EVENT COVERAGE

グランプリ・北京2015

戦略記事

王者・瀧村和幸のチームドラフト

by Masashi Koyama

 プロツアー『戦乱のゼンディカー』王者、瀧村和幸。

 先週のプロツアーに続き、このグランプリでも戴冠すべくこの準決勝まで勝ち進んできた。
 この環境の王者となった瀧村が、この井川、石村とチームを組むチームドラフトではどのようなピックを見せるのか。
 準決勝ドラフトでの彼のピックを追うことにしよう。

takimurapick.jpg

ピック

1パック目初手(1-1) 《隔離の場

他候補《回生の天使

 強力レアを発見。X=1でキャストしても《忘却の輪》、X=2以上で唱えることができればアドバンテージを取れる優良除去をピック。気になることがあるとすれば上家のウェスコーが無類の白好きということくらいか。

1-2 《進化する未開地

他候補 《霞の徘徊者》《軍団を破壊するもの

 特に指針になるものが無いパックから《進化する未開地》を選択。

1-3 《真っ逆さま

他候補 《コーの刃振り

 除去を選択。スイスラウンドの順位の都合上、後手に回ってしまうため受けに回ることも見据えてのピックか。

1-4 《カラストリアの癒し手

他候補 《空乗りのエルフ》《タジュールの重鎮

 収斂の強力カードが流れてきたが、現状の流れからも手堅く《カラストリアの癒し手》を加える。

 1-5で《突き抜けの矢》を取ると、ここから白の流れが途切れてしまい、1-6で《ニルカーナの暗殺者》、1-8で《タジュールの獣使い》と多色同盟者も見えるピックとなる。

 1-11で《オンドゥの勇者》、1-12で《コーの刃振り》をピックし、1パック目を終えることとなった。

 この時点で上家のウェスコーがやはりと言うべきか、白青でのピックを進めており、2パック目でなんとかカードを集めたいところだ。


2-1 《タジームの守護者

他候補 《停滞の罠》《ズーラポートの殺し屋

 青の強力レア《タジームの守護者》をカット。1パック目の流れから上家のウェスコーが青を触っている可能性が高く、流すわけにはいかないか。

2-2 《毅然たる刃の達人

他候補《カラストリアの夜警

 ここで嬉しい強力カードをピック。一撃でゲームを決める力があるだけに、喉から手が出るほど欲しいカードだ。

2-3 《岩屋の衛生兵

他候補《幽霊の歩哨

 大事な2マナクリーチャー。受けに回るのであればタフネス3は偉い。

2-4 《グリフィンの急使

 貴重な航空戦力。2点ライフゲインもタイトなダメージレースになればありがたい。

2-5 《オンドゥの勇者
2-7 《二人戦術

 最後に押し込めるコンバット・トリックをゲット。

2-8 《ヴァラクートの捕食者

他候補 《敵対》《絶壁の見張り

 《敵対》を取るかと思われたが、クリーチャーの数も吟味して《ヴァラクートの捕食者》。

 ここから2-10で《命知らずの群勢》を手に入れ、2パック目終了時点で赤白同盟者へと流れることとなった。

teamdraftsf1.jpg
3-1 《オンドゥの勇者

他候補 《血統の解体者

 赤白がパッとしない中からまたしても《オンドゥの勇者》をゲット。強力カード《血統の解体者》を流すことになったが、果たして。

3-2 《探検隊の特使

他候補 《真っ逆さま》《虚空の接触》《コジレックの媒介者

 一転して強力なパックの中から低マナクリーチャーを確保。

3-3 《多勢

他候補 《虚空の接触

 除去の二択から軽くて使い勝手の良い《多勢》を選択。クリーチャーは並びそうなだけに効果に期待が持てる。

3-4 《石術師の焦点

 コンバットトリックを確保。

3-5 《大物潰し

他候補《幽霊の歩哨

 環境的に強力な除去。火力では対処できない脅威への対処手段を手に入れたのは大きい。

3-6 《天使の贈り物

 他にプレイアブルなカードは《ムラーサのレインジャー》程度。もちろん《天使の贈り物》をピック。

3-8 《髑髏砕きの補充兵

 回避能力持ちのアタッカー。同盟者であることも相まってありがたい1枚。

3-9 《オンドゥの勇者

 3枚目。デッキの主力になりそうだ。

 この後3-13で《マキンディの滑り駆け》を手に入れ、赤白同盟者デッキの完成となった。

 瀧村はドラフト後「ミスった」と首をひねっていたが、卓内のカードがそこまで強力ではなく、十分に戦えるデッキではないだろうか。

 卓順とそれぞれのカラーコンビネーションは以下の通りだ。

  • 瀧村:赤白同盟者
  • ホーエン:青赤欠色
  • 石村:緑黒トークン
  • フロン:黒赤欠色
  • 井川:白黒同盟者
  • ウェスコー:青白タッチ緑

 瀧村の準決勝の対戦相手は強力な黒赤デッキを駆るフロンとなる。果たして、プロツアー王者同士の激突の結果はどうなるのだろうか。

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST