EVENT COVERAGE

プロツアー・名古屋11

読み物

Deck Tech: 《鍛えられた鋼》

by Tomohiro Kaji  初日のミラディンの傷跡ブロック構築を終えた第5ラウンド終了時点で、3人の日本勢が全勝の成績を残した。  そのうち2人のプレイヤーが選んだのは、最強の名をほしいままにしているアーキタイプ、《鍛えられた鋼》だ。  単純に、この1枚のカードパワーが環境に存在するカードの中から頭ひとつ分抜けている、というのがプレイヤー間での共通見解だったようだ。  この構築部門を5-0した吉森 奨に、同じく《鍛えられた鋼》でプロツアーに参加しているLSVことLuis Scott-Vargasを加えた2人のデッキを分解して考察しよう。
吉森 奨
プロツアー・名古屋 / ミラディンの傷跡ブロック構築[MO]
11 《平地
4 《金属海の沿岸
4 《墨蛾の生息地

-土地(19)-

4 《メムナイト
4 《信号の邪魔者
4 《大霊堂のスカージ
3 《レオニンの遺物囲い
4 《脊柱の飛行機械
2 《刃の接合者

-クリーチャー(21)-
2 《オパールのモックス
2 《キマイラ的大群
4 《急送
4 《起源の呪文爆弾
4 《きらめく鷹の偶像
4 《鍛えられた鋼

-呪文(20)-
3 《ミラディンの十字軍
3 《刃砦の英雄
3 《不退転の大天使
3 《存在の破棄
3 《四肢切断

-サイドボード(15)-
Luis Scott-Vargas
プロツアー・名古屋 / ミラディンの傷跡ブロック構築[MO]
x 18 《平地
4 《墨蛾の生息地

-土地(22)-
4 《メムナイト
4 《信号の邪魔者
4 《レオニンの遺物囲い
1 《大霊堂のスカージ
3 《刃の接合者
4 《刃砦の英雄

-クリーチャー(20)-
x 2 《オパールのモックス
4 《急送
4 《起源の呪文爆弾
4 《きらめく鷹の偶像
4 《鍛えられた鋼

-呪文(18)-
x 2 《不退転の大天使
4 《変異原性の成長
2 《骨髄の破片
2 《存在の破棄
1 《四肢切断
2 《エルズペス・ティレル
2 《激戦の戦域

-サイドボード(15)-
 まずは、このデッキの核となる《鍛えられた鋼》だ。  このカードは、今までの《栄光の頌歌》系カードのなかでも異常なスペックで、3マナで+2/+2の修正が与えられる。
 そして、その修正の条件にはアーティファクトである必要があるのだが、さすがはミラディンの傷跡ブロック、《メムナイト》《きらめく鷹の偶像》《信号の邪魔者》《起源の呪文爆弾》という、それぞれ軽すぎる、マナがかかるなどのクセがあるが、マナ効率良くビートダウンできるアーティファクト・クリーチャーが揃っている。  さらに、これらの大量のアーティファクトで高速展開を金属術で加速させ、《オパールのモックス》と《急送》がブロック構築の速度の限界を超える。  《メムナイト》に《信号の邪魔者》からの2ターン目の《鍛えられた鋼》もありえ、中村 肇(東京)は実際に本戦で「2ターン目に11点のダメージを受けた」という話をしてくれた。
 しかも、このデッキのスゴイところは《墨蛾の生息地》がアーティファクト・クリーチャーであることから、《鍛えられた鋼》があれば簡単に毒死させられるという、第二の勝ち手段があるということだ。  LSVのプレイを少し見たのだが、通常ダメージを与えるクリーチャーを高速展開し、対戦相手が対処にマナをタップアウトした瞬間に確実に毒を蓄積するという、「プレイでマナ拘束する」という上級のテクニックを駆使していた。  なんと、ここまでが《鍛えられた鋼》デッキの基本なのだ。

○吉森 奨の場合。

吉森 奨
吉森 奨
 彼は、直前に井川 良彦(東京)からデッキをシェアしてもらったという。  だがそのまま試合に出たわけではなく、もらったリストには《きらめく鷹》が入っていたが、スタンダードの《メムナイト》+《聖なる秘宝の探索》の様なシナジーがないことと、単体でのスペックにも難があることを、同じく今回がプロツアー初参戦となる竹林 友から指摘され、これを《刃の接合者》と、同型に強い《レオニンの遺物囲い》に入れ替えたそうだ。  そして、想定される除去デッキ相手にアーティファクトを破壊され、《オパールのモックス》が機能しなくなること、《刃砦の英雄》といった重めのカードがサイドインされることから《平地》に枠を割いていたのだが、追加したメインの《起源の呪文爆弾》によるドローも加味して切り捨てた。  これは、LSVの構築に近いことと、二人あわせて10-0という成績であることから正解だっただろう。

○Luis Scott-Vargasの場合。

Luis Scott-Vargas
Luis Scott-Vargas
 まずは吉森のリストのサイドボードをよくみてほしい。  彼は、一般的なデッキからシナジー要素を産まないカードを取り除くという発想だったが、速度を少し殺してでも安定性という意味でLSVは"サイドボード"の《刃砦の英雄》と《平地》をメインボードへと加えることを選択した。  このお陰で、《四肢切断》から《刃砦の英雄》を守る《Force of Will》であるところの《変異原性の成長》を4枚採用する枠が取れ、さらに重たい《エルズペス・ティレル》や、《墨蛾の生息地》を強化する《激戦の戦域》という対コントロールも意識したものとなっている。
 これは、あくまでブロック構築戦5ラウンドの結果のみからの考察だが、一つだけ言えることがある。  大型セットのローテーション後、次期スタンダード環境を占うブロック構築のプロツアーは確実に一年後を写す鏡になっている。  つまり、次のスタンダードのメタゲームは、《鍛えられた鋼》を中心にまわる。
  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
16 16
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST