READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

ナヤ・ブリッツ(モダン)

Melissa_DeTora.jpg

ナヤ・ブリッツ(モダン)

Melissa DeTora

2015年9月22日


 ご存じない方のために記しますと、スタンダードの「ナヤ・ブリッツ」とは、『ラヴニカへの回帰』ブロック当時にトップメタに君臨していたデッキです。「ナヤ・ブリッツ」は、軽量クリーチャーを素早く展開して盤面を圧倒する超アグレッシブなデッキで、その根幹を成していたのが《炎樹族の使者》でした。このカードは戦場に出たときに2マナを生み出すため、同じターンにもう1体クリーチャーを繰り出すことができます。ゲーム序盤に《炎樹族の使者》を複数引き込もうものなら、《炎樹族の使者》から《炎樹族の使者》へと繋ぐことで、2ターン目にして強大な軍勢を作り上げることができたのです!

 このデッキについて私が一番印象に残っているのは、その圧倒的な速度です。地元のあるプレイヤーがスタンダードの「ナヤ・ブリッツ」をレガシーのイベントへ持ち込み(もちろん《稲妻》は4枚加えましたけどね)、そのイベントで優勝したことは思い出深いです。スタンダードのデッキがエターナル・フォーマットでも通用したのですから、その強さはまさに本物と言えるでしょう。

 本日ご紹介するのは、ダグ・ヘンドリクソン/Doug Hendricksonがグランプリ・オクラホマシティ2015で使用し、第9位に入賞したモダン版の「ナヤ・ブリッツ」です(参考:リンク先は英語カバレージ)。数年前のスタンダードで活躍した形とほぼ同じものですが、いくつかアップグレードが加えられていますね。舞台をモダンに移したことで《稲妻》や《流刑への道》といった1マナの除去を搭載できるようになり、そしてもちろん、《タルモゴイフ》という緑の2マナ域最強クリーチャーを採用するようになりました。《ゴブリンの先達》もまた赤の1マナ域最強クリーチャーの一角であり、このデッキを支える大きな後押しになっています。

 スタンダードのころ、「ナヤ・ブリッツ」はマナ基盤に問題を抱えていました。歴史的に見ても、スタンダードにおける3色のアグロ・デッキはマナに苦しんできました。すべての呪文をマナ・カーブに沿って使っていく必要があるため、1色でもマナが出なければ大きく後退することになってしまうのです。しかしこれは、モダンでは問題になりません。「フェッチ・ランド」と「デュアル・ランド」が織り成すマナ基盤のおかげで、ほぼ確実に必要な色を揃えることができるのです。これが、モダンで3色のアグロ・デッキが活躍できる理由のひとつですね。

Doug Hendrickson - 「ナヤ・ブリッツ」
モダン[MO]
1 《
1 《
3 《踏み鳴らされる地
1 《寺院の庭
1 《聖なる鋳造所
4 《樹木茂る山麓
4 《吹きさらしの荒野
3 《乾燥台地

-土地(18)-

4 《実験体
4 《ゴブリンの先達
4 《密林の猿人
4 《野生のナカティル
4 《炎樹族の使者
4 《タルモゴイフ
2 《火打ち蹄の猪
4 《ゴーア族の暴行者

-クリーチャー(30)-
2 《変異原性の成長
4 《稲妻
2 《流刑への道
4 《アタルカの命令

-呪文(12)-
4 《コーの火歩き
1 《戦争の報い、禍汰奇
2 《岩への繋ぎ止め
2 《引き裂く流弾
2 《巨森の蔦
2 《破壊的な享楽
1 《古えの遺恨
1 《稲妻のらせん

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER