FREYALISE

フレイアリーズ

BIOGRAPHY

- 略歴 -

ドミナリア次元を数世代にわたって支配した長い氷河期に、フレイアリーズという名の若きハーフエルフの孤児がストーガード王国へとたどり着きました。そこで、彼女は宮廷魔道士として成長し、さまざまな精神修練に長ける存在となりました。そして、そこで彼女はプレインズウォーカーとなったのです。数年が過ぎてフレイアリーズの力は成長し、氷河期を長引かせようと謀る邪悪からラノワールとフィンドホーンのエルフたちを守護するようになっていました。エルフたちはフレイアリーズを、信奉者に命を与え、敵を迅速に破壊する神として崇めるようになっており、彼女は不本意ながらその役割を引き受け、氷河期を終わりに導く方法を探していました。他の魔道士とプレインズウォーカーたちの助力を得て、彼女はついにある呪文を唱えるに至りました。世界呪文と呼ばれるそれは、氷河期を終わらせ、ドミナリアの自然な気候を修復させる精巧な魔法的儀式だったのです。数世紀の後、ファイレクシアがドミナリアに侵攻してきました。プレインズウォーカーのウルザはヨーグモスの悪夢の機械と戦うための助力を得るべくフレイアリーズを説得しました。フレイアリーズはウルザが自身の目的以上のものを何ら気にかけていないことを知り、全く信用をすることはありませんでしたが、彼女は自身の目的として、同胞と故郷の次元を守るべく戦いました。彼らと他のプレインズウォーカーは協力し、ファイレクシアの軍勢のみならず、ファイレクシアの支配下にありドミナリアとの衝突や併合を企む他の世界の魔法的脅威と激戦を繰り広げました。そしてついに、フレイアリーズと同盟のプレインズウォーカーたちはファイレクシアに戦いを挑み、強力な兵器を爆破することで次元を壊滅させました。フレイアリーズはファイレクシアに渡った9人のプレインズウォーカーの中で生き残ったわずか2人のうちの1人でした。彼女は道半ばで倒れた仲間と、侵攻で命を落としたすべての者を追悼すべく、殉教者の墳墓を建てました。さらに3世紀の間、フレイアリーズはドミナリアのエルフを守護する寝ずの番であり続け、自身の本質を用いて世界を越えて危険から逃れてきたスカイシュラウドのエルフの難民の盾となりました。しかしその後、時空の構造が自らほころび始め、フレイアリーズの領地の真上に裂け目が開きました。最終的に、自身の魔法がこれ以上エルフたちを守れないことを悟り、その最後の仕事として次元と人々を守るべく、彼女は自身の本質、そして命を捧げて裂け目を封じたのです。

PLANESWALKER CARDS

- プレインズウォーカー・カード -
  • ラノワールの憤激、フレイアリーズ
    ラノワールの憤激、フレイアリーズ

敵や味方となるプレインズウォーカー

訪れた次元

プレインズウォーカートップ

マジックの世界トップ