READING

読み物

ガフ提督の「ためになる」今日の1枚

今日の1枚:Mesa Chicken

浅原 晃

「コケーコッコッコッ、コケーコッコッコッ、クックドゥドゥドゥ、クックドゥドゥドゥ、バサバサバサー!」 おっと、失礼、にわとりのものまね中じゃった。『Unglued』のプレイ中? ふぉっふぉっふぉ、困った時は気の狂った振りをして乗り切るのが、わしの処世術じゃから、その練習じゃ。

 そうじゃ、ちょうど今日、2月8日は「にわとりの日」ということじゃて、マジック界のにわとりでも紹介しようかのう。現在はにわとり(Chicken)といったクリーチャータイプは銀枠(ジョークセット)の中にだけ存在しておるのじゃ。そのうちの1体が《Mesa Chicken》じゃ。このカードは、『アングルード』という、最初に作られたジョークセットに収録されておるのじゃな。

 かつては、銀枠でないセットにも《黄道の雄鶏》という、にわとりがおったのじゃが、オラクルの変更というやつで鳥になってしまったからのう、今では、銀枠にしかにわとりはおらんのじゃ。《Mesa Chicken》は銀枠らしく、コストににわとりのものまねを要求するクリーチャーじゃ。日常的には、にわとりのものまねをする機会などほとんど無いからのう、非日常体験という点で楽しいクリーチャーと言えるかもしれんの。

 お互いに《Mesa Chicken》をコントロールしていた場合、どちらかがものまねを始めると、相手も付き合わなくてはいかんのも、また、面白いところじゃな。付き合わされている側はたまらんかもしれんがのう、傍から見ると2人して何をやってるのかと見えるじゃろうな、にわとりが先か卵が先かもう分からんというやつじゃ。

 そうそう、にわとりが先か卵が先かというのは面白い命題として知られておるんじゃが、生物学的に化学成分的に、はたまた、宗教学的にいろいろな定義を持って、にわとりか卵かどちらが先かといった主張があるそうじゃな。マジック的には卵が先なのかのう、『アングルード』のエキスパンション・シンボルも卵じゃしな。

 何? わしは無限の図書館の管理人なんだから、にわとりが卵、どちらか先か分かるばずだって? ……ふぉっふぉっふぉ、もちろんじゃぞい、わしにわからぬことは一切無いからのう、ちょっと待っておれ、この辺の資料に確か、うっ、持病のにわとり病が……「コケーコッコッコッ、コケーコッコッコッ、クックドゥドゥドゥ……」

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER