READING

戦略記事

中村修平の「デイリー・デッキ」

中村修平の「デイリー・デッキ」:エスパー・コントロール(スタンダード)

中村修平の「デイリー・デッキ」:エスパー・コントロール(スタンダード)

shuheinakamura.jpg

編集より:中村修平が日替わりで注目のデッキを1日1個紹介するミニコラムです。本コラムは掲載の1~2週間前に英語圏向けに制作され、英語サイトから全世界に発信されています。そのため、一部記事と内容が重複することがあります。

日本公式ウェブサイトでは、日本語の原文を掲載いたします。今週は6日(月)~10日(金)の掲載です。


 ただいま高度1万メートル、3月末から20日間のヨーロッパ行、ブリュッセルへの機上にいます。
 目的は新セットが発売されるとなればの、プロツアー『タルキール龍紀伝』

 プロツアー『運命再編』がモダンだったので、実に半年ぶりとなるスタンダード・フォーマットによる世界最高峰の戦いに、私も直前合宿へと合流するべくちょっと早乗りで向かっているのです。
 はたしてどんなデッキが待ち受けていることでしょうか、この記事が掲載されるころには満足のいくデッキが完成して、ぐっすり眠れるようになっていれば良いのですけどね。

 今週はそんな新環境のスタンダード・デッキの取っ掛かりとなりそうなもの、『タルキール龍紀伝』の新カードを使ったデッキを中心にお届けしたいと思います。

 1つ目は「SCG Invitational」でJames Buckinghamが使用したエスパー・コントロール。『タルキール龍紀伝』で登場した「あなたがドラゴンを持っているかコントロールしているか」で効果が向上する呪文をふんだんに搭載したコントロールデッキです。

 それを支えるのは青が待ち望んでいた軽量ドロー操作呪文《予期》と、1000年の時を経て大幅なシェイプアップを果たした、その予期の使い手《龍王オジュタイ》。
 5マナと軽く、着地した時点で呪禁があるため壁としての安定感もあるフィニッシャーであるばかりか、これまでの向上カードが手札にある時のみを参照にしていたの比べ、『タルキール龍紀伝』のものは戦場にドラゴンがいても効果を発揮するため、安心して戦場に投入できます。

 《命運の核心》で生き残るというのもかなり大きなメリット。
 無人の野になった戦場をオジュタイが殴りかかるのも良し、その前後で入手した《シルムガルの嘲笑》で守るも良し。
 いずれにせよ、ライブラリーの上から3枚を見るというのはこれからの青の定番になりそうですね。

James Buckingham
StarCityGames.com Invitational スタンダードラウンド成績優秀者(7勝1敗以上) (2015/3/27)[MO]
4 《
3 《
4 《汚染された三角州
4 《欺瞞の神殿
2 《陰鬱な僻地
3 《啓蒙の神殿
2 《コイロスの洞窟
3 《静寂の神殿
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ

-土地(26)-

3 《龍王オジュタイ
1 《漂う死、シルムガル

-クリーチャー(4)-
4 《予期
4 《シルムガルの嘲笑
3 《胆汁病
4 《解消
4 《英雄の破滅
1 《忌呪の発動
1 《オジュタイの命令
1 《完全なる終わり
2 《命運の核心
4 《時を越えた探索
2 《卓絶のナーセット

-呪文(30)-
2 《アラシンの僧侶
1 《龍王シルムガル
3 《強迫
2 《否認
3 《悲哀まみれ
1 《忌呪の発動
2 《完全なる終わり
1 《オジュタイの命令

-サイドボード(15)-

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER