KAMIGAWA

- 神河 -

何百年もの間、神河の住人たちは、その世界の森羅万象に宿る精霊を信仰し、平和に暮らしていました。しかし、突然彼らの神は攻撃を仕掛け、世界は激しい戦乱の渦に巻き込まれていきました。

かつての戦国時代の日本を思わせるこの次元では、物質の世界である現し世と、神の住む場所である隠り世という2つの世界がともに存在しています。どの神も神聖な存在で、住人にとって幸福とは神を敬うこと、それに従って生きることでした。神河の住民はこの敬愛の生き方に満足していました。しかし、思いもかけないことが起こりました。神が彼らを襲い始めたのです。

神はゆっくりと、現実世界に姿を現し始めました。学者はそれを、神が言葉を伝えようとしているか、何らかの警告を与えようとしていると信じていました。しかし、その姿はあまりに現実離れしていたため、そこからは何の意味も認められませんでした。

時を同じくし、この次元の最強の君主である大名、今田剛司は、自らの居城である永岩城から永遠原の平原を支配していました。しかし、今田の名の下に彼の軍や侍をさらに多くの領地に送り込んでも、それを上回る数の神が現れてきました。

そして、神河を永遠に変えてしまうこととなる夜が訪れたのです。神は永岩城から数哩先の町、霊都に襲い掛かりました。 数多の精霊世界の怪物が町に荒れ狂い、あらゆる生けるものの大半を死に追いやりました。何百もの命が奪われ、生き残ったのはごくわずかでした。神の乱が始まったのです。それから20年、あらゆる姿や大きさの精霊が平原に現れ、目につくあらゆるものに襲い掛かりました。

この攻撃の中で今田は、自らの城に居残り、そして不思議にも無傷のままでした。

神河の人々は、生き残るために戦いながらも、なぜ神が自分たちを裏切ったのかがわからずにいました。何か間違いを犯したのでしょうか?

実は、この戦を引き起こしたのは、高慢な大名である今田その人だったのです。今田が空民の助けを得て、力と不死を得るために神をさらってきたため、すべてを司る神である大口縄の怒りを買うことになりました。その怒りは結果的に無数の命を奪うこととなったのです。

神河の地の神を鎮め、失われた平和を取り戻すことができるのは、今田の娘である魅知子と、自らを香醍と名乗る、さらわれた神だけでした。

LEGENDARY CREATURES

- 伝説のクリーチャー -
  • 永岩城の君主、今田
    永岩城の君主、今田

    今田は難攻不落な永岩城に守られながら、神河を統治しています。領国の繁栄を求めた彼は精霊の世界へと渡り、不死を手に入れます。このことが大口縄の怒りを呼び、大口縄はその報復として、この次元の人間たちに対し精霊による戦争を仕掛けたのです。

  • 梅澤俊郎
    梅澤俊郎

    この浪人の侍は自由と力への渇望に突き動かされてきました。夜陰明神と取引した結果、彼は神の乱を終結させるための探求の旅に出た今田魅知子を助ける力を得ました。不幸なことに、その過程で彼はかつての友であった碑出告と対立するようになります。

  • 無情の碑出告
    無情の碑出告

    碑出告はそのシャーマンとしての才能を、混沌の鬼への崇拝に捧げました。すべてはいずれ鬼によって破壊されると信じた碑出告は、早く片が付くようにと、破壊が広範囲に渡るよう尽力しました。最終的には彼は大口縄によって倒され、鬼は風によって散らされ、再構成され、そして碑出告と融合します。

  • 奪われし御物
    奪われし御物

    今田は大口縄から盗み取った御霊を円盤に封じ、それを隠し持っていました。大口縄と神は定命の者の世界に顕現し、それを探し求める中で人間たちを次々と殺めていきました。大口縄が迫る中、俊郎はその御霊を開放するための儀式を執り行い、それは香醍の神となったのです。

  • 真実を求める者、今田魅知子
    真実を求める者、今田魅知子

    魅知子はいかなる手段をもってしても神の乱を終わらせようと旅立ちます。俊郎の助力で、彼女は父である今田によって封じられていた精霊を解放します。平和のみを求める魅知子は、その精霊と融合して精霊と人間を分ける障壁の新たな守護者となり、嫌悪していた乱をようやく終結に導くことに成功したのです。

社会

  • 永遠原(とわばら)
    永遠原(とわばら)

    この忠実な侍たちは永岩城を守備しています。彼らは今田に反逆しようとする者たちを早急に黙らせることで、神河の平和を維持しています。彼らは有能であり、神による攻撃をほぼすべて撃退することに成功しますが、さすがに大口縄による攻撃には敵いませんでした。

  • 水面院(みなもいん)
    水面院(みなもいん)

    密師範の指導の下、水面院の学者たちは精霊たちを倒し、鎮める方法を研究します。神の乱の間、水面院とその魔道士たちは碑出告の撃退に失敗し、碑出告は目にした魔道士を次々に虐殺、混沌の鬼を召喚して水面院を破壊しました。

  • 竹沼ののけ者
    竹沼ののけ者

    竹沼ののけ者たち(多くは名誉を失った浪人や盗賊)は自分たちの身の安全だけを気にします。多くの者たちにとってその最も簡単な方法は、竹沼の罪深い主の手下となることでした。

  • 霜剣山のシャーマン
    霜剣山のシャーマン

    霜剣山のシャーマンたちは、神を生ける者の世界から追放することができる、冷気を用いた攻撃手段を持っています。精霊の侵略者と戦う以外にも、彼らはこの山に住む無数の悪忌や大峨たちに対してもこの強力な防衛術を使用します。

  • 樹海の僧
    樹海の僧

    樹海の者たちは、周りの自然と精霊の世界を反映した静かな生活を送っています。自らを武道家と呼ぶ樹海の僧たちは、人間界と精霊界の間に平和が必要であることを誰よりも深く理解しています。しかし、神が攻撃してきたとき、彼らは自衛をためらうことはありませんでした。

クリーチャー種族

  • 精霊(神)
    精霊(神)

    神は人間界にある物質的なものを精霊的に投影した存在です。神が人間界に現れた時、その外観は雑然とした不自然な形状をしていますが、その精霊形状の延長として周囲に浮遊する小物質によって見分けることができます。

  • 大峨
    大峨

    血に飢えた残虐なこれらのクリーチャーは、容赦ない暴力と鬼たちとの邪悪な取引によって領土を確保しています。力と助力を得る引き換えに、大峨たちは破壊と殺戮、そして苦痛をもたらします。それはすべて、闇の勢力と結んだ血の盟約を履行するためなのです。

  • 悪魔(鬼)
    悪魔(鬼)

    混沌と破壊をもたらす強力な闇の勢力である鬼たちは、神河におけるすべての生命を根絶やしにすることを目的としています。大峨と血の盟約を結んだことにより、鬼はその力をさらに増すことができました。そして大峨たちにも容赦なく、見境なく殺戮を行う許可を出しています。

  • 蛇(大蛇)
    蛇(大蛇)

    樹海の外へはめったに出ることのないこの荒々しい蛇の戦士たちは、戦闘時にその4本の腕をすべて使用し、極めて正確な調和した動きを生み出す訓練を行います。大蛇たちは領土の防衛、あるいは自らの数を増やすこと以外は、神の乱に巻き込まれることを避けたいと考えています。

  • 狐(狐人)
    狐(狐人)

    狐は華奢で洗練された神河の狐人型生物です。俊敏で刃を巧みに操るこの熟練した剣士たちは、この地の最強の侍の多くを訓練してきました。彼らの敬虔さは樹海の僧たちと並ぶほどです。

  • 空民
    空民

    空民は神河の雲の中に住み、そこからあらゆるものを見て学びます。その知識の深さはよく知られており、彼らは頻繁に水面院に訪れて知識を交換します。しかし、それはすべて彼らの隠れた陰謀を進めるための行為だったのです。

  • ゴブリン(悪忌)
    ゴブリン(悪忌)

    悪忌は背中に固い甲羅と、非常に長い手足を持ちます。彼らの多くは霜剣山を棲みかとしています。悪忌は恐ろしいいたずらを仕掛けることで知られており、また非常に縄張り意識が強く、霜剣山のすべてを自分たちの縄張りと考えているようです。

  • 鼠(鼠人)
    鼠(鼠人)

    主に竹沼を棲みかとする鼠人は、ずる賢く敵が最大の弱みを見せた瞬間に攻撃します。一対一の真っ向勝負では簡単に打ち勝つことができますが、大半の鼠たちはその生まれ持った俊敏性を利用して忍者としての訓練を受け、物陰から不意打ちを仕掛けます。

来訪しているプレインズウォーカー

PLANES 次元

  • ゼンディカー
  • テーロス
  • タルキール
  • 過去のタルキール
  • タルキール(『タルキール龍紀伝』)
  • シャンダラー
  • ラヴニカ
  • 新ファイレクシア
  • ミラディン
  • ローウィン / シャドウムーア
  • 神河
  • カラデシュ
  • イクサラン
  • イニストラード
  • フィオーラ
  • アモンケット
  • アラーラ
  • ドミナリア