EVENT COVERAGE

Red Bull Untapped 2021 日本大会

観戦記事

トップ8決定戦:瀧村 和幸 vs. 尹 壽漢 ~トップメタ同士の頂上決戦!~

伊藤 敦

 

 

 トップメタには、トップメタたる理由がある。

 勝てば晴れてトップ8に進出できる一方で、負ければすべてを失うバブルマッチにまでたどり着き、フィーチャーマッチに選出されたのは、瀧村 和幸尹 壽漢との対決。

 瀧村は言わずと知れたプロツアー『戦乱のゼンディカー』チャンピオン。対し、尹もかつてデッキビルダーとして名を馳せた古豪である。

 しかもこの2人が駆るデッキが今大会のメタゲームを象徴するかのように、瀧村が「ジャンド・フード」に対し、尹が「イゼット・フェニックス」となっているのだ。

 デッキそのもののポテンシャルだけでも人を選ばず強いのに、強いプレイヤーが使うと実際に勝ってしまうのがトップメタがトップメタたる理由である。

 では、そんなトップメタ同士が戦えばどうなるのだろうか?

 達人同士、トップメタ同士による、文字通りの頂上決戦が開幕した。

 

ゲーム1

 先手の尹がキープしたのは、1ターン目に《ドラゴンの怒りの媒介者》を出せるとはいえ土地が1枚の手札。さすがにギャンブル過ぎないだろうかと思いきや、理由はおそらくその隣にあった。《考慮》に加え、『Jumpstart: Historic Horizons』で収録された一攫千金》が2枚含まれていたのだ。

 「イゼット・フェニックス」にこのカードが採用されているのはあまり見たことないが、確かにこのカードがあるなら手札は減ってしまうものの実質フリースペルとして運用できるので、最速2ターン目に《弧光のフェニックス》を走らせることすら可能となる。デッキビルダーである尹がおそらく独自にたどり着いたのだろう、驚きのアレンジだ。

 だが、このまま《ドラゴンの怒りの媒介者》が生き残れば呪文連打で「諜報」を重ねて《弧光のフェニックス》を墓地に落としてのブン回りも期待できたところ、後手の瀧村もさすがと言うべきか、返す刀で致命的な一押しを当てる!

 瀧村のメインデッキには2枚しか採用されておらず、だからこそ先手1ターン目の《ドラゴンの怒りの媒介者》の生存率が高いと睨んだであろう尹のハイリスクハイリターンなキープの目論見が、いきなり外されてしまう。

 それでも無事2枚目の土地を引き込んだ尹は《考慮》で次なる手を模索するが、《厚かましい借り手》を落として手札に入ったのはよりにもよって2枚目の《弧光のフェニックス》。こうなると今何よりも必要なのは《信仰無き物あさり》だ。

 一方、対する瀧村は《思考囲い》で《邪悪な熱気》を落としつつ尹の手札にさしたる脅威がないことを確認すると、《魔女のかまど》を設置から続くターンには《魔女の使い魔》《パンくずの道標》と立て続けに揃え、ターン経過ごとに無限にリソースが供給されるフード・デリバリー・サービスを早くも完成させる。

 それでも尹は《ドラゴンの怒りの媒介者》からの《一攫千金》でドローを操作しながらマナを確保すると、続くターンには引き込んだ《稲妻の斧》を《魔女の使い魔》にあえて打ち込みながらも《弧光のフェニックス》を墓地に送りこみ、さらには一攫千金》の通常プレイと「フラッシュバック」を組み合わせることで呪文3回を達成して無理矢理6点クロックを形成。瀧村の態勢が整う前に殴りきれるわずかな可能性に賭ける。

 だが、瀧村の態勢は既に整っていた。《寓話の小道》をセットしてから送り出されたのは波乱の悪魔》!魔女のかまど》と《魔女の使い魔》が揃っている状況でのこのカードはクリーチャーに対する死刑宣告にも等しい。

 これに対して「諜報」でトップに積んでいた虎の子の《邪悪な熱気》を切る尹だったが、対応してクリーチャーを薙ぎ払われた上に続くターンにはフェイに呪われた王、コルヴォルドまでもが着地したのを見届けると、この後の手順は時間の無駄とばかりにさっさと投了するのだった。

瀧村 1-0 尹

 

ゲーム2

 後手の瀧村が《金のガチョウ》から早くも2ターン目に墓地対策能力を持つ墓地の侵入者を送りだす快調な立ち上がり。

 だが対する尹も、そのエンド前にこちらもあまり見ないカード採用である異世界の凝視でプランを立てると、《一攫千金》《選択》から、《弧光のフェニックス》を捨てながらの《稲妻の斧》と大胆に動き、《墓地の侵入者》を除去しつつ3/2飛行速攻で攻守を逆転させる!

 それでも「護法」の支払いもあって尹の手札は残り1枚。ならば態勢を立て直す猶予はあるとばかりに、瀧村はさらなる《金のガチョウ》に加えて《魂標ランタン》を設置することで、今後墓地に絡むような追加の打点を牽制する。

 しかし、尹が残したその最後の1枚の手札が強烈だった。弾けるドレイク》! しかも前のターンの《一攫千金》がただの呪文の空打ちではなく宝物・トークンの生成だったことが効いての召喚で、追放領域もカウントするために《魂標ランタン》に影響されることもなく、早くも6/4飛行というサイズとなっている。

 対処を迫られる格好となった瀧村、今回は《致命的な一押し》を引けておらず、《魔女のかまど》を設置してターンを返す。だが尹がなおも引き込んだ《弧光のフェニックス》を素出ししてクロックを12点に増加させると、たまらず《金のガチョウ》のうち1体を《弾けるドレイク》へのチャンプブロックに充てるしかない。

 それでもどうにか5マナにまでたどり着き、1ゲーム目では決定打となった《フェイに呪われた王、コルヴォルド》に最後の望みを託す瀧村だったが、この展開は尹の掌の上だった。

 最初の《異世界の凝視》の時点ですでにライブラリーの3枚目に積んであった霊気の疾風が返しのターンに突き刺さると、ブロッカーのいない空を幻想生物の群れが走りきったのだった。

瀧村 1-1 尹

 

ゲーム3

 先攻の瀧村が《貪欲なるリス》から《魔女のかまど》《金のガチョウ》というブン回りを見せるのに対し、尹は《考慮》で3枚目の土地を探しにいきつつ《蒸気孔》アンタップインで《削剥》を構える展開。

 瀧村が追加でクロックを展開するならそれを、《パンくずの道標》でシナジーを作りにいくなら《魔女のかまど》を、動きに合わせてどちらでも対処できるようにした安定の構え……のはずだった。

 だが、瀧村の3ターン目の動きは尹の予想の遥かに上を行った。すなわち、2体目の《貪欲なるリス》から《波乱の悪魔》!

 対処しなければならないパーマネントが一気に4つに増え、こうなると削剥》を構えたことが地味に裏目に出た格好となってしまう。何せ悩んだ尹は今後継続的な障害となりかねない《魔女のかまど》を割りにいくのだが、瀧村は当然に役目を終えた《金のガチョウ》をかまどにくべ、3/3が3体という盤面を作られてしまったからだ。

 しかも、尹のライフは後手3ターン目にして既に残り13点。それでも《信仰無き物あさり》からどうにか《稲妻の斧》を引き込み、《貪欲なるリス》のうち1体は処理できた尹だったが、代わりに3枚目の土地が詰まってしまう

 返すターン、瀧村は当然《貪欲なるリス》の能力で食物・トークンを食べながら攻撃。これにより、尹の残りライフはもはや5点しか残されていない。

 なおも土地が引けない尹は《霊気の疾風》を《貪欲なるリス》に当てるが、一時しのぎにしかなっていない。

 結局3マナにたどり着けなかった尹は、土地が詰まって唱える暇のなかった《表現の反復》を最後に唱えることによってようやく3枚目の土地を見つけることができたのだが、それはもはや事実上の投了宣言に等しいのだった。

瀧村 2-1 尹

 

 瀧村 和幸、トップ8進出!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST