LORWYN / SHADOWMOOR

- ローウィン / シャドウムーア -

ローウィン は永遠の夏の中を童話の種族が生きる牧歌的な世界です。その反面、 シャドウムーア は永遠の憂鬱さに覆われた世界で、そこで暮らす誰もが辛辣に変貌し、生き残りをかけた過酷な戦いを強いられていました。

ローウィン は陽が沈むことのない土地です。深い森やうねる川、やさしく波打つ麦畑に覆われています。この地は夜や冬を知りません。ここは人間のいない数少ない次元のひとつであり、背の低いキスキンや気の短い炎族、こそ泥のボガート、縄張り意識の強いツリーフォーク、駆け引きに長けたマーフォーク、因襲打破的な巨人、いたずら好きのフェアリーといった種族が仲良く暮らしていました。

しかし、 ローウィン で最も好意を持たれ、最も恐れられているのがエルフです。手付かずの自然の世界の中で、エルフは自分たちこそが自然の美の手本だと信じています。エルフの主権の印は、光輝く森の宮殿から彼らの慈悲無き統治を「下々」の民に下しています。しかし、エルフの統治にもかかわらず、 ローウィン の民は仲間と伝統の中で繁栄を続けています。

この緑に覆われた古びた地は、永続的なサイクルを繰り返しています。そして300年ごとに、そのサイクルはこの次元を シャドウムーア へと変貌させます。

ローウィン とは対照的に、 シャドウムーア は永遠の薄闇と憂鬱さに覆われた世界です。この次元での種族たちは以前の記憶を持たず、生き残りをかけて生と死との戦いに囚われています。その次元と同様に、民もまた闇をまとった姿へと変わっていきます。

社交的で仲間意識の強かったキスキンは孤立し、よそ者を避けるようになりました。親切で弁舌のさえていたマーフォークは、暗殺者や工作員になりました。かつてはいたずら好きで快楽主義者だったボガートも、獰猛で好戦的になりました。病に侵されたツリーフォークは残忍になりました。怒りに満ちた巨人たちは、巨大な土地の塊を引きずり回しています。

そして炎族とエルフの変わり様はおそらくもっとも劇的であるといえるでしょう。かつて快活で超越を追い求めていた炎族は、ここでは復讐を追い求め煙を吹く骸骨となり果てていました。その一方で、傲慢で虚栄心の強かったエルフは、 シャドウムーア ではこの地にかろうじて残った美と光を探して守る、質素かつ英雄的な立場になりました。

この中で、1つの種族と1つの場所だけが変わらずに残りました。フェアリーたちと、彼らの住むエレンドラ谷です。フェアリーはこの次元の変化の中心にいます。そもそも、その発生の原因となったのが、誰であろう妖精の女王、ウーナ自身なのですから。

LEGENDARY CREATURES

- 伝説のクリーチャー -
  • 妖精の女王、ウーナ
    妖精の女王、ウーナ

    この美しい女王はエレンドラ谷から統治し、この地でローウィンのすべての妖精たちを生み出しています。彼女は隔離された安全な草地から、自分の子たちすべてと接触を保ちながら、その子らのいたずらや策略を通じて彼女の計画を進めようとしています。

  • 放浪者ライズ
    放浪者ライズ

    歴戦の司令官であり、またツリーフォークの賢者であるコルフェノールに師事するライズは、戦いにより外見が不自由となったことにより放浪者となりました。放浪の途中で、ライズはエルフからの贖罪を得るべく、来たるべきオーロラの謎を解き明かすマラレンの助力をしていきます。

  • 巡礼者アシュリング
    巡礼者アシュリング

    旅慣れた強力な炎族であるアシュリングは、種族間の平和と相互理解を生み出すための手助けをしていました。ライズとともに旅を続ける中で、彼女の炎がイチイの賢者コルフェノールを包み込み破壊してしまいます。アシュリング自身にはその時の記憶がなかったものの、それは意図して引き起こされたものであったのです。

  • ヴェンディリオン三人衆
    ヴェンディリオン三人衆

    ヴィーサ、エンドリ、イリオナの活気溢れる妖精3人衆が気にすることは、自らが楽しむことと女王様のご機嫌を取ることだけでした。しかしその気楽な生活は、ローウィンを旅するマラレンの手助けを命じられてから一変してしまいます。とはいうものの、仲間たちに意地悪をしたり邪魔したりすることでそれなりに楽しんではいるようです。

  • コルフェノールの若木
    コルフェノールの若木

    コルフェノールはアシュリングの炎によって破壊された時、彼の知識と意識を新たに生まれたツリーフォークの器に移し替えることに成功しました。この若木はコルフェノールが持っていたすべての知識を保持していますが、それを祖先の真意とつなぎ合わせるのに苦労しています。

  • 朝の歌のマラレン
    朝の歌のマラレン

    神秘的で美しいエルフであるマラレンは、大オーロラを制御する方法を求めてローウィンとシャドウムーアの全土を旅しています。この力が、この次元におけるローウィンの永遠の昼とシャドウムーアの永遠の夜の定期的な変転を制御しているのです。

クリーチャー種族

  • キスキン
    キスキン

    小村で共同生活を営むキスキンは平和主義者ですが、自衛的でもあります。すべてのキスキンは思考の糸と呼ばれるテレパシーによる広大な連絡網を持っており、それにより濃密な社会的連携を取ることができるようになっています。黄昏の期間は、キスキンは極めてよそ者嫌いとなり、瞳孔がない大きな目を持つようになります。

  • マーフォーク(メロウ)
    マーフォーク(メロウ)

    ローウィンの平和的な商賈として、メロウたちは川を旅して商品の交易を行ったり、魔法を使って旅人が危険な急流を渡る手助けをしたりしています。しかし、シャドウムーアの闇の期間、メロウたちは血に飢えた殺し屋となり、水辺にある集落から略奪を行うことを好むようになります。

  • フェアリー(妖精)
    フェアリー(妖精)

    体が小さく、短命な妖精たちは、ローウィンに棲む他のクリーチャーたちの秘密を暴いたり、いたずらしたりすることで日々を楽しく過ごしています。すべての妖精が生まれるエレンドラ谷の母、ウーナに忠実な彼らは、次元がローウィンの昼とシャドウムーアの夜に変転する中でも変化することはありません。

  • 巨人
    巨人

    ツリーフォークと並んで、巨人たちはローウィンにおいて最も大きく、そして知恵深い種族です。彼らが引き起こす破壊は悪意ではなく、彼らの足下にいた小型のクリーチャーの存在に気付くことができなかったことによるものです。しかし、シャドウムーアの期間は、この両面性は怒りと暴力的な破壊によって置き換わります。

  • ツリーフォーク
    ツリーフォーク

    ツリーフォークは目覚めの時期に覚醒し、若木は移動する術と意識を獲得します。彼らは長寿のクリーチャーであり、彼らの辛抱強さと知恵はローウィン全土に知れ渡っています。しかし、次元がシャドウムーアの期間に入った際には、彼らは葉を失って節くれた外観となり、森に仇をなす存在となります。

  • エルフ
    エルフ

    エルフはローウィンにおける強圧的な支配者層です。美しさと完璧さを病的なまでに求める彼らは、他の種族をこの地から排除しなければならない存在として考えています。しかし、次元がシャドウムーアの期間に入った際には、エルフたちは寛容となり、闇の中で守るべき優雅さを持つ者を探します。

  • エレメンタル(炎族)
    エレメンタル(炎族)

    この威厳ある者たちは常に燃え盛る炎をまとっています。彼らは恐るべき戦士であり、炎を正確に放つことができます。次元がシャドウムーアの期間に入った際には、炎族はその炎を失い、石炭でできた骸骨のような外観となり、暖かさを求めてさまようようになります。

  • ゴブリン(ボガート)
    ゴブリン(ボガート)

    ゴブリンたちにとって、生きることはすなわち経験です。「婆(ばば)」が率いる部族で生活する彼らは、外観上はそれぞれ大きく異なりますが、ほとんどは短い体躯と狂気をはらんだ眼を持っています。シャドウムーアの期間、彼らの外観はさらに野性味を帯び、そしてそのたわいないいたずらはより危険なものになっていきます。

  • 変わり身
    変わり身

    ヴェリズ・ヴェルの部屋の中で生まれるこのクリーチャーは互いに離れて生活し、独自の文化は持っていないようです。彼らは他の種族と同化するためにそれらの外観を模写しますが、その特有の粘着質の外観により容易に見分けられ、追い払われます。

PLANES 次元

  • ゼンディカー
  • テーロス
  • タルキール
  • 過去のタルキール
  • タルキール(『タルキール龍紀伝』)
  • シャンダラー
  • ラヴニカ
  • 新ファイレクシア
  • ミラディン
  • ローウィン / シャドウムーア
  • 神河
  • カラデシュ
  • イクサラン
  • イニストラード
  • フィオーラ
  • アモンケット
  • アラーラ
  • ドミナリア