READING

戦略記事

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

構築譚:ラクドス・ミッドレンジ(過去のスタンダード)

岩SHOW

 2018年秋のセット『ラヴニカのギルド』へのワクワクが止まらない。やっぱりギルドの数だけ能力があるってのは嬉しいことで。新しいマジック体験ができそうという期待が、プレビューカードを見て日増しに高まっている(これを書いている今日は新しいヴラスカが公開されたり!)。

 で、ふと思ったのは、前のラヴニカのときってどんなデッキ・カードが活躍してたかな?ということ。『ラヴニカへの回帰』が発売されたのは2012年の秋。え、6年前……? そうか、モダンフォーマットが制定されたのもこの時だったな……う~む、恐ろしい。

 6年前のセットでは今回のセットとフィーチャーされたギルドがやや異なる。その中でも前回組のラクドス、赤黒のギルドがスタンダードにもたらしたインパクトは大きかった。当時、すでに赤と黒にはビートダウン向きのカードは揃っていた。『ラヴニカへの回帰』より《血の墓所》と《ラクドスのギルド門》が参入したことにより、マナベースが大幅強化され《ゲラルフの伝書使》と《雷口のヘルカイト》といったカードを同時に運用する、パワフルなデッキが登場した。

Jon Bolding - 「ラクドス・ミッドレンジ」
グランプリ・チャールストン2012 優勝 / スタンダード (2012年11月17~18日)[MO]
7 《
1 《
4 《血の墓所
4 《竜髑髏の山頂
4 《ラクドスのギルド門
4 《魂の洞窟

-土地(24)-

4 《戦墓のグール
4 《墓所這い
4 《悪名の騎士
4 《ゲラルフの伝書使
4 《ファルケンラスの貴種
3 《地獄乗り
3 《雷口のヘルカイト

-クリーチャー(26)-
4 《灼熱の槍
2 《血の署名
2 《夜の犠牲
2 《硫黄の流弾

-呪文(10)-
2 《士気溢れる徴集兵
3 《火柱
2 《脳食願望
2 《死体焼却
1 《夜の犠牲
2 《地下世界の人脈
3 《忌むべき者のかがり火

-サイドボード(15)-

 ベースとなっているのは『イニストラード』ブロックに多数収録されたゾンビの部族シナジーを活かしたデッキ。《ゲラルフの伝書使》などをコントロールすることで《墓所這い》を使いまわすビートダウンに、《ファルケンラスの貴種》が入り生け贄シナジーも加わっている。《硫黄の流弾》で大ダメージが狙えるのだ。

 同時に《地獄乗り》《雷口のヘルカイト》と、重めだが速攻を持ち打撃力満点のクリーチャーを多数採用しているのが特徴だ。

 開幕から軽量クリーチャーで攻め立てつつ、それのみに頼らない、重量級も用いることで中盤以降のゲームも有利に戦おうというコンセプト。そのため、アグロ系のデッキでありながら土地はしっかり24枚採用。こういった形は今日では基本となっているが、当時では比較的新しい戦略だった。開幕速攻もできるが、瞬間的な爆発力よりも中盤戦以降の安定感を重要視した構成……中速デッキの走りである。

 こうしたデッキは「ラクドス・ミッドレンジ」と呼ばれた。今では当たり前のように耳にするミッドレンジというアーキタイプ名も、定着しだしたのはこのころ。グランプリで優勝したこのリストを皮切りに、その戦略とデッキ名は爆発的に広まったのだった。

 ミッドレンジ戦略が定番となったら、今度は派生形が誕生してくる。黒に寄せたゾンビ・シナジーありの上記リストとは別ベクトルの、赤に寄せたデッキリストもまた流行ることに。

村栄 龍司 - 「ラクドス・ミッドレンジ」
グランプリ・名古屋2012 4位 / スタンダード (2012年12月8~9日)[MO]
8 《
1 《
4 《血の墓所
4 《竜髑髏の山頂
4 《魂の洞窟
3 《戦の大聖堂

-土地(24)-

4 《ラクドスの哄笑者
4 《流城の貴族
4 《灰の盲信者
4 《悪名の騎士
4 《ファルケンラスの貴種
3 《地獄乗り
3 《雷口のヘルカイト

-クリーチャー(26)-
4 《火柱
4 《灼熱の槍
2 《忌むべき者のかがり火

-呪文(10)-
2 《トーモッドの墓所
2 《悲劇的な過ち
1 《脳食願望
1 《強迫
2 《ミジウムの迫撃砲
2 《火山の力
1 《戦慄掘り
1 《究極の価格
2 《滅殺の火
1 《忌むべき者のかがり火

-サイドボード(15)-

 《ラクドスの哄笑者》《灰の盲信者》とクリーチャー面でラヴニカの恩恵を受けている。

 軽いところを展開したら《地獄乗り》《ファルケンラスの貴種》《雷口のヘルカイト》で押し込む。かなり赤単に寄せているのでマナベースに余裕があり、それゆえに《戦の大聖堂》が採用でき、軽いクリーチャーたちが止まりづらくなっているのが最大の特徴。

 シナジーは薄いが、より安定して攻撃ができるよう、個のカードを活かしきるように作られており安定感は高い。同時に相変わらず速いデッキであり、もたついたコントロールなどを意に介さずに斬り続ける様は爽快であった。

 こうした「ラクドス・ミッドレンジ」は、現在の「赤黒アグロ」の在り方に重なる部分があるね。ただ少々違うのは、ラヴニカ後に隆盛を迎えたものと、その前にすでに天下を取ったデッキという点。『ラヴニカのギルド』発売時のローテーションでは現在の赤黒を支えているカードの大多数が失われることになる。

 変化せざるを得ない赤は、同セットで推されているボロス(赤白)のカードを用いてアグロデッキを存続させていくのだろうか。軽いゴブリンも多数登場し、ゴブリン・シナジーに寄せた構築になるのかもしれない。

 こうやって歴史を振り返るのと未来を予想するのが同時に行える、マジックというゲームのスケールの大きさをまた垣間見たような気がするなぁ。

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER