EVENT COVERAGE

プロツアー『タルキール龍紀伝』

戦略記事

プロツアー『タルキール龍紀伝』スタンダードメタゲーム・ブレイクダウン

矢吹 哲也
henke_author.jpg

Tobi Henke / Tr. Tetsuya Yabuki

2015年4月10日


 ここブリュッセルの地に、プロツアーの舞台に襲来した『タルキール龍紀伝』。ドラゴンが皆そうするように、『タルキール龍紀伝』もまたすぐにその存在を誇示した。それでも、今大会で上位ふたつのアーキタイプ――「赤アグロ」と「アブザン・アグロ」――は、メイン・デッキにドラゴンを採用しないまま戦っている。だがそれらに続くのは、「赤緑ドラゴン」。決して少なくない数のドラゴンが採用されていなければ、この名前はつかないだろう。私たちの調べでは、このアーキタイプだけで300枚以上のドラゴン・カードが使われているのだ。

 もちろん、今大会に現れたのはドラゴンだけではない。408個のスタンダード・デッキすべての分析結果をご覧いただこう。

デッキ名使用者数使用割合
赤アグロ4711.5
アブザン・アグロ4110.0
赤緑ドラゴン368.8
青黒コントロール327.8
アブザン・コントロール286.9
緑白信心225.4
ジェスカイ・アグロ215.1
ジェスカイ・トークン215.1
シディシ・ウィップ194.7
アブザン・ミッドレンジ163.9
緑信心タッチ赤153.7
マルドゥ・ドラゴン133.2
白青「英雄的」112.7
緑白アグロ112.7
マルドゥ・ミッドレンジ61.5
ナヤ・ミッドレンジ61.5
赤緑「Bees」61.5
アブザン・ウィップ71.7
エスパー・コントロール61.5
ジェスカイ・ドラゴン61.5
赤白アグロ61.5
彩色剥ぎ51.2
ジェスカイの隆盛コンボ51.2
黒緑星座41.0
ティムール41.0
赤信心20.5
先祖の結集20.5
青赤ドラゴン20.5
白青コントロール20.5
ジャンド・ドラゴン10.2
黒赤アグロ10.2
青赤コントロール10.2
4色コントロール10.2
スゥルタイ・コントロール10.2
緑信心タッチ青10.2
合計408100.0

 特筆すべきは以下の通りだ。

  • 「赤アグロ」デッキの半数以上、具体的に言うなら24個のデッキが緑を含んでいる。そのすべてが《アタルカの命令》を4枚採用しているが、加えて《強大化》を1枚挿したものもある。
  • 「青黒コントロール」のうち5つのデッキリストは、《シルムガルの嘲笑》や《忌呪の発動》、あるいは《龍王の大権》の力を存分に発揮するために、ドラゴン要素の濃いものになっている。また、9つは白をタッチし、《龍王オジュタイ》を2枚か3枚採用している。ドラゴン要素の濃さと白のタッチを両立させたものもふたつある。より白の要素が濃く、その結果大きく異なるゲーム・プランをとりプレインズウォーカーに頼る構成のものは、「エスパー・コントロール」に分類している。
  • 「緑白信心」のうちのひとつは、赤をごく少量タッチし《龍王アタルカ》を採用している。
  • 「緑信心タッチ赤」のほとんどは赤いカードを5枚のみ採用し、それらも緑を含むものである。すなわち、《歓楽者ゼナゴス》と《龍王アタルカ》だ。とはいえ、より赤の要素が濃いリストも7個ある。それらは《火口の爪》を採用するものが多いが、中には《稲妻の一撃》まで採用したものもある。
  • 「マルドゥ・ドラゴン」がドラゴンの要素を濃くして《忌呪の発動》や《龍詞の咆哮》の効果を高めているのは顕著に見受けられるが、デッキの形をアグレッシブなものにするかコントロール寄りのものにするかについては、意見が割れたようだ。デッキ内のクリーチャーをドラゴンのみにして、一線を画したコントロール・デッキを組み上げたのは5つ。他はアグロの形に仕上げた。
  • 「白青『英雄的』」の多くは、少しだけ色をタッチしてその色のカードを4枚採用する形になった。7つのデッキが緑をタッチして《ドロモカの命令》を採用し、3つが赤をタッチして《ティムールの激闘》を採用した。
  • 「緑白アグロ」の中には、《集合した中隊》を採用したものやこれを中心にしたものが3つある。残りのひとつはよりミッドレンジを意識した形で、ここでも《龍王オジュタイ》がタッチされている。
  • 「ナヤ・ミッドレンジ」の大半である5つか6つのデッキは、実際には「ナヤ・プレインズウォーカー」と呼ぶべきものだろう。そのカード・タイプを持つカードが12枚も採用されているのだ!
  • 「黒緑星座」もまた、《龍王アタルカ》のために赤を少しだけ含めたものがある。その一方で、アブザンの領域に踏み込んだものもある。
  • 「赤白アグロ」のうちのひとつのデッキについて、アグレッシブさは他と変わらないものの、そのトークン生成手段の豊富さ(《急報》、《軍族童の突発》、《ゴブリンの熟練扇動者》、《荒野の確保》)は特筆すべきだろう。《ヘリオッドの指図》との相性も良く、またここでも《アタルカの命令》が4枚タッチされている。

 要約すると、アグレッシブなデッキを使うプレイヤーは誰もが、《アタルカの命令》に少なくとも期待を寄せていることがわかった。《龍王アタルカ》を唱えるなり墓地からリアニメイトするなり、あるいは(《書かれざるものの視認》から)コストを無視して繰り出すなり、とにかく戦場に出す何らかの手段を持っているプレイヤーなら誰もが、《龍王アタルカ》を使いたがっていることがわかった。青を使うプレイヤーはもちろん、青を使わないプレイヤーでも、《龍王オジュタイ》を召喚するためならどんな苦労も厭わない、という者がいることもわかった。『タルキール龍紀伝』の影響は「赤緑ドラゴン」に留まらず、このセットのドラゴンの枠を越えて広がっている。『タルキール龍紀伝』は様々な方向から、スタンダードの様相を一変させたのだ。

  • この記事をシェアする