READING

戦略記事

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

大変動、石鍛冶のモダンデビュー!(モダン)

岩SHOW

 去る8月26日深夜、《甦る死滅都市、ホガーク》《信仰無き物あさり》がモダンにて禁止カードとなった

 そのあまりの強さから瞬く間にモダンの最強デッキとして台頭し、競技イベントの場で暴れまくったホガーク・デッキ。《黄泉からの橋》の禁止でもデッキパワーは下がらず、元から断たれることとなった。

 ホガークたちを墓地に落とすことをアシストし、その他の手札捨て・墓地利用系デッキを支えてきた物あさりの退場も、単純にホガークが去る以上に環境に影響を与えることだろう。《弧光のフェニックス》や《御霊の復讐》を用いるデッキは大きくパワーダウンしてしまった。

 そして失われるだけでなく、与えられたカードもまた衝撃的なものだった。《石鍛冶の神秘家》の禁止解除である。

 フォーマット制定時から今日に至るまで禁止され続け、禁止改定のシーズンが訪れるたびに「石鍛冶解禁説」が囁かれていたものだが、それもここまで。これからは思う存分、このカードをモダンで使って良いぞ! 《殴打頭蓋》でも、各種剣でも、何でも好きな装備品を持ってくるんだ、遠慮はいらんぞ!

 というわけで、解禁と同時に配信者たちがプレイした、新たなモダンのデッキをチェックしよう!

Arne Huschenbeth - 「青白コントロール」
モダン (2019年8月26日・禁止改定後)[MO]
6 《
2 《平地
2 《神聖なる泉
4 《溢れかえる岸辺
1 《汚染された三角州
2 《虹色の眺望
1 《氷河の城砦
2 《天界の列柱
4 《廃墟の地

-土地(24)-

4 《瞬唱の魔道士
4 《石鍛冶の神秘家
2 《ヴェンディリオン三人衆

-クリーチャー(10)-
4 《選択
4 《流刑への道
2 《呪文嵌め
1 《マナ漏出
3 《否定の力
1 《拘留の宝球
2 《謎めいた命令
1 《至高の評決
1 《論理の結び目
1 《火と氷の剣
1 《殴打頭蓋
2 《時を解す者、テフェリー
3 《精神を刻む者、ジェイス

-呪文(26)-
2 《外科的摘出
1 《儀礼的拒否
1 《呪文貫き
2 《天界の粛清
2 《軽蔑的な一撃
2 《石のような静寂
1 《解呪
1 《神の怒り
1 《筋腱と鋼鉄の剣
1 《夢を引き裂く者、アショク
1 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン

-サイドボード(15)-

 

 これぞかつてスタンダードで、そしてレガシーで我が物顔で暴れ回った石鍛冶&《精神を刻む者、ジェイス》デッキだ!

 打ち消し・除去・そして石鍛冶と装備品のパッケージにプレインズウォーカーと、青白2色で非常に正統派なスタイルにまとめてある。

 2ターン目に石鍛冶を叩きつけ《殴打頭蓋》をサーチしつつ、《否定の力》を構える隙の無いアクションで、序盤から優位に立つ。後は相手のターンに構えて、相手が何もしてこなければ石鍛冶の能力起動で頭蓋を戦場に出し、4/4警戒・絆魂で殴り続ける。

 ジェイスの[0]能力で手札の装備品をライブラリーに押し込み石鍛冶でサーチすることで、不要なカードはライブラリーの中に返しつつ手札の枚数も質も高まる、鬼のシナジーを有している。

 《時を解す者、テフェリー》も加わったことで、より相手の行動を縛れるようになった。

 《殴打頭蓋》の細菌・トークンが死んでしまった際に{3}払って手札に戻して出し直す、という長期戦の際にありがちなアクションも、妨害を気にせず堂々と行えるようになったのは大きい。

 メインに備えた剣はアドバンテージの化身である《火と氷の剣》。これぞド定番、ダメージとドローで好き放題やりだしたらそれ即ちゲームに勝利したということだ。

 個人的には除去への耐性とともに《殴打頭蓋》の睨み合いも突破できる《饗宴と飢餓の剣》も好み。ジェイスの[-1]で戻したクリーチャーを即座に捨てさせたり、《天界の列柱》を起動して殴りつつも相手のターンにしっかりとマナを立てて構えることができる点も強力だ。

 サイドボードに搭載された新顔《筋腱と鋼鉄の剣》もシブい!

 色が合うデッキに対してはもちろん、同型戦でも輝くね。頭蓋を無視するプロテクションを活かして攻撃をねじ込み、頭蓋とジェイスを破壊、なんていう一方的なゲーム展開ができたらもうその日のご飯は最高に美味しいはずだ。

Piotr 'kanister' Głogowski - 「ウルザ・ソプターソード」
モダン (2019年8月27日・禁止改定後)[MO]
1 《冠雪の平地
6 《冠雪の島
1 《冠雪の沼
1 《神聖なる泉
1 《湿った墓
4 《溢れかえる岸辺
4 《汚染された三角州
1 《窪み渓谷
1 《ダークスティールの城塞

-土地(20)-

3 《石鍛冶の神秘家
4 《最高工匠卿、ウルザ
1 《センの三つ子

-クリーチャー(8)-
4 《オパールのモックス
4 《ミシュラのガラクタ
4 《アーカムの天測儀
2 《彩色の星
1 《真髄の針
1 《虚無の呪文爆弾
1 《黄鉄の呪文爆弾
2 《致命的な一押し
3 《飛行機械の鋳造所
1 《胆液の水源
1 《五元のプリズム
1 《拘留の宝球
3 《発明品の唸り
1 《弱者の剣
1 《殴打頭蓋
2 《時を解す者、テフェリー

-呪文(32)-
1 《僧院の導師
4 《思考囲い
1 《致命的な一押し
2 《儀礼的拒否
1 《墓掘りの檻
1 《減衰球
2 《真冬
1 《機を見た援軍
2 《ボーラスの工作員、テゼレット

-サイドボード(15)-

 

 続いてはよりテクニカルなデッキを……このデッキで石鍛冶がサーチするのは剣と言ってもコンボパーツである《弱者の剣》。

 《飛行機械の鋳造所》でこれを生け贄に捧げつつトークンを生成し1点回復、するとパワー1のトークンが戦場に出たことに反応して《弱者の剣》は墓地から戦場に戻り、トークンに装備される。もう一度これを生け贄に……というのを何度も繰り返して、大量のライフとトークンを得て相手を圧殺するコンボだ。

 《最高工匠卿、ウルザ》が加わったことにより、この歴史あるコンボは大きく強化された。

 剣やトークンをタップして青マナを捻出できるので、この3枚が揃えば望むだけの数のトークンとライフが得られるようになったのだ。

 このウルザ&ソプターコンボのパーツ獲得を《石鍛冶の神秘家》がサポートするってわけだ。コンボがうまくいかなさそうなときは《殴打頭蓋》を持ってきて、ウルザの生み出す構築物・トークンとでビートダウンするプランに切り替えられるようになり、戦略の幅が広がったのは大きな強化である。

 《発明品の唸り》から各種アーティファクトをサーチして戦況における最適解を探してくるのも楽しく、このリストは《センの三つ子》というやんちゃな最終兵器を搭載しているのが魅力的だ。

 相手がコチラのターンに動けなくなるので、テフェリーとあわせて安全な状況を作り、無限コンボを決めるってわけだ。

 石鍛冶デッキは、まず間違いなく流行ることだろう。多くのプレイヤーに愛されてきたその性能、約束されたカードパワーから疑う余地はない。

 ただ、これに対してアンサーが全くないというわけではない。《コラガンの命令》などの装備品に対処可能で、かつメインデッキから無理なく入るカードの評価は以前よりも大きく跳ね上がっている。また1つ目のデッキにも採用されている《呪文嵌め》もまたその強さを増した1枚である。

 石鍛冶を巡る攻防が中心となりそうで、ついこの間までとは全く別のゲームへと変貌したモダン。今こそすべてのデッキ、カードを見つめなおす時だ!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER