EVENT COVERAGE

グランプリ・上海2014

観戦記事

第10回戦:佐伯 克久(日本) vs. Charles Lai(マレーシア)

By 矢吹 哲也

 2日目最初となる第10回戦は、ドラフトの様子を追った佐伯 克久の試合をそのままお届けしよう。

 初日のシールド戦を全勝で抜けた佐伯。その鍵となったものを尋ねると、「土地と色のバランス」だという。土地をあまり引けなかった場合のマナ基盤の作り方こそがこの環境の肝になる、と彼は語る。

佐伯 「今回は幸いにもやりたい色と土地が良く噛み合ってくれて、そこに苦しまずに済んだのが大きいですね」

 そんな佐伯が第一ドラフトで選択したのは、スゥルタイ・カラー。このまま連勝数を伸ばし、トップ8へと続く道をさらに拓くことができるだろうか。

 その道にはこちらも全勝、マレーシアのチャールズ・ライ/Charles Laiが立ちはだかる。


佐伯 克久 vs. Charles Lai

試合展開

 ダイス・ロールで6と6の「12」を出したライが、ゲームをスタートするなり《平地》から《アナフェンザの伝令》のロケット・スタート。早くも「長久」が始まり、ライの盤面はみるみるうちに強大なものになっていく。

 佐伯も《ジェスカイの風物見》で上からダメージを与えるものの、《アナフェンザの伝令》に対処する手段が得られない。《スゥルタイの占い屋》が《物静かな熟考》をもたらしたが、《ジェスカイの風物見》には《必殺の一射》が差し向けられ、《時を越えた探索》も《頑固な否認》に阻まれた。

 《物静かな熟考》でターンを稼ぎ、《グドゥルの嫌悪者》で反撃に入る佐伯。しかしその返しのターン、《悪寒》と《冬の炎》が彼の防御を打ち崩し、ライの《アナフェンザの伝令》に率いられた戦士の大軍が殺到したのだった。


チャールズ・ライ

 第2ゲームは、互いに土地を並べ「変異」クリーチャーを出し合う静かな立ち上がり。お互いの「変異」クリーチャーはそれぞれ《必殺の一射》と《鐘音の一撃》で対処され、その後もゲームはゆっくりと進む。

 ライの懸念は、クリーチャーの乏しさだった。佐伯側は《クルーマの盟族》、《血蠅の大群》と展開を進めているのに対して、ライ側は序盤に《鐘音の一撃》を貼られた《隠道の神秘家》と「変異」クリーチャーのみ。そこに差し向けられた《消耗する負傷》は《熊の覚醒》からの《頑固な否認》と力づくで防いだものの、ライはドローを確認すると「変異」クリーチャーを公開し、カードを片付けた。


佐伯 克久

 迎えた第3ゲーム、《沸血の熟練者》からゲームを始めたライに対して、佐伯は《鐘音の一撃》でこれをいなす。再びじっくりと盤面を強化していく両者だが、ライの《隠道の神秘家》が表になると、ダメージ・レースが加速する。

 佐伯は《グドゥルの嫌悪者》で攻撃。ライは《隠道の神秘家》で。互いに3点のダメージを交換していたが、ついに佐伯が《消耗する負傷》を引き込んだ。

 ライの戦場に残るのは「変異」クリーチャー1体。しかし彼はそれで攻撃すると、さらにもう2体「変異」クリーチャーを加える。

 この時点で残りライフ8点の佐伯は攻撃に向かわず、《グドゥルの嫌悪者》をもう1体追加してライの攻撃に備える。

 ライの選択は、3体全員で攻撃。《グドゥルの嫌悪者》が2体ともブロックに入ったところで「変異」が解かれ、《イフリートの武器熟練者》が姿を見せた。1体を先制攻撃により一方的に倒すと、もう1体も相討ちに。

//
古の龍の魔法が佐伯を襲う。

 これで盤面を崩された佐伯は、それでも懸命に残された手札を使い切って解答を探す。しかし、ライの手札から《冬の炎》が放たれると、右手を差し出す他になかった。

佐伯 1-2 ライ
  • この記事をシェアする