READING

読み物

ガフ提督の「ためになる」今日の1枚

今日の1枚:リバイアサン

浅原 晃

 7月じゃ、夏じゃ、海じゃ、《リバイアサン》じゃ! 今日は海開きが行われているところもあるようじゃのう。海水浴は夏の醍醐味のひとつじゃし、泳がずとも海でのんびり過ごすのはいいものじゃ。

 もちろん、ドミナリアでも海は魅力的じゃぞい。じゃが、こちらの海には巨大生物がたくさんおるから、のんびりしてると喰われてしまうこともしばしばなんじゃな。今回はそんな海に居る巨大生物の元祖、《リバイアサン》を紹介しようかのう。

 《リバイアサン》は『ザ・ダーク』で2桁のパワーとタフネスを持つ初めてのクリーチャーとして登場したのじゃ。最強のパワーとトランプル、見た目のカッコよさも相まって、人気の高いカードじゃった。

 そして、大量の島を食い荒らすというフレーバー的な能力も魅力のひとつじゃのう。なんせ《動く死体》などで墓地から釣り上げても全く動かんのじゃな。デメリット? ふぉっふぉっふぉ、とんでもないデメリットが付いているのは昔の巨大クリーチャーあるあるじゃ、まあ、簡単に手に負えないところも人気の要因のひとつじゃと、わしは思うぞい。

 みんなも海に行くのは良いが、クラゲなどの生物や《リバイアサン》にはくれぐれも注意して行くのじゃな。入らないで海辺でマジックする? ふぉっふぉっふぉ、それも良いじゃろう。ならば、おすすめは、《リバイアサン》に《Polar Kraken》と《》だけで構成されたビッグブルーじゃ。たまにはゆっくりと島を置くのもええぞい、相手が赤単だったらどうするって? そりゃ、海じゃし、ビッグブルー改め、マグロブルーになるしかないぞい。

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

コラム

BACK NUMBER