READING

読み物

ガフ提督の「ためになる」今日の1枚

今日の1枚:狼煙上げ

浅原 晃

 よっしゃ! イナズマヒンバからの総流しの馬券取ったぞい! おっと、失礼したのう。思わずガッツポーズを取ってしまったわい。こうした、嬉しい時や成し遂げた時に、思わず取ってしまうのが、ガッツポーズじゃな。

 このガッツポーズが広く知られるようになったのは、1974年4月11日のことじゃ。ガッツ石松がボクシングのWBC世界ライト級の王座を奪取した時に、両手を挙げたポーズをガッツポーズと表現して、それが世に広まったのじゃ。なので、今日は「ガッツポーズの日」と呼ばれておるのじゃ。

 そこで、今日の1枚は『灯争大戦』から《狼煙上げ》を紹介するぞい。

jp_F0n3Mf9tM0.png

 《狼煙上げ》はアジャニのガッツポーズが印象的なカードじゃ。プレインズウォーカーを2枚までサーチ可能で、インスタントでもあるため、1枚挿しのプレインズウォーカーなどをサーチしてくるのに最適なカードじゃ。5マナはちと重いものの、状況に応じてと考えるとなかなか悪くないんじゃないかのう?

 しかも、今までじゃと、プレインズウォーカーというのは数が大いに限られておったから、こういったサーチの有用性も限定的じゃったのじゃが、今回は一気にプレインズウォーカーの数が大増殖したからのう、しかも、それぞれが常在型能力を持っていることもあって、エンチャントのような使い方もできるのじゃな。つまり、プレインズウォーカーのできる幅が広がったということは、こういったサーチの有用性も大幅にアップしたと言えるのじゃ。

 特にリミテッドでは、この手のカードはプレインズウォーカーなど入っとらんわい! と今まではなったのじゃが、今回は確実に手に入るだけの数があるからのう、こうしたサーチカードもあらかじめ抑えておいても、使えないということは無いんじゃな。

 そう言えば、『灯争大戦』では、我らがナイン・タイタンズは何名が収録されたかのう? 9枚じゃろうか? えっ、0枚? あの、《放浪者》の中身が、実はガフ提督の可能性は? 100%じゃろうか? えっ、0%? ……ふぉっふぉっふぉ、さて、わしは競馬の予想でもするかのう、次のGⅠ、灯争ダービーの本命はと、やはり、ニコニコボーラスじゃな……おや、ニッサマキバオーは故障で欠場か、こりゃ難しくなってきたのう……。

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

コラム

BACK NUMBER