READING

戦略記事

中村修平の「デイリー・デッキ」

中村修平の「デイリー・デッキ」:赤緑ビートダウン(スタンダード)

中村修平の「デイリー・デッキ」:赤緑ビートダウン(スタンダード)

shuheinakamura.jpg

編集より:中村修平が日替わりで注目のデッキを1日1個紹介するミニコラムです。本コラムは掲載の1~2週間前に英語圏向けに制作され、英語サイトから全世界に発信されています。そのため、一部記事と内容が重複することがあります。

日本公式ウェブサイトでは、日本語の原文を掲載いたします。今週は6日(月)~10日(金)の掲載です。


 『タルキール龍紀伝』で強力なドラゴンが加入したのはコントロール側だけではありません。
 《雷破の執政》は、ただでは死なずしぶとく対戦相手にダメージを与えられる優良カード。4/4飛行というスペックも及第点で、攻撃的なデッキの中軸として充分に活躍できる可能性を持っています。

 何より赤にはもう1枚、『タルキール龍紀伝』に頼らずとも《嵐の息吹のドラゴン》という強力なドラゴンもあるのです。
 8枚の優良ドラゴン。加えて《龍詞の咆哮》。これだけで赤の攻撃的ドラゴンデッキが作れる下地は充分。
 後はどのような肉付けをしていくかですね。

 前環境からの延長なら赤白/ジェスカイ的なデッキを目指すのも良さそうですし、単色に留めて信心系を狙っていくというのもありそうです。あるいは《嵐の憤怒、コラガン》で赤黒というのも。

 そんな数ある選択肢の中からRoss Merriamが相方に選んだのは緑。
 マナ加速クリーチャーとドラゴンというお約束とも言えるコンビネーションに、もう1種類、面白い新カードが入っていますね。

 運命が再編されて単色になったかつてのカン、《狩猟の統率者、スーラク》。
 大々的なドラゴンの前に隠れがちですが、中々どうして。
 マナ加速からの高速召喚以外では、自身の圧倒能力によりほぼ速攻付きと見て問題なく、そうでなくとも以降に出てきたクリーチャーに速攻付与というのはかなり強力。
 キラリと光るいぶし銀的な存在です。

Ross Merriam
StarCityGames.com Invitational 8位 (2015/3/27) / スタンダード[MO] [ARENA]
6 《
6 《
4 《奔放の神殿
4 《樹木茂る山麓
2 《マナの合流点
1 《岩だらけの高地

-土地(23)-

4 《エルフの神秘家
4 《爪鳴らしの神秘家
3 《荒野の後継者
4 《加護のサテュロス
4 《ゴブリンの熟練扇動者
4 《雷破の執政
3 《狩猟の統率者、スーラク
4 《嵐の息吹のドラゴン

-クリーチャー(30)-
2 《龍詞の咆哮
1 《焙り焼き
4 《火口の爪

-呪文(7)-
3 《乱撃斬
3 《破壊的な享楽
2 《焙り焼き
3 《スズメバチの巣
3 《歓楽者ゼナゴス
1 《世界を目覚めさせる者、ニッサ

-サイドボード(15)-

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

コラム

BACK NUMBER