READING

戦略記事

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:スゥルタイ昂揚(モダン)

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:スゥルタイ昂揚(モダン)

by 岩SHOW

 『アモンケット』にて登場する新カードの中でも、余波カードはその見た目も衝撃的、メカニズムもフラッシュバックの変化球版であると、なんとも使いたくなるカードだ。手札と墓地にある時とで全く異なる挙動をする呪文、マジックに与える影響はいかほどのものだろうか。未知の経験が待っている(プレリリースでもう触ったとか言わないでね、その前に書いてるからね)。

 この余波カードはインスタントとソーサリーで構成されるサイクルだ。この中には《驚天+動地》や《開拓+精神》のようにインスタントとソーサリーという異なるカードタイプが1枚に共存しているものもある。これは面白い。

 こういったカードが墓地に落ちた時は、その両方のカードタイプをカウントする。すなわち、1枚で昂揚の条件を半分満たしてくれるのだ。アーティファクト・クリーチャーと一緒に落ちれば墓地にカード2枚しかないのに昂揚状態、なんてことも。やや下火の昂揚デッキにとってはこれは追い風ダッシュとなるか? スタンダード新環境へ向けてわくわくしつつ、今日はモダンでも頑張る昂揚デッキを見てみよう!

jadoth - 「スゥルタイ昂揚」
Magic Online Competitive Modern Constructed League 5勝0敗 / モダン (2017年4月6日)[MO]
1 《
1 《
1 《
2 《草むした墓
1 《湿った墓
1 《繁殖池
4 《新緑の地下墓地
3 《汚染された三角州
1 《霧深い雨林
4 《花盛りの湿地
1 《忍び寄るタール坑
1 《内陸の湾港
1 《幽霊街

-土地(22)-

4 《タルモゴイフ
3 《ヴリンの神童、ジェイス
1 《漁る軟泥
1 《クルフィックスの狩猟者
1 《永遠の証人
1 《不屈の追跡者
1 《意思切る者
1 《エレンドラ谷の大魔導師
1 《墓後家蜘蛛、イシュカナ
1 《叫び大口
1 《墓所のタイタン

-クリーチャー(16)-
3 《ミシュラのガラクタ
4 《致命的な一押し
4 《ウルヴェンワルド横断
3 《コジレックの審問
3 《思考囲い
2 《突然の衰微
1 《四肢切断
1 《大渦の脈動
1 《最後の望み、リリアナ

-呪文(22)-
2 《残忍な剥ぎ取り
1 《大物狙い
1 《再利用の賢者
1 《歯牙収集家
1 《ゲトの裏切り者、カリタス
1 《神秘の蛇
1 《強情なベイロス
1 《約束された終末、エムラクール
1 《歩行バリスタ
2 《対抗突風
2 《軽蔑的な一撃
1 《ボジューカの沼

-サイドボード(15)-

 モダンは昂揚を達成するのが簡単。であれば、昂揚時に1マナで土地およびクリーチャーを何でも持ってこれる《ウルヴェンワルド横断》でやりたいことを好きなだけできてしまう。これを主軸とした、黒緑そして青を足した3色のコントロールデッキが「スゥルタイ昂揚」だ。

 黒と緑はモダンにおいて「BG系」と一括りにされることが多い。これに属するのは手札破壊・パーマネント除去・《タルモゴイフ》を用いる中速デッキたちだ。モダン創設時からず~っと環境に存在し続ける老舗であり、「ジャンド」「アブザン」と3色目を足す構築が多く見られるが、中には純正2色の硬派なスタイルを貫くプレイヤーも。

 黒緑に青をチョイ足しすることでこのデッキが得たカードは《ヴリンの神童、ジェイス》だ。

 ジェイスはカードを1枚引き1枚捨てる、いわゆるルーター能力で昂揚の達成及び《タルモゴイフ》のサイズアップを手伝う。モダンは、例えば「トロン」を相手にした時の《致命的な一押し》のように、カードが腐ってしまうマッチアップがいくつか存在するため、そういった不要なものを他のカードに交換できるルーター能力は黒緑の弱さを補ってくれることだろう。また、《束縛なきテレパス、ジェイス》に変身してしまえば......除去も手札破壊も使いまわせるし、《ウルヴェンワルド横断》おかわりなんて相手からするともう投了レベルのアドバンテージだ。ぜひともこれを狙いたい。

 そんな横断からサーチするのは《漁る軟泥》《叫び大口》《墓後家蜘蛛、イシュカナ》《墓所のタイタン》と、かゆい所に手が届くカードから問答無用のパワーカードまで。《エレンドラ谷の大魔導師》なんかもコンボデッキ相手に強烈なアンチカードとして突き刺さることだろう。《起源の波》なんかをぶっ放したい僕からすると正直泣くレベルの1枚である。

 こういった、俗に言うシルバーバレット的な要素とは別に、《クルフィックスの狩猟者》《意思切る者》が採用されているのも面白い。どちらもクリーチャーに加えてもう1つタイプを持っているので、昂揚を手助けすることもあるだろう。

 クルフィックスはまだ緑を用いるデッキでは使う方のカードだが、《意思切る者》はシブいね。「Living End」専用機だと思っていたが、サイクリングを持っているアーティファクト・クリーチャーということでまさかの採用だ。1マナでポイっと捨てれるのは良い。次ターンが返ってきたら勝ち、というような状況でこれを横断サーチしてきて蓋をして勝利確定!なんていうスーパープレイもあるかもしれない。進んで狙わなくても良いので、基本は忘れていてくれ。

 サイドボードにも《大物狙い》《神秘の蛇》《歯牙収集家》と個性的なメンツが居並ぶ。ウルヴェンワルドを駆け巡れば、濃いぃヤツらと出会うんだね。やり込み甲斐のある、面白いデッキタイプだと思う。《獣相のシャーマン》を入れてそういう方向に特化、とかも楽しいと思うのでチャレンジしてみてほしい(絶妙に弱そうだが)。

 こういうデッキは1枚1枚のチョイスにセンスが問われる。相手にカードのテキストを確認されることが喜びなプレイヤー、少なからずいることを知ってるぞ。そういう時には変にかっこつけたり意地悪しないで、紳士淑女なドヤをしていただきたい。クールに振る舞いながら内心ほくそえんでくれ、マイナーカード大好きおじさんとの約束だ!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER