EVENT COVERAGE

グランプリ・シンガポール2018

観戦記事

第8回戦:Qi, Wentao(中国) vs. 佐藤 レイ(東京)

Kazuki Watanabe

 第8回戦。「初日9回戦」に慣れている人は戸惑うかもしれないが、あっという間に初日最終戦である。

 フィーチャーマッチに呼ばれたのは、ここまでを全勝で駆け抜けている2人だ。

 まずは、佐藤 レイ(東京)。グランプリ・香港2017の王者である。5月のグランプリ・北京2018でトップ8に入賞し、さらに先日開催されたグランプリ・ラスベガス2018を12勝3敗で終えて、ゴールドレベルを確定させたばかりだ。「今大会、要注目のプレイヤー」と言えるだろう。

 そして、対するチー・ウェンタオ/Qi, Wentao(中国)も、グランプリで名を馳せる注目のプレイヤーだ。

 グランプリ・静岡2017春グランプリ・マニラ2017と二度の準優勝を果たし、さらに、プロツアー『破滅の刻』の前週に開催され、世界中から強豪が集ったグランプリ・京都2017でもトップ8に入賞していることから、その実力が世界レベルであることは疑いようがない。

 両者、実力は十分。初日突破はすでに決まっているが、全勝を果たせるのはどちらか1名のみだ。

 
チー・ウェンタオ vs. 佐藤 レイ

 1回戦分、今夜は早く終わる。さて、いつもより少し長いシンガポールの夜を、勝利とともに過ごすのはどちらか?

ゲーム1

 先攻の佐藤が《ボーマットの急使》で一撃を加えて、初日全勝を懸けた一戦が始まった。

 チーが《屑鉄場のたかり屋》を送り出せば、佐藤は《ボーマットの急使》で3枚目のカードを追放し、《ゴブリンの鎖回し》を戦場へ送り出す。

 《削剥》で《ゴブリンの鎖回し》、《マグマのしぶき》で《ボーマットの急使》を除去されるが、佐藤は悩むことなく《ピア・ナラー》を唱えてターンを返す。対するチーも即座に《屑鉄場のたかり屋》を攻撃に向かわせた。

 
佐藤 レイ

 慌ただしかった戦場も、佐藤がじっくりと戦場を見つめたことで一瞬落ち着いた。しかし、「一瞬」だ。3点のダメージを通し、チーが2体目の《屑鉄場のたかり屋》を唱えてターンを返すと、5枚の土地を倒して《栄光をもたらすもの》を戦場に送り出す。

 これを見て、チーは静かに唸った。佐藤は盤面を指で叩きながら打点を計算し、「督励」で《屑鉄場のたかり屋》を除去しながら攻撃を加える。

 チーは《ピア・ナラー》を唱えて攻撃の手を緩めさせようとするが、頼みの飛行機械・トークンは《ゴブリンの鎖回し》の餌食となってしまう。

 続くターンに佐藤が全力で攻撃を繰り出すと、チーは一度頷いてからカードをまとめた。

チー 0-1 佐藤

 
ゲーム2

 《》を置いてチーがターンを返し、佐藤の《損魂魔道士》を《マグマのしぶき》で即座に除去する。

 このまま順調に進むかと思われたが、チーは3枚目の土地が置けない。対する佐藤も4枚目を置くことはできないものの、《ピア・ナラー》を送り出すことには成功した。無論、それを戦場に残すはずもなく、《削剥》で《ピア・ナラー》を、さらに《ゴブリンの鎖回し》で飛行機械・トークンを除去して、チーが落ち着いてターンを返した。

 先に4枚目の土地を手にしたのは、佐藤であった。手札のカードを見つめて一呼吸を置き、《反逆の先導者、チャンドラ》を戦場に送り出す。続けて、{R}{R}を加え、《削剥》を《ゴブリンの鎖回し》に見舞った。

 戦場に降り立ったプレインズウォーカーを見つめながら土地を置き、チーは《大災厄》で佐藤の手札を覗く。公開されたのは、《再燃するフェニックス》、《ピア・ナラー》、《ピア・ナラー》、《削剥》。ここでは、《再燃するフェニックス》を追放した。

 ターンを受けた佐藤は焦ることなく《反逆の先導者、チャンドラ》でライブラリートップを追放して、2点。さらに《ピア・ナラー》を戦場へ送り出す。

 
チー・ウェンタオ

 対するチーは土地を伸ばす……5枚目。そして《栄光をもたらすもの》を唱えると、「督励」で飛行機械・トークンを焼きながら《反逆の先導者、チャンドラ》に攻撃を加え、忠誠カウンターは残り2。佐藤は《ピア・ナラー》で攻撃を加え、《反逆の先導者、チャンドラ》の[+1]能力で2点を見舞う。

 チーはドローを確認し、一度手札を伏せて戦場の打点を計算する。そして、《ウルザの後継、カーン》を送り出した。

 ここから[+1]能力を起動し、ひたすら手札を補充していく。チーは、はっきりとした声で、ターンを終えた。

チー「エンドです」

 その声を聞くと、佐藤は額に手を当てながら目を見開き、戦場を見下ろした。

 《ウルザの後継、カーン》を、とにかく倒さねばならない。

r8_sato2.jpg

 ターンを受け、《ピア・ナラー》で《ウルザの後継、カーン》に攻撃を加える。さらに《反逆の先導者、チャンドラ》がありったけの忠誠度を込めて、《栄光をもたらすもの》を除去すれば、ここから呪文の応酬が始まった。

 チーが《ピア・ナラー》を《削剥》で除去して《再燃するフェニックス》を唱えれば、そこに《削剥》。さらにエレメンタル・トークンにも《削剥》が見舞われる。《屑鉄場のたかり屋》を戦場に送り出してチーが戦力を増やせば、佐藤は《ピア・ナラー》を唱えて受け止める。

 佐藤は自身の墓地と追放したカードを確認し、ライブラリーに残った呪文の数を数え始る。

 絶え間ない呪文の応酬。墓地に落ちた呪文が山になる。《ウルザの後継、カーン》はいまだ健在だ。「もうしばらくこの状態が続くか」と思ったのも束の間、チーが《木端+微塵》を唱えたことで、悠長なことは言っていられなくなった。

cut+ribbons.png

 マナを注ぎ込めば、問答無用でライフを奪い去る1枚。《ウルザの後継、カーン》がデッキを掘り進めるため、土地を手にするのも容易である。最初は詰まりかけていたチーの土地は、すでに10枚。あと3枚ほど土地を置けば、佐藤のライフは消し飛んでしまう。

 飛行機械・トークン2体で攻撃すれば、《ウルザの後継、カーン》の忠誠カウンターは1個になる。あと1点。さらに、このプレインズウォーカーを落としたとしても、戦場に何度でも戻ってくる《屑鉄場のたかり屋》も対処しなければならない。数回攻撃を通せば、《木端+微塵》で致死量のダメージを受けることになってしまうからだ。そして、これ以上ゲームが長引けば、火力呪文や後詰めの攻撃によってライフを失う恐れもある。どこかで攻めに転ずるのは必定。つまり、攻撃に打って出るための戦力を用意しておきたい。

 佐藤に必要なのは、「《ウルザの後継、カーン》を打ち倒し、《戦場のたかり屋》に睨みを利かせられ、欲を言えば機を見て攻めることができる呪文」である。そんなものが手札に……。

 あった。

 現在のスタンダードの中心に君臨すると言っても良い、《ゴブリンの鎖回し》。

 これによって《ウルザの後継、カーン》は墓地へ。先制攻撃で《屑鉄場のたかり屋》も受け止めることができる。

 佐藤はチーの墓地を確認して、ライブラリーに残っているだろう火力呪文の数を確認する。互いのデッキに細かな差異はあれども、「赤黒」という選択は同じだ。両者が採用している呪文は、ほとんど同じである。

cut+ribbons.png

 つまり、佐藤も《木端+微塵》を採用しているのだ。

 これで《屑鉄場のたかり屋》を除去し、準備は万端。あとは一度攻撃を通して、《微塵》を見舞うだけである。

チー 0-2 佐藤

佐藤 レイ、初日全勝!
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST