知られていました。エルドラージの怪物がアクーム大陸全土に溢れ、自身の隊商も危機に陥るとブルースは抵抗活動を率いるようになります。数多の戦闘の後で、彼のエルドラージとの戦いの功績は、彼がエルドラージに浴びせた数々の独創的な罵詈雑言とほとんど変わらない程にまで広く知られるようになりました。

  • 遺跡の賢者、 アノワン
    遺跡の賢者、 アノワン

    この吸血鬼の賢者は同族を救うため、何年もかけてウギンの目を捜索してきました。チャンドラ・ナラーが彼に地図を見せた時、彼は案内役を務めることを申し出ました。しかし、実際は彼女を裏切るつもりでした。ところが、彼はジェイスによって欺かれたのです。そしてチャンドラとサルカンが目的のものを既に手にしていたことを知ることとなったのです。

  • 引き裂かれし永劫、エムラクール
    引き裂かれし永劫、エムラクール

    久遠の闇の語られざるクリーチャーであるエルドラージの存在は、その周りに存在するエネルギーと物質の絶え間ない消費によってのみ認識することができます。エムラクールは3体いる巨大エルドラージで最も大きく、その存在自体によって周りにいる者を消滅させることができます。

  • 真実の解体者、 コジレック
    真実の解体者、 コジレック

    コジレックは体中に無数の目が生えています。これにより、彼は精神破壊と狂気の混乱を象徴するようになりました。他のエルドラージ同様、コジレックの真意は謎に包まれています。

  • 無限に廻るもの、 ウラモグ
    無限に廻るもの、 ウラモグ

    この巨大なエルドラージは蠢く巨大な触手に乗ってゼンディカーを縦断します。その顔の表層部分は厚い骨板で覆われています。エルドラージは定命の者の理解を超えた感覚を持つと思われますが、この理解の完全なる欠如が、この種族との対話、議論、和平を行うことの障害となっているのです。

地域

  • アクーム
    アクーム

    「アクームの歯」での生活は危険と隣り合わせですが、慣れればやっていけるはずです。この不安定な地での最大の危険は岩石崩落でしょう。数少ない避難場所にしがみ付きながら、人間たちは互いに励まし合い、かばい合い、安全地帯への近道を見つけることで生き延びています。

  • バーラ・ゲド
    バーラ・ゲド

    バーラ・ゲドの密林はゲートウォッチの一人であるニッサ・レヴェインの故郷です。そこは巨大な植生で知られていました。ウラモグが覚醒したことで、バーラ・ゲドの生命は何もかもが貪り食われてしまいました。カルニの心臓を隠す秘密の洞窟を除いて、この大陸は果てのない細かな塵の砂漠と化してしまったのです。

  • オンドゥ
    オンドゥ

    この地の面晶体によってある種の治癒呪文の効果が増幅されることが発見され、人間たちはここに集落を建設することに前向きになりました。そして、この現象について得られた情報はどんなものでも彼らの間に伝わり、そのすべてが海門の灯台でこつこつと記録、蓄積されています。

  • タジーム
    タジーム

    タジーム、そして海門の街はウラモグやコジレックとの最終決戦の場となりました。この街は包囲され、奪われ、そしてゼンディカー軍と結成されたばかりのゲートウォッチによって奪還されました。今、海門のほど近くに一つの木立が知られています。バーラ・ゲドの失われた密林から持ち出された最後の種をニッサ・レヴェインが植えたものです。

クリーチャー種族

  • エルドラージ
    エルドラージ

    ひとたびゼンディカー内の牢獄から解き放たれると、三体の巨人はおびただしい数の小型エルドラージを放ちました。それらは世界の隅々へと広がりながらあらゆるエネルギーと物質を食らいました。巨人が倒された後も、その奇怪で物騒な子らはただ食らうものだけを求めて次元をさまよっています。

  • 吸血鬼
    吸血鬼

    ゼンディカーの吸血鬼はある恐るべき秘密を隠していました。彼らは遠い昔、エルドラージによって隷属させられていたのです。かつての主が戻ってくると、吸血鬼の多くが再び影響下に落ちました–自らの意志で、もしくは魔法的な強制力で。そうでない者は血の長ドラーナに率いられてタジームへと去り、タズリ将軍とギデオン・ジュラのもとで抵抗軍に加わりました。

  • マーフォーク
    マーフォーク

    好奇心旺盛で分析力に長けたゼンディカーのマーフォークは、次元全体に散在する飛び地に棲みます。マーフォークたちは、エム(空)、ウーラ(水)、コーシ(地)と呼ばれる3つの強大な存在がこの次元を見守っていると信じています。実際、これらの神格はエルドラージ3巨人、エムラクール、ウラモグ、コジレックについての薄れた記憶に基づくものでした。

  • ゴブリン
    ゴブリン

    ゴブリンたちは光り物やアーティファクトなどに強い興味を持っています。彼らはしばしば、自分たちが発見したものを装備品に縫い付け、それが持つ実際の力や重要度にかかわらず、誇らしげに見せびらかします。ゼンディカーにおけるすべてのゴブリンはタクタク族、ラーバステップ族、グロータグ族の3大部族のいずれかに属しています。

  • エルフ
    エルフ

    エルフの大半はオンドゥとバーラ・ゲドにて樹上生活を営んでいました。エルドラージが解放されると、ジョラーガとムル・ダヤの故郷であるバーラ・ゲドの大陸は事実上滅ぼされてしまいました。幾らかの生存者らはオンドゥにてタジュールの共同体に加わり、そうでない者は残るエルドラージの落とし子と孤独な戦いを続けています。

  • コー
    コー

    優雅で恐れを知らないこのクリーチャーたちは、まだ見ぬ宝物を求めて、空に浮かぶ面晶体を伝いながら冒険をしています。鉤爪とロープを使って空間の裂け目を渡ったり敵を絡め取ったりすることから、優秀な案内役や護衛として活躍しています。

PLANES 次元

  • ゼンディカー
  • テーロス
  • タルキール
  • 過去のタルキール
  • タルキール(『タルキール龍紀伝』)
  • シャンダラー
  • ラヴニカ
  • 新ファイレクシア
  • ミラディン
  • ローウィン / シャドウムーア
  • 神河
  • カラデシュ
  • イクサラン
  • イニストラード
  • フィオーラ
  • アモンケット
  • アラーラ
  • ドミナリア