READING

戦略記事

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

身体も盤面も鍛え上げろ! 白単鋼(ヒストリック)

岩SHOW

 身体、鍛えてますか?

 まだ6月だというのに気温はすっかり夏。日本の夏は気温も高けりゃ湿度もエグい。室内にいてもバテてしまうほどだ。そこで重要になってくるのが体力。改めて問おう。身体、鍛えてますか?

 健康は何にも代えがたいものだ。自分の身体のことは自分でしかどうにもできない。現代人の生活は便利なのは良いのだが、どうにも運動不足に陥りがちである。オフィスでちょっとした休憩に軽く体操、帰りは1駅歩いてみる。そういった軽い運動から始めてると、それだけで身体には変化が現れる。変われると嬉しいし楽しいので、じゃあもっと運動してみるかといろいろと手を出す。そうやって気が付けば筋肉の深みにハマる……そんな人が増えているようだ。

 かく言う僕も昨年秋から筋トレを本格的にやるようになって、今では家に簡単な筋トレ用具を設置してマイルームをジム代わりに日々鍛錬している。

 鍛えることは最高だ。例えば肩こりで悩んでいる人は、肩や背中を鍛えることで血流が改善し凝り固まった筋肉もほぐれてかなり和らぐだろう。脚のような大きな筋肉を鍛えることはダイエットにも大きく貢献する。精神的に余裕がないという状態も筋トレで解決できることがある。やりどころのない怒りを筋トレにぶつけてスッキリ、身体が強くなればメンタルの余裕も生まれてくる。

 マジックが強くなりたい場合も……筋トレは効果があるッッ。コストが軽い分、素のサイズがひ弱なクリーチャーたち。それらを鍛え上げることで、他の追随を許さないマッチョなボディに変身だ。今日のデッキは《鍛えられた鋼》!!

Andrea Solina Scirè - 「白単アーティファクト」
MTG Arena Zone Historic Open: MtGHistoric Subreddit Tournament #6 トップ16 / ヒストリック (2020年6月14日)[MO] [ARENA]
17 《平地
2 《アーデンベイル城
1 《眷者の居留地
1 《カーンの拠点

-土地(21)-

4 《羽ばたき飛行機械
4 《命の恵みのアルセイド
4 《演習用模型
4 《ジンジャーブルート
4 《鋼の監視者
4 《結晶の巨人
2 《秘儀術師のフクロウ
4 《石とぐろの海蛇

-クリーチャー(30)-
4 《きらきらするすべて
4 《鍛えられた鋼
1 《影槍

-呪文(9)-
2 《魂標ランタン
1 《一心同体
4 《ガラスの棺
2 《魔術遠眼鏡
2 《払拭の光
2 《不敗の陣形
2 《ヘリオッドの介入

-サイドボード(15)-
mtgdecks.net より引用)

 

 ヒストリックで使えるようになった《鍛えられた鋼》。

 {1}{W}{W}と多色ではやや使いにくいが、3マナでアーティファクト・クリーチャーに+2/+2修整を与えるのは破格の性能だ。このエンチャントを使って無色のアーティファクト軍団を強化するデッキが今流行中。

 ヒストリックであれば、この手のアーティファクト系アグロの顔である《羽ばたき飛行機械》が使用可能なのが大きい。

 {0}で0/2飛行、単体では何もしないに等しいが鍛え上げれば2/4といきなり航空戦力として頼もしくなる。

 この飛行機械を始めとして、現スタンダードにも存在する《ジンジャーブルート》や《石とぐろの海蛇》、モダンなどでも使われる《演習用模型》などを速いターンから展開し強化して押し切るのが狙いだ。

 もちろん、4枚しか採用できない鋼にのみ頼っていてはデッキが不安定にもほどがある。そこで他にも強化手段を用いるのだが、まずはスタンダードでもお馴染みの《きらきらするすべて》。

 アーティファクトとエンチャントの数だけクリーチャーを強化するこのオーラ、《鍛えられた鋼》もエンチャントなのでさらなる打点に換算する点が地味ながら偉く、横並びに加えて一点突破と盤石の攻めを可能にする。

 これのカウントを増やせて、プロテクション付与能力でクリーチャーを護ったりブロックをすり抜けさせる《命の恵みのアルセイド》も良い仕事をする。

 もう1つの強化は《鋼の監視者》、これもまたモダンなどで長きに渡って大活躍しているアーティファクト・デッキのお供だ。

 自軍の全アーティファクト・クリーチャーに+1/+1カウンターを置く能力で、早ければ3ターン目から全軍をガシガシ強化する。延べ12枚の強化スタッフが、小粒な機械を殺戮マシーンへと昇華するのだ。

 このリストはメカゴジラこと《結晶の巨人》や《秘儀術師のフクロウ》も採用し、この爆発力や手札補充もできるようになっている。

 実際に使ってみるとこれらのカードも活躍して楽しい。しかしながら、個人的に気に入っているヒストリックの《鍛えられた鋼》はこれらではなく、別のカードを高マナ域に据えている。

Anonymous - 「白単鍛えられた鋼」
ヒストリック (2020年6月16日)[MO] [ARENA]
17 《平地
2 《アーデンベイル城
3 《カーンの拠点

-土地(22)-

4 《羽ばたき飛行機械
4 《ジンジャーブルート
4 《演習用模型
1 《ロークスワインのガーゴイル
4 《鋼の監視者
4 《通電式召使い
4 《石とぐろの海蛇

-クリーチャー(25)-
4 《きらきらするすべて
4 《鍛えられた鋼
1 《影槍
4 《ウルザの後継、カーン

-呪文(13)-
mtggoldfish より引用)

 

 《ウルザの後継、カーン》入り!

 この銀のゴーレムの[-2]能力は《きらきらするすべて》を内蔵したようなトークンを生成する。大体5/5以上が出てくるので4マナを支払う価値は大いにある。それを2体生成して、それでも勝負がつかない時には手札を補充していけばいい。とにかく構築物・トークンが圧倒的で、クリーチャー・デッキ相手にはこれが勝負を決めること多々。

 また《鋼の監視者》をより強く使うことを意識しているのも特徴で、《通電式召使い》でアンタップすることで1ターンに2回の起動を可能にしたり、ばら撒いたカウンターを3枚も採用した《カーンの拠点》で増殖するという形でマッチョな鉄人兵団を鋳造する。

 とにかくデカいクリーチャーを複数体並べられるので、回しているだけで自分も強くなったような気がして、健康にもすこぶる良い。

 《鍛えられた鋼》はかつて世界選手権の上位を総なめにしたこともあり、歴史に名を刻んでいる1枚。2020年、ヒストリックでもまた新たな歴史を展開しそうな予感だ。『Jumpstart』に新録・再録されたカードでも何か新しい武器を手に入れるかもしれない。

 さあ、迷ったら鍛えよう! トレーニングは決して君を裏切らない!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

コラム

BACK NUMBER