EVENT COVERAGE

グランプリ・静岡2018(レガシー)

戦略記事

デッキテク:長北 真の「Neo ゾンバードメント」

小山 和志

 「ゾンバードメント」というデッキがある。

 参考:岩SHOWの「デイリー・デッキ」:ゾンバーメント(レガシー)

 2012年前後に登場したこのデッキは、《ゴブリンの砲撃》で《恐血鬼》や《墓所這い》といったゾンビ映画よろしく墓地から蘇るクリーチャーたちを投げつけるデッキだ。

 アメリカのデッキビルダー、サム・ブラック/Sam Blackが作り上げたこのデッキは誕生以降レガシープレイヤーに根強いファンを抱えている(当のサム・ブラックは最近「Lands」を使用することが多いようだが……)。

 そんな「ゾンバードメント」を、「多分世界で一番調整してるよ(笑)」と言う長北真が、このデッキをさらに進化させていた。

 
長北 真

 通常の「ゾンバードメント」にとあるカードを加えることで、予想外の角度から一瞬で勝負を決めることができる、まさに「Neo ゾンバードメント」と言える彼のデッキを見ていこう。

長北 真の「Neo ゾンバードメント」

 通常の「ゾンバードメント」は上述の通り、《ゴブリンの砲撃》で《恐血鬼》などのクリーチャーを投げつけ、盤面を制圧するデッキだ。フィニッシャーとして《屍肉喰らい》が採用されることが多く、これが巨大になって一撃で勝負を決めることもままある。

 とは言え、長北も語っているが、《屍肉喰らい》はただのクリーチャーだ。

長北「普通の『ゾンバードメント』だと(対戦相手が)除去を撃ちたい対象が《屍肉喰らい》だけだから的になるんだよ。当たり前なんだけどそこだけ除去される。《恐血鬼》に撃っても仕方ないし」

 その《屍肉喰らい》の代わりにこのデッキで採用されているのが、そのとあるカードだ。

 そのカードとは――

長北 真 - 「Neo ゾンバードメント」
グランプリ・静岡2018(レガシー) (2018年11月30日~12月1日)[MO]
3 《
3 《Badlands
2 《Scrubland
3 《血染めのぬかるみ
4 《湿地の干潟
2 《新緑の地下墓地
1 《汚染された三角州
1 《知られざる楽園
1 《ファイレクシアの塔
-土地(20)-

4 《墓所這い
4 《縫い師への供給者
2 《墓所破り
4 《恐血鬼
1 《ネル・トースの災い魔
1 《大いなるガルガドン
-クリーチャー(16)-
4 《陰謀団式療法
4 《信仰無き物あさり
3 《納墓
1 《思考囲い
3 《ゴブリンの砲撃
4 《黄泉からの橋
3 《ファイレクシアの供犠台
1 《未練ある魂
1 《仕組まれた爆薬
-呪文(24)-
3 《沈黙の墓石
1 《強迫
1 《紅蓮破
1 《思考囲い
1 《溶岩の飛散
4 《摩耗+損耗
1 《仕組まれた爆薬
3 《カラカス
-サイドボード(15)-

 さて、このカードが「ゾンバードメント」ではいわゆる「無限」コンボを生み出すことになる。

1.墓地に《黄泉からの橋》を、戦場に《墓所這い》を用意する。

2.《ファイレクシアの供犠台》を戦場に出し、《墓所這い》を生け贄に捧げ、マナを得る。

3.《黄泉からの橋》でゾンビ・トークンが生み出され、2.で得たマナにより《墓所這い》を唱えることができる。これを任意の回数繰り返せば任意の数のゾンビ・トークンを生成することができるので、《ゴブリンの砲撃》でプレイヤーにダメージを与えてフィニッシュ(《ファイレクシアの供犠台》でそれらを生け贄に捧げれば、任意の数のマナを生み出すことも可能)。

 

 もともと長北は《ファイレクシアの供犠台》を1枚だけ投入していたが、このカードを引いた時の異様な勝率に気づき、増量を決めたという。

 そして、このデッキにはここ最近追い風が吹いている。

長北「(禁止になった)《死儀礼のシャーマン》が本当にキツくて……何枚プレイされたかで勝率が変わる、くらいの。だからこのカードが禁止になって、さらに《縫い師への供給者》を手に入れて、すごく強化された」

 モダンでも大活躍の《縫い師への供給者》により、大幅に強化されたこの「Neo ゾンバードメント」を駆り、長北は2日目進出を果たしている。

legacy_deck_nagakita2.jpg
対主要デッキの相性

長北「フェアデッキに対しては……負けた記憶があまりないかな。デルバー系にはテンポで押し切られることもあるけど、『奇跡コントロール』や『グリクシス・コントロール』にはめっちゃ相性が良いよ」

 《恐血鬼》や《墓所這い》は墓地から何度でも蘇る上に、《墓所破り》により粘り強い戦いもできる。《陰謀団式療法》もあり、通常のフェアデッキに対しては確かに相性が良さそうだ。

 しかし、サイドボードから《解呪》系のカードを入れられるとすぐに要所で止められてしまいそうだが……?

長北「もちろん、そういった呪文を持たれていると止まるんだけど、普通は《恐血鬼》にボコスカ殴られている状況でマナをオープンで返すことなんてできないよ。だから、(対戦相手が)気を抜くと《ファイレクシアの供犠台》を出されて『あ、死んだ』みたいな(笑)。コンボに対しても《陰謀団式療法》があるから見た目ほど厳しくはないかな」

 ただ、どうしても《虚空の杯》をX=1で設置されるとどうにもならず、そのため「赤単プリズン」や「エルドラージ・ポスト」は厳しい戦いになるという。

サイドボード

長北「《外科的摘出》だけはされたくないから、《沈黙の墓石》が入ってるんだけど、これは《瞬唱の魔道士》対策としても機能するから、対『奇跡コントロール』なんかにも入れるのかな。あと、《真髄の針》を《ファイレクシアの供犠台》対策に入れる人がいるんだけど、これはマナ能力だから気をつけたほうがいいよ」

 また、《カラカス》は苦手なリアニメイト対策として、《虚空の杯》のため《摩耗+損耗》が最大限用意されている。


長北「『Lands』なんかに浮気もしたけれど、結局このデッキが楽しくて戻ってきちゃうんだよね」

 長北はインタビューの後、愛おしそうにデッキをケースにしまいながら、苦笑いしながら言葉をつないだ。

 レガシーはローテーションがなく、好きなデッキを好きなだけ使うことができる環境だ。

 もしレガシーを始めたいと思っている人がいれば、この「Neo ゾンバードメント」でもよし、各々の好きなデッキでもよし。ぜひ飛び込んでみてほしい。

 きっと新たな、懐かしいマジックの魅力を再発見できることだろう。

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST