TARKIR

- タルキール -

かつて、タルキールの次元では龍が繁栄していました。彼らは強大なエレメンタルの嵐の中から生まれ、その破壊的な吐息で空を埋め尽くし、太古の5つの戦士の氏族たちを脅かしていました。しかし、龍たちは遠い昔にその末路を迎えました。

長 い年月の間、各氏族はその生存をかけて龍たちに戦いを挑んできました。そしてその戦いの中で自分たちを優位に導くための方策を探し続けました。千年以上も の昔、ある重要な転機が訪れました。龍を生み出す大嵐の襲来が止み、新たな龍が出現しなくなったのです。龍の数は減り、戦乱の形勢は一変しました。最終的 に氏族の戦士たちは残った空の獣を残らず狩り尽くし、破壊しました。この次元の龍は絶滅へと追いやられ、二度と戻ることはありませんでした。その後の幾世 紀を経て、5つの戦士たちの氏族はタルキール全土の支配権を主張するようになり、現在の有力な氏族へと成長、進化していったのです。

LEGENDARY CREATURES

- 伝説のクリーチャー -
  • アブザンのカン、アナフェンザ
    アブザンのカン、アナフェンザ

    「先頭に立つもの」として知られるアナフェンザは、2頭の貴重なアイベックスによって牽引される重戦車の上から、戦いの指揮を執っています。彼女が戦争を仕掛けるのは征服のためではなく、彼女の氏族が機能するために必要な交易路の維持、およびその民と土地を守るためです。

  • ジェスカイのカン、ナーセット
    ジェスカイのカン、ナーセット

    武術の達人であり、学者であり、神秘家でもあるナーセットは、精神鍛錬を深めており、驚くべき身体的妙技を行うことができます。ナーセットは彼女の民の安全に気を配っています。彼女はその身に秘めた可能性、力、使命を持ち、それらは彼女をより大いなる目的に向かわせるだろう、と説く者もいます。

  • スゥルタイのカン、シディシ
    スゥルタイのカン、シディシ

    傲慢で残忍、そして狡猾なナーガのシディシは、受け継いだ財力と暗黒の魔法の力を使って権力を奪取しました。彼女は、自身が支配する新たな帝国の下にタルキールのすべての氏族を再統合することを望んでいます。彼女はしばしば敵対する者を虐殺していきますが、力では解決できないこともわずかにあり、それは策略を用いてものにすることを目論んでいます。

  • マルドゥのカン、ズルゴ
    マルドゥのカン、ズルゴ

    巨大なオークである兜砕きのズルゴは、古の龍の頭蓋骨から造られた玉座から支配を行っています。彼はマルドゥの襲撃隊を率い、氏族の持つスピードを活かして敵の不意を突きます。ズルゴはマルドゥの多くの者たちが死亡した、サルカン・ヴォルのプレインズウォーカーの灯が点った戦いを生き延びており、サルカンに復讐を果たすことを誓っています。

  • ティムールのカン、スーラク
    ティムールのカン、スーラク

    スーラクは巨大な洞窟の熊との儀式的戦闘を通じて獲得した、龍爪の称号を持っています。その力と体躯により、彼は自らの民の上にそびえ立っています。スーラクが気にかけていることは唯一つ、彼の民の生存です。発言することは滅多にないものの、彼が話すようなときは、実用主義かつ厳しいものになります。

氏族

  • アブザン家
    アブザン家

    厳しい砂漠の環境で生存するため、アブザンの社会は家族の絆を中心に形成されています。アブザンは自らの先祖を崇拝しますが、他の氏族の孤児も引き取っています。龍鱗が彼らの象徴であり、それは強固な防御を形成するの一部でもあります。氏族の中心地は城塞都市であるアラシンです。

  • ジェスカイ道
    ジェスカイ道

    ジェスカイの民は武術家であり、神秘家であり、そして放浪する戦士たちです。彼らは戦闘で狡知と計略を用いることを崇拝し、龍眼を彼らの象徴としています。人里離れた山砦がジェスカイの文化を形成し、それぞれが独自の神秘の流儀と思想の学派を持っています。それらの中でも随一とされているのが賢者眼の要塞です。

  • スゥルタイ群
    スゥルタイ群

    退廃的なスゥルタイは富と残忍さ、そして常に増加しているアンデッドの軍勢で成り立っています。氏族を支配するナーガたちは、その優位的地位を確保するためにラクシャーサの悪魔と契約を交わしました。龍牙がスゥルタイの象徴であり、残忍さを表現しています。カンはジャングルの奥深くに位置するケルゥ寺院から統治を行っています。

  • マルドゥ族
    マルドゥ族

    マルドゥの民は戦いの熱気のために生きる、恐るべき戦士たちです。轟音とともに人間やオーク、オーガ、ゴブリンの波が常に他の氏族を襲撃していますが、彼らは領土を長期間保持することはありません。マルドゥを象徴する龍翼は、彼らの敏捷性を表現しています。氏族の主要な駐屯地は、古の龍が死亡した崖の地にあります。

  • ティムール境
    ティムール境

    ティムールは力、獰猛さ、独立を重んじ、龍爪を象徴とします。この遊牧民は、過酷なカル・シスマ山脈で狩猟を行なって1年の大半を過ごしています。彼らは征服の欲望はほとんど持ちませんが、毅然とその社会を死守します。囁く者、とも呼ばれるティムールのシャーマンたちは、自然の精霊やエレメンタルと言葉を交わすことができます。

クリーチャー種族

  • オーク
    オーク

    筋骨隆々で獰猛なオークは、タルキールの過酷な環境によく適合しています。マルドゥ族には多くのオークの戦士が含まれ、そのカンもその一員です。また、オークはティムールの荒野の地を分け合っています。アブザンは時折、孤児となったオークを「クルーマ」として自らの氏族に迎え入れ、彼らは氏族の最も献身的な守護者の一員となっています。

  • ジン
    ジン

    ジンはタルキールの高地、特にジェスカイの砦がある山稜地域に住んでいます。先天的に持っている飛行能力と、優れた身体的技術を組み合わせることで、ジンは武術と神秘の流儀の達人でもあります。彼らの多くはジェスカイの師範となっています。

  • イフリート
    イフリート

    精霊の火を持つこの種族は、炎の縁カダットと呼ばれる人里離れた山岳地帯を故郷としています。沸血と呼ばれる技を習得するために、ジェスカイの領地へと足を踏み入れる者も少数います。それらのイフリートは同族からはのけ者となりますが、迎え入れられた氏族では優れた戦士として活躍します。

  • ナーガ
    ナーガ

    蛇のような外見を持つナーガは、ラクシャーサと闇の契約を交わした古代のスゥルタイの指導者たちの末裔です。ナーガは体と精神の両方を歪める魔法を得意としています。カンであるシディシをはじめ、その多くは屍術師となっています。彼らは残忍な種族として悪名高く、他者を増え続けるゾンビの手勢のための養分としてしか見ていません。

  • ラクシャーサ
    ラクシャーサ

    ラクシャーサと呼ばれる猫の姿をした悪魔たちは、禁断の知識の仲介者です。遠い昔、彼らはスゥルタイの指導者たちと契約を交わし、屍術の秘術と引き換えにその氏族を歪ませ、権力を得ました。ラクシャーサは恐るべき死の魔術を駆使することで、軍勢を一度に屠ることができます。

  • エイヴン
    エイヴン

    エイヴンはタルキールの空に数多く存在しています。彼らが持つ優れた視力と疲れを知らない翼により、エイヴンはアブザンとジェスカイにとって理想的な斥候となっています。スゥルタイと、少数ながらアブザンにいる禿鷲エイヴンは、死者を漁ります。エイヴンのシャーマンたちは、氏族での精霊との囁きでティムールの人間たちを導いています。

  • アイノク
    アイノク

    タルキールには、アイノクと呼ばれる2つの系統の犬に似た人型の種族が存在しています。砂漠の荒野に生息する種族はハイエナに似た外観を持ち、生存と偽装の達人でもあります。彼らの多くはアブザンによって迎え入れられています。カル・シスマ山脈に生息する熊のような外観を持つアイノクは、ティムールの人間たちと共に生活し、働いています。

来訪しているプレインズウォーカー

PLANES 次元

  • ゼンディカー
  • テーロス
  • タルキール
  • 過去のタルキール
  • タルキール(『タルキール龍紀伝』)
  • シャンダラー
  • ラヴニカ
  • 新ファイレクシア
  • ミラディン
  • ローウィン / シャドウムーア
  • 神河
  • カラデシュ
  • イクサラン
  • イニストラード
  • フィオーラ
  • アモンケット
  • アラーラ
  • ドミナリア