EVENT COVERAGE

グランプリ・静岡2018(レガシー)

観戦記事

準決勝:滝坂 透(東京) vs. 加賀 浩之(北海道)

小山 和志

 このグランプリで2日目最大勢力となった「グリクシス・デルバー」を使用するプレイヤーは準決勝にしてわずか1人となった。

 トップ4の残りの席を占めているのはそれぞれデッキタイプこそ違えど「エルドラージ・ストンピィ」「赤単プリズン」「Lands」という、レガシーならではの強力な土地カードを擁するデッキたちだ。

 そして、準決勝の一卓で「赤単プリズン」を手にする加賀浩之と、「Lands」を手にする滝坂透が決勝戦に座るべく相対する。

 
滝坂 透(写真左) vs. 加賀 浩之(写真右)

 滝坂は試合開始前から苦笑しつつ加賀に話しかける。

滝坂「友達と話していたんですよ。『この試合が山だね。《》だけに』って(笑)」

 しかし、当の滝坂にとってはこの単なる冗談は笑い事で済まされない。なにせ、滝坂の「Lands」は《暗黒の深部》《演劇の舞台》コンボを主軸とするデッキであり、加賀の「赤単プリズン」にはそのコンボの天敵と言える《月の大魔術師》と《血染めの月》がこれでもかというほどにガン積みされているのだ。

 それでも、滝坂は加賀と笑顔で雑談を交わし、そして決勝進出の座を勝ち取るべく前を向く。

 これまで不利なマッチなど無数にこなしてきたはずだ。ましてや負ければ終わりの決勝ラウンドで、諦めることなど俎上に載ることすらありえない。

ゲーム1

 初手を見るや、両者は7枚をライブラリーに戻す。そして新たな6枚を手に取ると……またしてもシャッフルを行う。いきなり、加賀と滝坂にとっては不本意な立ち上がりだ。

 加賀が5枚をキープしたのに対し、滝坂は……なんとトリプルマリガン!

sf_takisaka_mulligun.jpg

 それでも、滝坂は意思を込めた4枚を手に取り、ゲームが始まった――

 ――が、加賀がダブルマリガンとは思えない、そして土地に依存する「Lands」相手には最高と言えるロケットスタートを切る。すなわち1ターン目《古えの墳墓》から《猿人の指導霊》を追放して《月の大魔術師》!

 トリプルマリガンの滝坂はどうしようもできない。さらに、《虚空の杯》を加賀が「2」で提示すると勝ち筋が全て封じられた滝坂は「あー……」と絶句した後に「次行きます」と絞り出し、がっくりと頭を下げた。

滝坂 0-1 加賀

 
加賀が「月」で滝坂を封殺
 
ゲーム2

 レガシーのカードプールは25年の歴史を誇るマジックのほぼすべてのカードセットを使用できるだけあって、非常に膨大となる。知らないカードはもちろんのこと、既知のカード同士でも思いもよらぬシナジーや相互作用が発生するのは稀な話ではない。それが対戦相手のカードと (・・・・・・・・・であってもだ。

 ゲーム2は互いに6枚でのスタートとなった。加賀が1ターン目に《古えの墳墓》から《虚空の杯》をX=1で設置する「赤単プリズン」おなじみの動きに対し、滝坂はアドバンテージエンジンの《森の知恵》で返す。だが、加賀からはまたしても《月の大魔術師》。

 この「Lands」にとっては致命的とも言えるカードに対し、《森の知恵》でライブラリーを掘り進んだ滝坂は《暗黒の深部》をセットする。《月の大魔術師》によりただの《》となってしまった《暗黒の深部》は氷カウンターが乗っていない状態で (・・・・・・・・・・・・・・・・戦場に出ることとなる。

 加賀が続けて《虚空の杯》X=2をプレイすると、滝坂はそれに対応し《罰する火》で《月の大魔術師》を処理する――

sf_marit_lage.png

 ――そう、《月の大魔術師》により《》として氷カウンターがない状態で戦場に出ていた《暗黒の深部》が本来の姿に戻り、「マリット・レイジ」が即座にその姿を現した。

 いわゆる「友情コンボ」により、滝坂が一瞬で2ゲーム目を奪取。

滝坂 1-1 加賀

 
「相互作用」により滝坂が2本目を取り返した
ゲーム3

 このマッチで初めてともに7枚キープし、先手の加賀が1ターン目に《裏切り者の都》から《猿人の指導霊》でマナを伸ばし、《ゴブリンの熟練扇動者》!

 「赤単プリズン」らしい高速の展開に対し、「Lands」滝坂としては1ターン目から佳境を迎ることになってしまった。滝坂は手札を整理し、小考に入る。そして意を決して《モックス・ダイアモンド》から《ギャンブル》。そして、さらなる《モックス・ダイアモンド》から《思考囲い》で《反逆の先導者、チャンドラ》《罠の橋》《瘡蓋族の狂戦士》という加賀の手札から《反逆の先導者、チャンドラ》を抜き去る。

 《罰する火》で《ゴブリンの熟練扇動者》さえ処理すれば、長期戦に持ち込める……そうなった時に《反逆の先導者、チャンドラ》さえなければ戦えるはずだとの判断だろう。

 だが、その滝坂の《ギャンブル》と判断とは関係なく、加賀が引き込んだのは2枚目の《ゴブリンの熟練扇動者》!

滝坂「えぇ〜!!!!????」

 想定外のトップデッキによりプランが瓦解した滝坂は絶叫に近い悲鳴をあげる。早くも滝坂のライフは9となり、盤面を返さなければ詰みの状態となる。

 滝坂はサイドボードを確認する。そして、逡巡の後に自らの敗北を示し、ガックリと机に突っ伏したのだった。

滝坂 1-2 加賀

加賀 浩之、決勝戦進出!
  • この記事をシェアする