READING

戦略記事

中村修平の「デイリー・デッキ」

中村修平の「デイリー・デッキ」:ナヤ・アグロ(スタンダード)

中村修平の「デイリー・デッキ」:ナヤ・アグロ(スタンダード)

shuheinakamura.jpg

編集より:中村修平が日替わりで注目のデッキを1日1個紹介するミニコラムです。本コラムは掲載の1~2週間前に英語圏向けに制作され、英語サイトから全世界に発信されています。そのため、一部記事と内容が重複することがあります。

日本公式ウェブサイトでは、日本語の原文を掲載いたします。今週は16日(月)~20日(金)の掲載です。


 速度を意識しているという意味では、Zan Syedのナヤ・アグロも負けてはいません。

 基礎となっているのは先日紹介した赤緑アグロ。そこへ《岩への繋ぎ止め》と《勇敢な姿勢》という環境で最も軽い白除去を追加し、手札消費の早さと展開の早さを《前哨地の包囲》などで補う。
 大雑把に言うとそうなるのですが...

 だいたいのデッキは色を足すことによって使えるカードに柔軟性と若干の土地リスク、色事故であったり、それを回避するための何枚かのタップイン土地であったり、構成が重くなったりという不利を受け入れて構築されるものです。
 ところがこのナヤ・アグロに関しては全く逆、むしろ3色にした理由はデッキの高速化。そういう意味では納得の、「3色でありながら、24枚の土地全てがアンタップイン」という、土地によるタイムラグを完全に排除した構成。
 納得せざる、いや納得せずに押し通すしかない土地構成なのです。

 タッチ色の白がシングルシンボルなだけで昨日のアブザン・アグロに比べて楽そうですが、《岩への繋ぎ止め》を使うためには一定数の《》が必要。モダンの《聖なる鋳造所》のようにショック・ランドもなく、しかも実質タップインの《進化する未開地》を抜きで、です。

 そんなひたすらオーバースペックな、「とりあえず見積書作ってみました」的マナベースに答えたものの凄まじさたるや。
 赤:緑:白が15:16:10かつ《》換算が10枚。
 フェッチランドはもちろん8枚全て入れた上で、当然のように《マナの合流点》全開。

 これだけで芸術点をあげたくなってしまいます。

Zan Syed
グランプリ・マイアミ2015 8位 / スタンダード[MO]
6 《
4 《
1 《平地
4 《吹きさらしの荒野
4 《樹木茂る山麓
4 《マナの合流点
1 《戦場の鍛冶場

-土地(24)-

4 《エルフの神秘家
4 《荒野の後継者
4 《ゼナゴスの狂信者
4 《ゴブリンの熟練扇動者
4 《大いなる狩りの巫師
4 《嵐の息吹のドラゴン

-クリーチャー(24)-
4 《岩への繋ぎ止め
3 《稲妻の一撃
2 《勇敢な姿勢
2 《前哨地の包囲
1 《紅蓮の達人チャンドラ

-呪文(12)-
2 《スズメバチの巣
2 《灰雲のフェニックス
3 《乱撃斬
2 《破壊的な享楽
3 《弧状の稲妻
2 《群衆の掟
1 《歓楽者ゼナゴス

-サイドボード(15)-

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER