READING

戦略記事

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:ターボ・ステイシス(とフェイズ・ゼロ)(スタンダード・『第5版』~『ウェザーライト』)

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:ターボ・ステイシス(とフェイズ・ゼロ)(スタンダード・『第5版』~『ウェザーライト』)

by 岩SHOW

『「フェイズ・ゼロ」でも紹介したら?』

 ここ最近、マジック関係の話をしていて、こんなクレイジーなフレーズを聞いたのも久しぶりだ。

 先日、東京に行った際にプロツアー実況・解説仲間である「世界のKJ」鍛冶友浩さんと「浅原連合代表」浅原晃さんと食事をしていた際に、飛び出たものだ。

 お二人は僕にとって、実況・解説者としても、本コラムのような記事を執筆するライターとしても大先輩で......「昔○○書いてた時は...」なんて話題になったので、ここしかないッ!と「デイリー・デッキに書くネタないですかね......?」とお好み焼きを切り分けながら尋ねてみた(大阪出身なのでお好み焼きは自分で焼くお店が好きだ)。

 我らが鬼才・浅原氏の口から出たのが冒頭のセリフである。

「フェイズ・ゼロ」とは、一言でまとめるなら "This is not Magic:The Gathering."

 今でもヴィンテージでブイブイ言わせている、無限ターンコンボの中核である《Time Vault》。このカードテキストにはかつて、「ターンの間」という一文が記されていた。これが事の始まりである。

 現在もモダンで優秀なマナクリーチャーとして活躍する《根の壁》。この壁は、1ターンに1度マナを生み出す能力を起動することができる。「ターンの間」というフレーズに気付いたあるプレイヤーはこう閃いた。

「ターンの間とは、ターンではない。このターンの間であれば、《根の壁》の能力は無限に起動することが可能である!」

...ahh...what?

 この思想をデッキにしたのが「フェイズ・ゼロ」。マジックのターンにおけるすべてのフェイズよりも前にある、いわば0個めのフェイズであるのがその名の由来。無限マナを火力にして投げる。コンボで狙うこと自体はシンプルなものである。

 ただし、マジックのルール的には「こんなものがあり得てたまるか」と物言いが入り、すかさずルールは改定されこの挙動は不可能となった。

 このルールの穴を拡大解釈してブラックホールにまで拡げたこのデッキの是非はともかくとして、キーパーツに《停滞》を採用しているのは天才のそれとしか言いようがなく、これに気付いた製作者に僕は尊敬の念を抱いている。

 どういうことかと言うと、ターンの間に無限マナを得ても、フェイズをまたげば(当時は)マナ・プールに残ったマナでマナ・バーンを受けてしまう。ターンの頭にやってくるアンタップ・フェイズではプレイヤーは行動できない。ならば、マナ・バーンを受ける事実を消し去るのみ。《停滞》でアンタップ・フェイズをすっ飛ばし、いきなりアップキープを迎えることで万事解決。こんな発想、普通ないってぇ!

「フェイズ・ゼロ」のデッキリストは、上記のような理由からちゃんとしたものは残っていない。なので代わりと言ってはなんだが、同デッキのキーパーツであるこの《停滞》を中核に据えたデッキを紹介しよう。「ターボ・ステイシス」だ!

Matt Place - 「ターボ・ステイシス」
アメリカ選手権1996 4位 / スタンダード (1996年7月7日)[MO] [ARENA]
13 《
4 《アダーカー荒原
4 《地底の大河
4 《真鍮の都

-土地(25)-


-クリーチャー(0)-
1 《Zuran Orb
3 《Despotic Scepter
1 《フェルドンの杖
1 《象牙の塔
1 《土地税
4 《秘儀の否定
4 《ブーメラン
4 《吠えたける鉱山
4 《リム=ドゥールの櫃
4 《停滞
2 《回想
2 《宿命
4 《Force of Will

-呪文(35)-
2 《大気の壁
1 《Lodestone Bauble
2 《青霊破
2 《水流破
1 《黒の万力
1 《剣を鍬に
2 《解呪
3 《枯渇
1 《宿命

-サイドボード(15)-
StarCityGames.com より引用)

 このデッキの動きは以下の通り。

  • 相手の動きは打ち消し呪文で捌く。
  • 吠えたける鉱山》を置く。
  • 相手が土地をすべてタップした状態になるorこちらが《宿命》を置いたら、《停滞》でアンタップ無き世界へ突入!ロック(封じ込め)開始!
  • 吠えたける鉱山》によってカードを2~3枚引けば、1枚は《》(または青マナが出る土地)を引くことができる。{U}を支払い、維持を続ける。
  • 停滞》を維持できなくなったら、《Despotic Scepter》で相手のターンに破壊して、自分は一度土地をアンタップした上で再び《停滞》を唱えてロックに持ち込む。
  • この工程をひたすら繰り返す。自分のライブラリーは《フェルドンの杖》で修復する。相手はそのうち、ライブラリーからカードが引けなくなって敗北。

 今の時代には考えられない、相手を完全に封じ込めての勝利には、美学すら感じる。

 特に《停滞》の維持方法。《極楽鳥》に《賦活》をつけるとかのコンボチックな方法ではなく、「2枚引いてりゃ1枚は《》」とかいうザックリとした理論なのがたまらない。

 実際に回してみると、全く土地を引かずに一体何がしたいのかわからない、なんて展開もあることだろう。このデッキでアメリカ選手権1996でTOP4の結果を残したMatt Place、そして同一のリストで世界選手権1996のTOP8という快挙を成し遂げたTommi Hoviには、唯々畏敬の念を抱くのみである。

 最近はとんと聞かなくなったが、「ターボ◯◯」というデッキ名は一時期のマジックシーンではよく見るものだった。カードを大量に引いたり、手札を高速で展開するデッキによくこのターボの称号がつけられたもの。このデッキも《吠えたける鉱山》でドローを掘り進める様がいわゆるターボ要素なのだが、「加速する停滞」とかいう矛盾したデッキ名はなかなか味があるものだ。

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

コラム

BACK NUMBER