EVENT COVERAGE

グランプリ神戸11

読み物

Round 5: Martin Juza(チェコ) vs. 戸塚 公太(静岡)

By Tomohiro Kaji  最近、よく当サイト mtg-jp.com で三田村 和弥や中村 修平に取り上げられる親日家・Martin Juzaに対するは、千葉で行われた2010年の世界選手権と同時開催されたLimitsのTop8に残った戸塚 公太だ。 Round 5  席につくや、戸塚は5回戦目にしてもうJuzaとのフィーチャーか、と最初はちょっと緊張しているようにも見えたのだが、この海外プレイヤーとのコミュニケーションも難なく取り、ゲームの先手後手を決めていた。  対してJuzaは普段通り黙々とシャッフル、シャッフル、シャッフル。  このグランプリにも一週間ほど前から日本に滞在しており、中村修平の家で泊まりこみの練習をしていたらしい。  そして完全に余談だが、その滞在期間中にCALPISの大ファンになってしまったらしい。余りの気に入りっぷりでFacebook上に書き込みをしたら、PV(Paulo Vitor Damo da Rosa)や、Antoine Ruelらも気になってGoogle検索してしまったとのコメントが。
Martin Juza : calpis + gyudon = the ultimate combo.
 確かに、こんな風に書かれてたら気になりますよね(笑)
Game 1
戸塚 公太
戸塚 公太
 先攻でワンマリガンのJuzaは《天界の列柱》からゲームを始めると、戸塚は《》からの《ラノワールのエルフ》。  このエルフを見てちょっと渋い顔をするJuzaは、もう戸塚のデッキを緑単エルフと見切ったようだ。  続く戸塚の《ラノワールのエルフ》を《呪文づまりのスプライト》で打ち消し、2枚目の《呪文づまりのスプライト》で、さらに《遺産のドルイド》を打ち消すと、Juzaはマリガンした分のハンド差を解消しつつ2点のクロックを得た。  Juzaが《石鍛冶の神秘家》から《饗宴と飢餓の剣》をサーチしても、最初に置いた《》から土地が伸びない戸塚は1/1飛行を前にエルフをアタックに行かせることもできず、追加できたクリーチャーは《遺産のドルイド》のみと、このターンを逃せば完全にJuzaペースにはまってしまいそう。  そんなぎりぎりのターンのドロー、なんとか2枚目の土地を引いた戸塚は、《献身のドルイド》をキャストし、《遺産のドルイド》で3マナをひねり出しての《緑の太陽の頂点》!  X=2で何をサーチするかと思えば、それはもう一枚の《献身のドルイド》だった。  これで一気に最大8マナまで用意出来るようになった戸塚に対し、土地が3枚で動きにくいJuzaは小考する。  《流刑への道》はあるものの対象に困るし、《饗宴と飢餓の剣》はあるものの起こす土地が少ない上にマナが苦しい。  そして結局、戸塚のドロー時に《ヴェンディリオン三人衆》を唱えることにすると、《威厳の魔力》、2枚の《背教の主導者、エズーリ》、《》という手札が公開された。  そこからJuzaは《威厳の魔力》を抜き取る。  だが、戸塚のコンボのピースはすべて揃ってしまっていた。
 まず、《背教の主導者、エズーリ》を出し、+3/+3能力で自軍のクリーチャーをすべてパンプアップした。  そして、2体《献身のドルイド》へ-1/-1カウンターを3つづつ載せるジェスチャーをする。 Juza 「それって、無限マナだよね?」  戸塚は頷くと、その一連の動作を繰り返すことを伝え、Juzaを《踏み荒らし》した。 戸塚 1-0 Juza
Game 2
 Juzaの《天界の列柱》に対し、戸塚の《遺産のドルイド》という立ち上がり。  2マナを立てたままターンを返すJuzaに、《呪文づまりのスプライト》されない《エルフの幻想家》から唱える戸塚。  続くターンも土地を置くだけでターンを返すJuzaは、Game 1とは変わって細かく1/1で攻められる。  戸塚がまず《エルフの大ドルイド》をキャストし、+1/+1修正を付けてからアタックをすれば、Juzaは《ヴェンディリオン三人衆》を唱える。  3/1を戦場には出したはいいが、手札の多い戸塚へ対象に取る意味も無く、"Ummmm"と言いながら自分の手札からもう一枚の《ヴェンディリオン三人衆》をライブラリーの底へ送った。  この瞬速クリーチャーで、2/2になった《遺産のドルイド》を打ちとり、存在感の非常に大きかった《エルフの大ドルイド》も《流刑への道》で処理する。  さらにJuzaは《石鍛冶の神秘家》で《饗宴と飢餓の剣》を探しつつ、《イラクサの歩哨》を《呪文づまりのスプライト》で対処と、かなりいい交換を続けるJuzaだが、ここでミラディン包囲戦から入った新人の《暴走の先導》が通ってしまう。  通常、《暴走の先導》の期待値はかなり高く、カードアドバンテージを取るカードなのだが、ここでは《ラノワールのエルフ》が1枚めくれるだけで、戸塚は苦しそうに首をかしげる。  このスキを逃すまいと、Juzaは《呪文づまりのスプライト》に実質フリースペルな《饗宴と飢餓の剣》を纏わせての一撃を通し、カードとテンポのアドバンテージを拡大させる。  だが、戸塚も1ターン遅れてしまったが、《緑の太陽の頂点》で《クァーサルの群れ魔道士》を探し出すという一進一退の攻防が続く。  しかし、1/1のごちゃごちゃした戦場に現れた《精神を刻む者、ジェイス》が、ゲームを一気に簡単にしてしまった。  +2:戸塚のライブラリーの上を確認。カードはトップで。  +2:戸塚のライブラリーの上を確認。カードはトップで。  +2:戸塚のライブラリーの上を確認。カードはトップで。  戸塚投了。 Juza 1-1 戸塚
Game 3
Martin Juza
Martin Juza
 先攻の戸塚、《東屋のエルフ》から、《東屋のエルフ》《東屋のエルフ》と続けるが、またも土地1枚でストップする。  だが、Juzaもただ《天界の列柱》《変わり谷》《変わり谷》と土地を並べるのみ。  《暴走の先導》を《瞬間凍結》と、Juzaがマナを使った隙にダメージを入れる戸塚だが、1/1がいくらいたところでダメージはたかが知れている。  《エルフの大ドルイド》が出たと思えば《流刑への道》、再度《エルフの大ドルイド》を唱えれば《呪文づまりのスプライト》と、重要なカードはしっかり対処されてしまう戸塚。  時間を稼いで5マナまでたどり着いたJuzaは、引いていた《饗宴と飢餓の剣》を《呪文づまりのスプライト》に装備させてアタック、そして土地をアンタップさせてカウンターを構える。  さらに続くターンも、《天界の列柱》をクリーチャー化してのアタック、そして土地をアンタップさせてカウンターを構える。  このクロック差でJuzaはあっという間にゲームを終わらせた。 Juza 2-1 戸塚
  • この記事をシェアする