EVENT COVERAGE

グランプリ・京都2015

観戦記事

第15回戦:高橋 優太(東京) vs. 宮薗 猛(鹿児島)

by Hisaya Tanaka

 グランプリ・京都2015もついにスイスラウンド最終戦。この最終戦でプレーオフ進出をかけて戦うのは、ともに2敗でここまでたどり着いた高橋 優太(東京)と宮薗 猛(鹿児島)だ。勝利してグランプリ決勝トーナメントの権利を手にするのはどちらのプレイヤーか。


高橋 優太 vs. 宮薗 猛

ゲーム1

 お互いに素早くキープを宣言すると、先手の高橋は《沸騰する小湖》から《》《師範の占い独楽》とプレイ。奇跡デッキを使う高橋にとっては素晴らしい立ち上がりだ。対する宮薗は《》を置くにとどまる。

 2ターン目に《溢れかえる岸辺》を置いてエンドした高橋に対して、宮薗は《虚空の杯》をX=1でプレイ。これに対し高橋は「何だ......」とつぶやき少考。そして《対抗呪文》をプレイして《虚空の杯》をカウンターした。

 《師範の占い独楽》の能力と《思案》で手札を調整した高橋は、続くターンで宮薗が《変わり谷》を置くのを見て、デッキが判明したことで大きく頷き安心した表情を浮かべる。しかし宮薗は《銀エラの達人》をプレイし、マーフォーク・デッキとしてクロックの準備を始める。

 《Karakas》をプレイしてターンを返した高橋。宮薗のドローステップに《ヴェンディリオン三人衆》をプレイすると、宮薗は《目くらまし》をコストに《Force of Will》。《銀エラの達人》で攻撃をし、その後に《幻影の像》で《銀エラの達人》をコピーして、クロックを作りつつドローも進めていく。

 しかし次のターン、5マナオープンでエンドした高橋に対して宮薗が攻撃を仕掛けると、高橋は《師範の占い独楽》のドロー能力を起動して《天使への願い》を公開する。ここで宮薗は《ヴェンディリオン三人衆》をプレイし、この《天使への願い》を無きものにしようと試みる。しかし高橋は先ほど置いた《霧深い雨林》から《Volcanic Island》をサーチすると《紅蓮破》でこれをカウンター。

 これで《天使への願い》が成就してしまい、天使・トークン2体が宮薗の《銀エラの達人》をブロック。ここで宮薗が投了を宣言して、高橋が1本目を先取した。


宮薗 猛
高橋 1-0 宮薗

ゲーム2

 2人ともまたも即座にキープを宣言し、宮薗は《》を置き、高橋は《》から《思案》という1ターン目でゲームが開始された。続く2ターン目に宮薗が《寒け》をプレイすると、高橋は驚いた表情でそれをスルー。メインで《渦まく知識》をプレイし、フェッチから《Tundra》をサーチすると《師範の占い独楽》。着々と自分の盤面を構築していく。

 しかし宮薗は3枚めの《》を置くと、《霊気の薬瓶》《虚空の杯》X=1とプレイして高橋の自由を奪っていく。それに逆らうように高橋が宮薗のドローステップに《ヴェンディリオン三人衆》をプレイし手札を確認すると、そこには《ヴェンディリオン三人衆》《真の名の宿敵》《真珠三叉矛の達人》《魂の洞窟》と非常に濃い4枚が。その中から敗北に直結する《真の名の宿敵》を選択しライブラリの下に送る。

 対して宮薗がメインで《ヴェンディリオン三人衆》をプレイすると、高橋の手札は《剣を鍬に》《紅蓮破》《赤霊破》《》《溢れかえる岸辺》と、《寒け》にも《虚空の杯》にも引っかかってしまっている手札で、宮薗はこの手札の維持を指定。

 手札状況が芳しくない高橋が《師範の占い独楽》でカードを探している中、宮薗は《ヴェンディリオン三人衆》を相打ちさせ、《真珠三叉矛の達人》を《霊気の薬瓶》から展開していく。

 ところが、高橋は宮薗のエンドに《摩耗+損耗》で《虚空の杯》を破壊。《剣を鍬に》で《真珠三叉矛の達人》を除去すると、続くターンで《相殺》をプレイし、あっというまに盤面状況を逆転させてしまう。

 こうなると《師範の占い独楽》があることによりで、徐々に高橋の優位が築かれていく。まずは《赤霊破》で《寒け》の破壊を試みると、ここには宮薗の《Force of Will》。《思案》で探し当てた《精神を刻む者、ジェイス》も《Force of Will》されてしまうが、宮薗の攻撃手段はその間に引いた《変わり谷》のみ。

 2点のクロックでは高橋のライフを削り切るに至らず、《造物の学者、ヴェンセール》で《霊気の薬瓶》が手札に戻ると出し直した時に《相殺》でカウンターされ、《変わり谷》は《不毛の大地》で対処されてしまう。

 《真の名の宿敵》を引き当てた宮薗は、続くターンに《粗石の魔道士》も引きクロックを用意するも、これは高橋が《終末》にて一掃。なんとか《虚空の杯》はX=1で通すものの、対応して《紅蓮破》で《寒け》は除去されてしまう。

 そして高橋はついに《時を越えた探索》にたどり着く。その効果で手に入れた《時を越えた探索》をさらにプレイしゲームが終わるかに見えた。ところが高橋は対処カードを引くばかりでエンドカードを引かない。宮薗は《変わり谷》から《真の名の宿敵》をプレイするが、対処カード祭りの高橋はこれを6マナの《終末》で対処。これで《変わり谷》のみが高橋への攻撃を続けることとなってしまう。

 3ターンの間お互いにドローゴーが行われ、やっと高橋が《精神を刻む者、ジェイス》にたどり着くと《渦まく知識》能力を連打。しかし宮薗の《変わり谷》が止まっておらず、《虚空の杯》X=1がある状態にも関わらず、《師範の占い独楽》のドロー能力を起動して《終末》を打たなくてはいけなくなってしまった。

 しかし対する宮薗は追加の有効牌を引くことができなかった。

 高橋は《造物の学者、ヴェンセール》をドローすると、《虚空の杯》を戻して《師範の占い独楽》をプレイ。宮薗の《霊気の薬瓶》《虚空の杯》を《師範の占い独楽》《相殺》でカウンターしきったところで、宮薗はこの長い勝負を投了することとなった。

高橋 2-0 宮薗
r15_takahashi.jpg

 高橋 優太がプレイオフに進出決定!

  • この記事をシェアする

RESULTS

RANKING

NEWEST