RAVNICA

- ラヴニカ -

ラヴニカは、大聖堂、老朽化したスラム街、古代の廃墟、何層にも積み重ねられた石造りの建物、そして張り巡らされた数々の陰謀などがつなぎ合わされた、世界を覆うひとつの巨大な都市です。

この世界の数え切れないほどの市民の中心に、ひとつの強大な存在があります。大都市であるラヴニカは、そのあまりの巨大さゆえに、いつしか次元自身を指すようになって久しくなります。この迷路のような通りとそびえ立つ古めかしい尖塔では、ギルドが権力を争って戦い続けています。

10個のギルドはそれぞれ5つのマナのうちの2つの色を極め、それぞれが独自の文化的個性と機能を持つようになりました。

軍隊式のギルドであるボロス軍(赤白)は高潔さの証である炎と、そこからもたらされる正義の証である光を重んじています。ドラゴンに率いられるイゼット団(青赤)は精霊の魔法と技術を融合させることによって、その団員は誰もが認める技術革新の旗手となっています。

セレズニア議事会(緑白)の選ばれたメンバーは、自身を無私無欲で成長を目指す精霊の信徒だと考えていますが、他は彼らを自然に根ざす洗脳カルトだとみなしています。死を崇拝するギルドであるゴルガリ団(黒緑)は、ラヴニカの地底街に数多くのアンデッドと労働者を従えています。秘密主義的なディミーア家(青黒)にはネクロマンサーの相談役だの、幻の暗殺者だの、黒くぬめぬめした恐ろしいものが迷宮と化した地底の街を這いずり回っているなどといった怪談話が尽きません。

オルゾフ組(白黒)は虚飾や儀式、奴隷の売買や貨幣を中心とした厳格な階級を形成しています。グルール一族(赤緑)は本能と衝動に基づき行動する、物乞いと悪党と襲撃隊のギルドです。

アゾリウス評議会(白青)はラヴニカにおける主要な立法者です。それと対照的なのが悪魔によって率いられたラクドス教団(黒赤)であり、彼らは楽しみのために人を殺し、享楽だけを追い求めています。この政治的駆け引きと混乱の中で、シミック連合(緑青)の研究員たちは自然を保護し、その生存のために調整させることを精力的に行っています。

各ギルドの力は、大昔に結ばれた ギルドパクト という契約により抑制されてきました。しかし、この契約が破られることで、紛争が再度勃発します。

LEGENDARY CREATURES

- 伝説のクリーチャー -
  • 至高の審判者、イスペリア
    至高の審判者、イスペリア

    思慮深く公正である反面、スフィンクスであるイスぺリアは隠遁を好みます。このため、彼女にアゾリウス評議会のギルドマスターとなることを納得させるのは非常に困難でした。しかし、すべての民を護るために、ラヴニカに秩序をもたらす必要が明確になると、彼女はこの仕事を受けることにようやく納得したのです。

  • 幽霊議員オブゼダート
    幽霊議員オブゼダート

    豪奢で快適な場所からギルドを率いるオブゼダートは、ただひたすらにギルドの富を増やすことを求めています。彼らは生という宿命を出し抜くことに成功し、死の敷居を越えてからも意識(そして強欲)を保っています。権力を分け合うことなどまったく想像がつかないオブゼダートが、ギルドマスターへ就任することなど前代未聞以外の何物でもありません。

  • ディミーアの黒幕ラザーヴ
    ディミーアの黒幕ラザーヴ

    この多相の戦士はディミーア家のギルドマスターであり、その力を利用してラヴニカ中のすべてのギルドに対して、戦略的な地位に潜伏工作員を忍ばせています。情報と秘密を何よりも重視するラザーヴは、陰謀の上にさらに陰謀を張り巡らせます。

  • 竜英傑、ニヴ=ミゼット
    竜英傑、ニヴ=ミゼット

    イゼット団のギルドマスターであるニヴ=ミゼットは、その比類なき知識をさらに深めるためだけに生き続けています。ギルド全体のすべての実験を指揮する彼は、成功よりも結果を重視します。実験が場合によっては見事に予期せぬ結果に終わることも受け入れ、それを期待さえしているのです。

  • 暴動の長、ラクドス
    暴動の長、ラクドス

    絶え間ない闘争と威圧的な規則、そしてラヴニカのギルドよりも肉欲的な自由を求めるすべての者を支配しているのがラクドスです。ラクドスは政治にまったく興味を示さず、終わることのない祝祭に囲まれながら本拠地の奥深くに閉じこもっています。彼は堕落と娯楽をすべてにおいて奨励しています。

  • ゴルガリの死者の王、ジャラド
    ゴルガリの死者の王、ジャラド

    ジャラドは地底街の暗き下水路から、ゴルガリと絶え間なく拡大する彼の帝国を支配しています。ジャラドはギルドマスターとして、数多くの腐敗した農夫と団員たちが生死のサイクルを最適化できるよう助け、さらなる成長とより多くの下僕を獲得することに意欲を燃やしています。

  • 怒れる腹音鳴らし
    怒れる腹音鳴らし

    この巨大で力強く、そして少々おつむが足りないサイクロプスはグルール一族のギルドマスターであり、挑戦者たちを打ち負かし続けてその地位を今なお保持しています。彼は硬直的な文明からの解放を約束し、放棄された地区に勢力を広げ、その過程で熱狂的で無秩序な追随者を寄せ集めています。

  • 戦導者オレリア
    戦導者オレリア

    戦いを率いるその熱意により、大天使オレリアはボロス軍の者すべてを鼓舞する存在です。彼女のギルドマスターへの昇格は、ボロス軍の命令執行と同じく迅速で正確でした。オレリアは日常的(ややもすると威圧的)な巡回の実行を保証しており、ギルドに所属しないラヴニカの市民にとっては、それは唯一の安全確保のための手段でもあるのです。

  • セレズニアの声、トロスターニ
    セレズニアの声、トロスターニ

    ヴィトゥ=ガジーの奥深くから、トロスターニは統一性を重んじる完璧な共同体の形成へとセレズニアを導いています。この個人より集団を重視する霊的な議事会は、すべての者を受け入れています。しかし、トロスターニは共同体の宣託だけに頼っているわけではありません。共同体を守るための軍隊も組織しています。

  • 首席議長ゼガーナ
    首席議長ゼガーナ

    ラヴニカの地下に存在する深い海でマーフォークたちが発見された時、彼らの代表として就任したのがゼガーナでした。シミック連合の庇護の下で、ゼガーナは進化の前進とマーフォークの保護、そして残り少なくなったラヴニカの自然の保全のために手を尽くしています。

ギルド

  • アゾリウス評議会
    アゾリウス評議会

    すべての者のための社会的な規範の確立に邁進するアゾリウスは、ラヴニカの街路の混乱に秩序をもたらすべく努力しています。ここの者たちは市民と評議会の法令の間を取り持つ仲介者のような役割を果たすようになっており、従順な者に対しては教育を施す一方、反抗する者は容赦なく拘束します。

  • オルゾフ組
    オルゾフ組

    ここの者たちは、自分たちの生活水準を高めるという共通した目的を持っています。すべての採用者はまず最下位の階級からスタートし、努力によって組織内の階級を急激に上っていきます。オルゾフでは、昇進と権力こそがすべてなのです。

  • ディミーア家
    ディミーア家

    最も目立たない、一般的な市民がしばしばディミーアの工作員であるのです。彼らは権力を望みますが、表舞台に立つことを嫌います。ここの者は欺瞞と操作に非常に長けており、ラヴニカ中に分散した非常に秘密主義的な小集団を組織しています。

  • イゼット団
    イゼット団

    生活をより改良することに熱意を燃やすイゼット団の者は、その知識と創造力を使って複雑な実験を構築します。ニヴ=ミゼットには敵わないまでも、イゼット団の壮大な計画を進める主力は依然として人間たちなのです。

  • ラクドス教団
    ラクドス教団

    ラクドス教団の者は、ラヴニカの未来をすべての者に対して待ち受ける残酷な死であると捉えています。そして彼らはそれに対して喜んで突き進もうとしています。一般的な常識や恐れをすべて捨て去った生活を送る彼らは、自らの快楽を満たすために、あるいは混乱を引き起こすため、さらに生命の儚さを示すために生きています。

  • ゴルガリ団
    ゴルガリ団

    ここの専業農夫たちは、成長のサイクルを永続させ、食料を望む者たちに提供することに専念しています。創意工夫と生まれ持った命令権を駆使して、彼らはゾンビの大集団と動く植物に生命のサイクルを永続させる手伝いをさせています。

  • グルール一族
    グルール一族

    獰猛で身だしなみに無頓着なグルール一族の者たちは、文明の抑圧からの解放と社会的自由を求めています。中でも狡猾さに長けた者の多くは、優秀な狩猟者や尊敬されるシャーマンとなります。

  • ボロス軍
    ボロス軍

    勇敢に戦い、執拗に追跡するここの者たちは、ラヴニカが「すべての存在にとって平和」であるべきという理想の下にボロス軍に入団しています。その理想を現実のものとするため、彼らはどのような些細な問題でもそれを脅威として捉え、力を結集してその対処に当たります。

  • セレズニア議事会
    セレズニア議事会

    セレズニアは完全で包括的な平和の共同体であり、彼らは構成員をその宣託を広める最高の代弁者であると考えています。その数と広範な支持のおかげで、日中に議事会への参加についての恩恵を伝道する声を聞くことのない地域は、ラヴニカにはほとんどありません。

  • シミック連合
    シミック連合

    自然には均衡があり、シミック連合に加わる者たちはラヴニカの自然の力との調和を目指すべく日々努力しています。彼らは敬意ある理解と開かれた思考こそが、拡大する都市の脅威に順応する唯一の方法であると考えています。

クリーチャー種族

  • ヴィダルケン
    ヴィダルケン

    シミックとアゾリウスのギルド員の大半を占めるヴィダルケンは、彼らの知力を披露できる、いかなる挑戦も楽しむような存在です。アゾリウスの法令や長々とした宣言の解読から、シミックの種の交配に最適な亜種の記号化まで、ヴィダルケンはあらゆる知的挑戦に挑みます。

  • ゴブリン
    ゴブリン

    ゴブリンたちはイゼット団の実験における下級助手を務めています。その理由として、ゴブリンたちは実験体としてちょうど良い素養を持ち合わせていたからです。彼らは頑丈で、数も多く、そして何かを拒否するだけの知能を持ち合わせていません。イゼット団に加入することを避けた賢い者たちは、その小さな体躯でも何かできることを証明するため、その多くがボロス軍に入団します。

  • ゾンビ
    ゾンビ

    ゴルガリ団の大半を占めるゾンビは、年月を経て独自の菌床を形成してきました。ラクドス団のゾンビたちは菌を持ってはいないものの、肢体のいくつかを明らかに失っています。これは団内で行われている数多くの堕落した行為を証明するものです。

  • 奇魔
    奇魔

    イゼット団によって造り出された奇魔は、まったく対極にある2種のエネルギーを融合させたものです。すべてのイゼット団の実験のように、その結果は当初予期されていたものと違っていました。よって、強力な力を持つものの、奇魔は非常に予測不能なものでもあります(もっとも、そんなことでイゼット団の実験が止まることはありえませんが……)。

  • 天使
    天使

    天使は主にボロス軍に忠誠を誓っていますが、ギルドの軍隊的な厳しい規律に不満を抱く者も出てきました。ギルドに所属せず、抑圧されるラヴニカの民を庇護するために離れる者もいます。またオルゾフへ移り、そこで急激に昇進して権力を持つようになった者もいます。

  • 混成体
    混成体

    これはシミック連合に無数に存在する混成交配結果を包括的に表す用語です。混成体の外観は多様ですが、その力は各クリーチャーの優れた特長を利用し、シミック連合独自の交配によって組み合わされたことから得られるものです。

PLANES 次元

  • ゼンディカー
  • テーロス
  • タルキール
  • 過去のタルキール
  • タルキール(『タルキール龍紀伝』)
  • シャンダラー
  • ラヴニカ
  • 新ファイレクシア
  • ミラディン
  • ローウィン / シャドウムーア
  • 神河
  • カラデシュ
  • イクサラン
  • イニストラード
  • フィオーラ
  • アモンケット
  • アラーラ
  • ドミナリア