READING

戦略記事

鍛冶友浩の「デジタル・マジック通信」

第36回:Xanderbyのモダン版「白青赤」をリプレイ!

読み物

鍛冶友浩の「デジタル・マジック通信」

2012.05.15

第36回:Xanderbyのモダン版「白青赤」をリプレイ!


 こんにちは、鍛冶です。

 週末に行われた「プロツアー・アヴァシンの帰還」はご覧になりましたか?
 まだの方はこちらからカバレージをご覧いただくことができます!

プロツアー・アヴァシンの帰還

 今回は現地との時差が7時間だったので、日本時間の日曜夜に決勝ラウンドがオンタイムで放送され、生で観戦していた方も多かったことでしょう。
 実際、自分も他の事に手がつかず、動画に見入っていた10000人のうちの1人でした。

 日本からはこのサイトへも寄稿してくれている清水 直樹、行弘 賢と2人のプレイヤーが決勝ラウンドへと勝ち進みましたが、「白青奇跡コントロール」を駆使したAlexander Hayneの優勝で幕を閉じました。

/

Alexander Hayne
プロツアー:アヴァシンの帰還・バルセロナ 優勝(イニストラード・ブロック構築)[MO]
13 《
10 《平地
4 《進化する未開地

-土地(27)-


-クリーチャー(0)-
4 《思考掃き
4 《戦慄の感覚
4 《熟慮
1 《雲散霧消
4 《壊滅的大潮
4 《終末
4 《時間の熟達
4 《天使への願い
4 《月の賢者タミヨウ

-呪文(33)-
4 《大聖堂の聖別者
2 《瞬唱の魔道士
3 《聖トラフトの霊
2 《深夜の出没
3 《雲散霧消
1 《天使の慈悲

-サイドボード(15)-

 まさかこのブロック構築でノンクリーチャーデッキが勝ち残るとは思いませんでしたが、それだけ奇跡が強力なシステムだったということなのでしょう。
 青白のボードコントロール好きとしては見逃せないアーキタイプですね!

 今週のイベント・インフォメーションに詳細が書かれていますが、Magic Onlineでアヴァシンの帰還のプレリリースイベントが開かれますし、プロツアーの結果を参考にしてブロック構築を楽しんでみるのも面白いかも!?


☆リプレイ

 さて、今週のリプレイですが、今回もMagic Onlineの情報が集まっているページの「What's Happening?」から、Xanderbyのモダン版「白青赤」を紹介したいと思います。

Xanderby (4-0)
Modern Daily #3815121 on 05/07/2012[MO]
1 《
1 《平地
1 《
2 《神聖なる泉
2 《蒸気孔
1 《聖なる鋳造所
4 《沸騰する小湖
3 《乾燥台地
4 《湿地の干潟
2 《霧深い雨林
1 《ムーアランドの憑依地

-土地(22)-

4 《秘密を掘り下げる者
4 《ステップのオオヤマネコ
4 《瞬唱の魔道士
3 《聖トラフトの霊

-クリーチャー(15)-
4 《稲妻
4 《流刑への道
4 《血清の幻視
1 《呪文貫き
4 《稲妻のらせん
4 《差し戻し
2 《溶鉄の雨

-呪文(23)-
4 《コーの火歩き
3 《大祖始の遺産
3 《粉々
3 《火山の流弾
2 《溶鉄の雨

-サイドボード(15)-

 以前紹介した「Caw-Blade」とは使用しているカードが近い印象を受けるかもしれないのですが、戦略は大きく異なります。

 《ステップのオオヤマネコ》と《秘密を掘り下げる者》から始まる1マナ域に、

 《稲妻》、《稲妻のらせん》という軽量火力、そしてそれらをフラッシュバックさせる《瞬唱の魔道士》に、最高のダメージ効率を持つ《聖トラフトの霊》。

 積極的にライフを支払いながら色マナを揃え、《差し戻し》と《流刑への道》でテンポを稼ぎ、一気に対戦相手を畳み掛けることに終始一貫しています。

 ここまで聞くといいことづくめな気がしてきますが、難点は序盤の選択が難しいことですね。
 どの土地を置くのか、どの呪文を唱えるのかで結果が大きく変わってしい、取り返しがつかないことになることもしばしば。

 サイドボードには《溶鉄の雨》があり、ウルザトロンも意識しつつ、アーティファクトや墓地対策もバッチリ。
 《コーの火歩き》と《火山の流弾》は一緒にサイドボードすることも多く、赤い全体火力とプロテクション(赤)の相性も最高!
 デッキの完成度は非常に高いので、グランプリ・横浜でもたくさん見かけることになるやも?

 それでは実際にゲームを見てみましょう!


Game 1 vs.「ジャンド」

埋め込み動画は、スマートフォン版では非表示となっています。
下記リンクから動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=CLm7cUt_Iks


0:11
 土地が1枚ながらも唱えられる呪文が4枚ある上、《血清の幻視》があるのでキープ。
 しかし、早速の《コジレックの審問》に焦る!
 もし《血清の幻視》を抜かれ、除去を持たれていたら危なかったが、最悪のケースは免れたようだ。

1:11
 さすがはジャンド。
 テンポよく《タルモゴイフ》、《ヴェールのリリアナ》とキャストされ、ボードは圧倒的に不利になってしまった。
 《流刑への道》と火力は十分にあるが、アドバンテージの損出を取り返す《瞬唱の魔道士》が頼みの綱だろう。
 そこへ更に《血編み髪のエルフ》が唱えられたが、公開されたのが2枚目の《ヴェールのリリアナ》!
 対戦相手は手札を使い切ってしまったので、ここから逆転だ!

2:50
 《瞬唱の魔道士》の戦闘ダメージを活かし、《流刑への道》と《稲妻》で相手のパーマネントを一掃!
 お互いにリソースを使い果たしたが、ここで《聖トラフトの霊》をトップデック!
 ブロッカーを用意される前に、残り14ライフを削り切ることができるのか?


Game 2 vs.「《壌土からの生命》」その1(サイドボード後)

埋め込み動画は、スマートフォン版では非表示となっています。
下記リンクから動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=noHg6Soo4do


0:18
 マナ基盤が弱い初手だったので、頼りない《ステップのオオヤマネコ》と、変身するかわからない《秘密を掘り下げる者》の二択に非常に悩まされるが、フェッチランドを引くよりも変身条件の方が緩いと考えた。

1:06
 しかし、連続してフェッチランドをドロー。賭けには負けたがこれでマナは十分。
 土地にライフを払い過ぎた対戦相手は、《ステップのオオヤマネコ》を《タルモゴイフ》のチャンプで対処してきたが、これら3体のクリーチャーすべてをどうにかするには《壌土からの生命》から《突撃の地鳴り》しかないだろう。
 《壌土からの生命》、持たれてる?

2:10
 自分のターンに《壌土からの生命》から回収した土地をすべて使ってクリーチャーへ《突撃の地鳴り》すればよかったのだが、《ステップのオオヤマネコ》の重たい一発を受けてしまう対戦相手。
 こうなってしまうと、もうライフは火力圏内!


Game 3 vs.「《壌土からの生命》」その2(サイドボード後)

埋め込み動画は、スマートフォン版では非表示となっています。
下記リンクから動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=p8_OtW4px4w


0:00
 普通ならばマリガンしても良いハンドだと思うが、相手が《壌土からの生命》デッキで初動が遅く、《コジレックの審問》などの手札破壊満載なので、カードを1枚失うことが響きそうと考え、これをキープ!

1:13
 案の定、2枚の《思考囲い》で《聖トラフトの霊》を捨てさせられることとなったが、対戦相手の支払ったライフの量はなんと7点!
 追い打ちをかけるべく《溶鉄の雨》で《草むした墓》を破壊し、さらに《血の墓所》も破壊し、対戦相手のライフをさらに削る。

2:16
 引いた唯一のクロック、《秘密を掘り下げる者》は即座に《稲妻》されてしまったが、こちらも《タルモゴイフ》へ《流刑への道》をお見舞いする。
 土地破壊しているのに土地を与えてしまいもどかしいが、3枚目の《溶鉄の雨》を引き込み対戦相手は《》を1枚コントロールするのみとなった。
 あとは稼いだ時間に火力を引きこむだけ!


 やはり1ターン目からテンポよくビートダウンしながら火力で対戦相手を追い詰める構成は、どんなデッキ相手にも有効ですね。
 軽量呪文が多く入っているからこそ、早いターンでキャストできる《瞬唱の魔道士》に、プレイヤーにも唱えられる火力で《聖トラフトの霊》をバックアップしたりと、ゲームプランがとってもすっきりしているので無駄になるカードは本当に1枚もありません。
 いわゆる赤単が好きなプレイヤーにおすすめなアーキタイプですが、いかがでしょうか?


☆今週のイベント・インフォメーション!

MO Logo

 Magic Onlineの最新情報・イベント結果・デッキリストがわかる公式情報ページはこちら!(リンク先は英語)
 What's Happening?

 ※以下の時刻はすべて日本時間です。


アヴァシンの帰還・プレリリースイベント

AVR Logo

 待ちに待ったMagic Onlineでの「アヴァシンの帰還」発売に先駆け、今回もプレリリース・イベントが行われます!
 店舗でのプレリリースを逃してしまった方には、Magic Onlineストアでの発売が開始した後もリリースイベント目白押しですし、これを機にMagic Onlineを始めてみようと思っている方にも、そのすべてがお手軽に参加できるリミテッドなのでお勧めです!


アヴァシンの帰還 プレリリース スイス式 シールドイベント

開催時間: 5/18(金)AM2:00 ~ 5/20(日) PM2:00 16人そろい次第、順次開催
開催場所: 「Release Queues room」
参加費: 30チケット
プロダクト: アヴァシンの帰還のブースターパックが6個支給されます。
参加人数: 16人
イベント内容: デッキ構築とスイス式4回戦です。勝敗に関わらず、すべての試合をプレイすることができます。
賞品:勝ち点に基づいて配布されます。各マッチの勝ち点を3点とし、負けは0点とします。

勝ち点 賞品 QP
12 アヴァシンの帰還 ブースターパック 10個 3
9 アヴァシンの帰還 ブースターパック 4個 1
6 アヴァシンの帰還 ブースターパック 1個 0

追加の賞品: このイベントに参加したすべてのプレイヤーにはプロモーション・カードの《月銀の槍》が、さらに勝ち点9点以上のプレイヤーにはフォイル・プロモーション・カードの《月銀の槍》が配布されます。

PRM

アヴァシンの帰還 プレリリース 8人スイス式 ブースタードラフト

開催時間: 5/20(日)AM2:00 ~ 5/21(月) PM2:00 8人そろい次第、順次開催
開催場所: 「Release Queues room」
参加費: 20チケット
プロダクト: アヴァシンの帰還のブースターパックが3個、支給されます。
参加人数: 8人
イベント内容: ドラフトとデッキ構築、加えてスイス式3回戦です。勝敗に関わらず、すべての試合をプレイすることができます。
賞品: 勝ち点に基づいて配布されます。各マッチの勝ち点を3点とし、負けは0点とします。

勝ち点 賞品 QP
9 アヴァシンの帰還 ブースターパック 4個 1
6 アヴァシンの帰還 ブースターパック 2個 0
3 アヴァシンの帰還 ブースターパック 1個 0

追加の賞品: このイベントに参加したすべてのプレイヤーには、プロモーション・カード《月銀の槍》が、さらに勝ち点9点のプレイヤーにはフォイル・プロモーション・カードの《月銀の槍》が配布されます。


アヴァシンの帰還・リリースイベント

 アヴァシンの帰還はMagic Onlineストアで5/22(火) AM1:00より販売されることとなっており、その時点で全ての構築フォーマットに適用されます!
 全てのデイリーイベント、プレミアイベント、そして8人・2人イベントの賞品は5/23のダウンタイム後よりアヴァシンの帰還を含んだものになります。
 アヴァシンの帰還・リリースイベントは5/23深夜のダウンタイム終了後から始まり、以下の5つのフォーマットで楽しむことができます。

  • アヴァシンの帰還 ブースター ドラフト
  • アヴァシンの帰還 シールド スイス式16人フライト
  • アヴァシンの帰還 64人"Top8" プレミア ドラフト(5/25より開始)
  • アヴァシンの帰還 "Top 8" スイス式シールド(5/25より開始)
  • アヴァシンの帰還リリースイベント チャンピオンシップ(6/10開催)

 リリースイベントのスケジュールなどの詳細は、来週の記事でお伝えします!


マジック・オンライン プロツアー予選:ラヴニカへの回帰・シアトル

RTR Logo

 すでにラヴニカ世界への挑戦も始まっています!

開始時間: 下記スケジュールをご参照ください。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: 30チケット
プロダクト: スタンダード構築のデッキを用意する必要があります。
参加人数: 33人~768人
イベント内容: スタンダード構築戦。各イベントでは参加者数に応じた回戦数のスイスラウンド、Top8ではシングルエリミネーション3回戦が行われます。
賞品: トーナメントの最終順位に基づいて配布されます。ブースターパックの種類は、そのイベントの時点でMagic Onlineで利用可能なマジック:ザ・ギャザリングのセットからウィザーズ・オブ・ザ・コースト社によって選ばれたものになります。

順位 賞品 QP
優勝 プロツアー・ラヴニカへの回帰の参加権利
及びスーパードラフトの招待
ブースターパック 48個
6
準優勝 ブースターパック 48個 5
3,4位 ブースターパック 36個 4
5-8位 ブースターパック 24個 3
9-16位 ブースターパック 12個 0
17-32位 ブースターパック 6個 0
33-64位 ブースターパック 3個 0
65-128位 ブースターパック 2個 0
129-256位 ブースターパック 1個 0


開催スケジュール

開催日 開始時刻
5月19日 PM11:00
6月10日 PM11:00
6月17日 AM3:00
6月24日 PM11:00
6月30日 PM9:00
7月9日 AM3:00
7月15日 PM11:00
7月22日 AM3:00
8月11日 PM11:00
8月12日 PM11:00

プロツアー予選への参加資格
プロツアー予選がクラッシュしてしまった場合について
プロツアー:アヴァシンの帰還 スーパー・ドラフト

 以上につきましては、第31回の記事をご覧ください。


Magic Online Championship Series(MOCS) - シーズン 5

 MOCSはシーズン5が進行中!
 普段はQPをしっかり集めるのは難しい人でも、シールドで4-0できれば一度に3QPですよ!
 イベントに参加しながら楽しくカードとQPを集める、なんてどうですか?

MOCS-QP-5

QP獲得期間:4/25~5/23(ダウンタイムまで)
プロモカード:《Sinkhole》(新枠)
チャンピオンシップ 開催日時:5/26(土) PM7:00
チャンピオンシップ 形式:イニストラード・ブロック構築

 詳しくは、英語記事「2012 Magic Online Championship Series」をご覧ください。


 それではまた来週!


参加人数によるラウンド数
参加人数 ラウンド数
8 3
9-16 4
17-32 5
33-64 6
65-128 7
129-226 8
227-409 9
410人以上 10
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER