EVENT COVERAGE

日本選手権2018

トピック

日本選手権2018を写真で振り返る

Seo Asako

 会場で見かけた小ネタを写真で拾っていくコラムです。2日間にわたる戦いの様子を振り返っていきましょう。

koneta01.jpg

世界最大の国別選手権となった日本選手権の風景。手前側がショップで、撮影している2階テラスには飲食エリアなどがあります。

koneta02.jpg

会場はマジックのイベントですっかりおなじみのツインメッセ静岡。入り口のプロモカード版《溢れかえる岸辺》のイラストが目印です。

koneta03.jpg

この大会で2bye(不戦勝)を持っているのは、たった3人のプラチナ・プロだけ。試合が進む会場の片隅で出番を待ちます。

koneta04.jpg

ショップエリアでは、気になるデッキケースを手に取って試すこともできます。

koneta05.jpg

スタンダードラウンドが終わると、プレイヤーがわきにどいてジャッジの皆さんがテーブルにドラフトの準備を整えていきます。

koneta06.jpg

ドラフト用のカードは、スタンプを押したうえできっちりとパッキングし直されていました。

koneta07.jpg

全部で91ものドラフトが同時に進行中。

koneta08.jpg

初日8回戦を全勝で終えた3名(左から岩渕 壮選手、北島 遼昴選手、行弘 賢選手)。

koneta09.jpg

2日目には、『神河物語』ブロック時代にコンセプトアートを担当されていた一徳先生のサイン会を開催。マジックのイベントでは10年以上ぶりで、スタートのアナウンス時には待機列の皆さんから拍手が起こりました。

koneta10.jpg

一徳先生が手がけた当時のアートなどを販売。《電結の悪鬼》に追われているカエルがかわいいんですよね。

koneta11.jpg

一徳先生は退院されたばかりとのことでしたが、1枚1枚とても丁寧にカードや《巻物の君、あざみ》のプレイマットにサインをしたり……

koneta12.jpg

アーティストプルーフ(裏面が白い特殊なカード)をつなげた裏面に大きなイラストを描いたりしていました。あざみの横にいる黒いキャラクターは? カードの左下をよくご覧ください。

koneta13.jpg

プロツアー予備予選やThe Finalsチャレンジなどのサイドイベントも開催されました。こちらは日本レガシー選手権の模様です。

koneta14.jpg

ジャッジの皆さんです。今大会でもお世話になりました。

koneta15.jpg

最終ラウンドに勝利し、トップ8入りが決まった朴 高志選手を撮影。

koneta16.jpg

渡辺 雄也選手と行弘 賢選手の準々決勝は、にぎやかな笑い声がたびたび響いていました。写真は互いのデッキリストをチェックしているところ。

koneta17.jpg

決勝戦と同時に3位決定戦が行なわれ、行弘 賢選手が勝利。

koneta18.jpg

日本王者となった森山 真秀選手に、ヘッドジャッジの坂井さんからトロフィーが授与されました。

koneta19.jpg

日本チームのリーダー行弘選手の強さに加えて、若く新しい世代の台頭が印象に残る日本選手権となりました。12月のワールド・マジック・カップも楽しみです!


 それでは、また次のイベントでお目にかかりましょう!

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
最終
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST