EVENT COVERAGE

グランプリ・千葉2018

戦略記事

2ndドラフト:中村 肇の「赤青『睡眠』ビートダウン」

Moriyasu Genki

 グランプリ・千葉2018のスイスラウンド最後を締めくくる2ndドラフトの卓が立つ。

 2敗ラインの多い2番ポッドの中、1敗で耐え忍ぶプレイヤーの姿があった。

kakao_draft1.jpg

 中村 肇。

 通称、カカオ。

 年間を通してプロツアーに参加するプレイヤーを指し示すグレイビー・トレインであったこともある、日本屈指のリミテッド巧者の1人だ。

 彼が主催していたプロツアー前の風物詩「菊名合宿」は、いまや各地でその系譜を継いだドラフト合宿が開かれるようになってきている。

 間違いなく日本においてドラフトというゲームの地位を向上させた立役者の1人だろう。トップ8進出をかけたドラフト・ピックを追った。

1パック目

kakao_pack1.jpg

 1手目、2色目を広く受け入れる《排斥する魔道士》と、赤青を組む上で非常に重要な《奇怪なドレイク》がいきなり2択を迫った。

 《奇怪なドレイク》のことは気にかけながらも、《排斥する魔道士》をピックする。

 2手目で爆弾級アンコモン《睡眠》を獲得できて青はほとんど決まったような形だったが、2色目を探すのに難航した。現在進行形で難航している、という表現の方が正しいか。

 押し寄せる《本質の散乱》の3枚目よりも、赤青への渡りをつけておきたい《炎の精霊》をピックしておいている。

 ただ1手目で流した《奇怪なドレイク》は戻ってきていないという点も気にかかる。

 青の脇はしっかり固まった。

 ここから飛行クリーチャーといった「軸」に繋げつつ、適切な2色目を見つけ出すことが出来るのか。

2パック目

kakao_pack2.jpg  
プロも注目するカカオ・ピック。

 他候補で挙げているカードが軒並み赤いか青いかなのだが、これは赤青としての選択肢というよりも、ドラフトを通してピックしたくなるカードが本当に少なかったという点だ。

 カットも兼ねた《不吉な死霊》と《騒乱の悪魔》との2択で黒に触れたが、それ以降シグナルといえるような黒は何も来ない。

 赤青以外への他色への渡りをつけられる目途がなく、計30ピックが終わった。

 ここまでで赤い中量級のクリーチャーは少し集められている。

 《旅立った甲板員》《神秘の考古学者》《前兆語り》といった青い優秀な軽量級は、集めきれている。

 あとはゲームを終わらせうる殴れる飛行クリーチャーが欲しい。

 《エイヴンの風魔道士》や《噛みつきドレイク》、《奇怪なドレイク》といったあたりだろうか。

 もちろん欲を言えば《願いのジン》のようなレアリティの高いカードであれば、ベストだ。

3パック目

kakao_pack3.jpg

 肝要のエイヴン2枚ピック!

 ものすごく欲し気に悩んでいた3-1の《エイヴンの風魔道士》だが、《稲妻の一撃》があったからには仕方ない。

 まだ見てないパックはあるのだ……と挑んで迎えた3-3のパックが強すぎて、中身を見た中村は溜め息をつくようにのけぞった。

 ここまでで能動的に打つ呪文は少なめと《エイヴンの風魔道士》を優先したが、1周しての3-11でも《萎凋》が余る、というほどだった。

 逆にいえば欲しいパーツが「そこ」に偏りすぎていて、取れるものがほとんどないような手番もいくつかあった。

 それでも主張し続けた青はしっかりとやることができて、一応赤青《睡眠》デッキとして、著しく枚数が足りないということもなさそうだ。


中村「いやー、わけわかんなかった! シグナル全然わかんなかった、みんななにやってんの!?」

――2色目に迷う中、また青いカードも選択肢としてあった中で1枚目の《炎の精霊》はかなり早い手番でのピックのようにも見えました。あそこで赤青への渡りをつけておく判断をつけた、ということでしょうか。

中村「《奇怪なドレイク》流したから赤青はやりたくなかったよ! でも打点高いカードとらないと《睡眠》も強く使えないしね。打点優先で」

――《奇怪なドレイク》や《どぶ潜み》のようなカードをピックして赤青スペル・コントロールとしての完成を目指すより、赤青《睡眠》ビートダウンとしてクリーチャーを採用していった。という感じのようですね。

中村「2パック目まで飛行クリーチャーもなかったしね。ところでヤソ(八十岡)のデッキ強すぎない!?」

 デッキ構築が済んでインタビューの途中から合流した八十岡 翔太も、別卓でのドラフトを済ませていた。

 中村の目の前で八十岡が楽しそうに回していたのは、《殴りつけるオーガ》に《ボガートの粗暴者》、《ゴブリンの扇動者》といったキーカードがそれぞれ複数枚入った赤黒《反逆の行動》デッキだ。

八十岡「事故んなきゃ、勝つね」

 一人回しでサクっと5ターン目に10打点ほど入れつつ、笑っていた。

中村「そりゃそうだろ!」

――ちなみに中村さんのデッキ、今回点数つけるとしたら何点くらいですか?

中村「10点満点中、3点くらいかな。ヤソに言わせたら、1.8点くらいって言われるかもだけど」

八十岡「いや、安心して。3点あるよ」

中村「じゃあ3点! でも《睡眠》とクリーチャーは取れてるから、噛み合って上手いこといければ勝つよ。2枚目の《炎の精霊》を取れるタイミングがあったのは難しかったね」

――2-3、《道迷い》をピックしたところですね。

 中村はピックの結果を満足とは言わないが、「間違いはなかったし」とも話す。

 青赤《睡眠》ビートダウンともいえる形で、3-0、トップ8を目指す。

中村 肇
グランプリ・千葉2018 2ndドラフト / 『基本セット2019』ブースタードラフト (2018年7月22日)[MO]
8 《
8 《
1 《高地の湖
-土地(17)-

2 《前兆語り
1 《旅立った甲板員
1 《神秘の考古学者
2 《エイヴンの風魔道士
1 《ボガートの粗暴者
1 《排斥する魔道士
1 《騒乱の悪魔
1 《業火のヘリオン
2 《秘密の回収者
1 《炎の精霊
1 《大襞海蛇
-クリーチャー(14)-
2 《本質の散乱
1 《分散
1 《稲妻の一撃
1 《苦しめる声
1 《萎凋
1 《睡眠
1 《溶岩の斧
1 《焦熱の決着
-呪文(9)-
1 《高山の月
1 《戦墓のグール
1 《レオニンの先兵
2 《耕地這い
2 《根の罠
1 《幽体化
1 《苦しめる声
1 《冥府の傷跡
1 《死の円舞曲
1 《ブランチウッドの鎧
1 《巨大な威厳
1 《民兵のラッパ手
1 《トレイリアの学者
1 《ラッパの一吹き
1 《不吉な死霊
1 《血の美食家
1 《道迷い
-サイドボード(19)-
  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST