ASHIOK

アショク

BIOGRAPHY

- 略歴 -
「すべての悪夢とは、いうなれば解放されることを願う檻の中の小鳥である。」

敵を恐怖に陥れたいのなら、彼らの奥底にある誰にも触れられたくない悪夢を暴くことです。どんなに優れた存在も震える臆病者へと貶めて優位に立ち、それを眺めることに、アショクは喜びを感じるのです。

恐怖とは、知的生物ならば誰しも持つ感覚であることから、アショクはその力を相手と互角に渡り合うための力であると認識しています。アショクにとって、恐怖を作り出すのは精神であり、その精神とは彼が有利になるように操って変化させることができる、ある意味で基本的な欲求そのものなのです。

プレインズウォーカーの才能が目覚めると、アショクは他者の悪夢を探し集めるだけでなく、その恐怖を具現化できることを発見しました。これにより、アショクは苦しみや悲しみの構造をねじ曲げて組み立てる、闇の設計技師を体現する者となったのです。彼の体から立ち上る恐ろしい霧は彼の魔法の一部であり、これに取り込まれた者の恐怖を、アショクはより容易に操ることができます。

彼は今、恐怖の完全な具現化のための設計を求め、次元を旅しています。その旅の途中でアショクが訪れたテーロス は、彼が訪れたどの次元よりも夢が大きな力を持っているように見えます。

PLANESWALKER CARDS

- プレインズウォーカー・カード -
  • 悪夢の織り手、アショク
    悪夢の織り手、アショク

敵や味方となるプレインズウォーカー

訪れた次元

プレインズウォーカートップ

マジックの世界トップ