READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

黒緑アリストクラッツ(スタンダード)

Melissa_DeTora.jpg

黒緑アリストクラッツ(スタンダード)

Melissa DeTora

2015年11月25日


 Magic Onlineでは、第2期スタンダード・リーグの終わりが近づいており、5戦全勝のデッキリストが公開されています。その結果を眺めていると、面白そうなデッキが見つかりました。巨大なサイズになった《ナントゥーコの鞘虫》をブロックされない状態にし、その一撃で勝つ「黒緑アリストクラッツ」です。クリーチャーを生け贄に捧げることで恩恵を受けつつ、最後には《ならず者の道》で《ナントゥーコの鞘虫》をブロック不可にすることで、この戦略は成り立っているのです。

 このデッキのとりわけ優れた点は、採用されたクリーチャーのほとんどが2体分の働きをすることです。《膨れ鞘》や《捕らわれの宿主》、そして《スゥルタイの使者》は、それぞれ死亡したときにクリーチャー・トークンを生み出したり、「予示」を行ったりします。そうやって戦場に出た追加のクリーチャーたちは、《ナントゥーコの鞘虫》をさらに強化するための生け贄にしてよし、《不気味な腸卜師》でドローに換えてもよし、あるいは《骨の粉砕》のコストにしてもよし、と実にクールな働きを見せてくれます。また、《無慈悲な処刑人》の欠点もほとんど問題にならなくなるのです。

 このデッキのクールな点をもうひとつ挙げるなら、攻撃せずとも勝利できることでしょう。《ズーラポートの殺し屋》は、対戦相手のライフを吸い取るという見事な力を持っていて、それらを複数枚並べればその威力は素晴らしいものになります。そして《膨れ鞘》や《捕らわれの宿主》のようなカードと組み合わせれば、「サクリ台」ひとつでそれらの能力と《ズーラポートの殺し屋》の能力を同時に誘発させることができるのです。

 《地下墓地の選別者》は、このデッキ全体を結びつける接着剤の働きをしてくれます。それは、必要なカードを揃えるために、デッキを「選別」してくれるのです。《地下墓地の選別者》から生み出されるエルドラージ・末裔を生け贄に捧げることで、マナを生みながら占術を行うことができます。そして《ナントゥーコの鞘虫》が戦場にいれば、生け贄に捧げられるクリーチャーがいる限り何度も占術を繰り返すことができます。《ナントゥーコの鞘虫》や《ズーラポートの殺し屋》を引き込むことはこのデッキに欠かせないため、それらを探す助けになる手段は極めて重要なのです。

 特にスタンダードのカードが豊富でない新規プレイヤーにとって、Magic Onlineで構築フォーマットを始めるのは難しいことでしょう。ですがこのデッキはほとんどのカードがコモンやアンコモンで構成されており、とても組みやすい形に仕上がっています。5戦全勝という結果が示すように、その強さも折り紙つきですよ。Bigcat24、全勝おめでとう!

Bigcat24 - 「黒緑アリストクラッツ」
スタンダード[MO] [ARENA]
10 《
4 《
3 《華やかな宮殿
2 《ならず者の道
4 《進化する未開地

-土地(23)-

4 《膨れ鞘
4 《捕らわれの宿主
4 《スゥルタイの使者
4 《ズーラポートの殺し屋
4 《地下墓地の選別者
4 《ナントゥーコの鞘虫
2 《肉袋の匪賊
2 《不気味な腸卜師
2 《無慈悲な処刑人

-クリーチャー(30)-
2 《骨の粉砕
2 《完全無視
1 《破滅の道
2 《従順な復活

-呪文(7)-
2 《グルマグのアンコウ
2 《蔑み
2 《強迫
4 《部族養い
2 《究極の価格
2 《完全無視

-サイドボード(14)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

コラム

BACK NUMBER