EVENT COVERAGE

マジックフェスト・千葉2019

トピック

マジックフェスト会場でもMTGアリーナ

Yuichi Horikawa
mfchiba2019mtgarena00.jpg

 マジックフェストでは、さまざまな催しが行われています。

 いろいろなフォーマットの構築イベント。『基本セット2020』を使ったリミテッドイベント。はたまた、初心者に向けたティーチングイベントなど、どれも参加して楽しいイベントです。

 ですが、マジックフェストでは、そういったテーブルトップのイベントだけでなく、MTGアリーナを使ったイベントも開催されています。

mfchiba2019mtgarena10.jpg
ステージ前は観客でいっぱいでした

 もちろん、皆さんはもう、MTGアリーナはご存知ですね?

 そう! PCでマジックがプレイできて、世界中の人と対戦できるのが、このMTGアリーナです。

※MTGアリーナについて、詳しくはこちら

 というワケで、この記事では、会場でのMTGアリーナのイベントにフォーカスして、その様子を紹介します。

MTGアリーナ仕様になったステージ

 マジックフェスト・千葉2019でのMTGアリーナの催しは、イベントステージで開催されました。

mfchiba2019mtgarena01.jpg

 そのため、このステージも観客がMTGアリーナを観やすいステージに変わっています。まさに、MTGアリーナ仕様のステージです。

mfchiba2019mtgarena11.jpg

 まず、プレイブースや椅子などが、ゲーム配信らしい、かっこいい雰囲気になってます。

 照明もちょっと凝っていたりして、なかなか素敵なステージです。

mfchiba2019mtgarena02.jpg

 プレイ中の画面が、上部バーに設置されたモニターに表示され、どこからでも盤面が確認しやすくなっています。

mfchiba2019mtgarena03.jpg

 配信者側からは、こんな感じで画面が見えています。

 マイクや、ヘッドフォンなど、PCゲームを配信しやすい環境が整っていました。


 さてさて、舞台装置の話はこれぐらいにして、いよいよイベントの紹介に移りましょう。

タイムアタック

mfchiba2019mtgarena04.jpg

 MTGアリーナが始まって一気にマジックプレイヤーに浸透した言葉「BO1」。

 これは「Best of One」の略称で、要するにサイドボード無しの1本勝負ということです。

 1ゲームで試合が終了するので、何よりもそのゲームスピードが早く、MTGアリーナでもサクサク進むので、人気のイベントの1つとなっています。

 なので、MTGアリーナで必要なもの、それは!

 情熱・思想・プレイング・構築力・気品・優雅さ! そしてなによりもォォォオオオオッ!!

 早さっ!!

 というワケで、このイベントでは、BO1スタンダードで、どれだけ早く相手に勝つことができるかを競うイベントでした。

 この早さというのは、ターン数でなく、単純に1分1秒と刻まれるリアルなタイムを競うイベントです。

 最初に参考タイムとして「5分」が用意され、そのタイムを切ることができれば賞品がもらえ、最高タイムが更新されるシステムでした。

 MTGアリーナで選ぶイベントはランクマッチ。自動的に世界中の誰かが対戦相手として選ばれます。

 挑戦者は、事前に用意されたデッキを使用して対戦を行います。

 やはり、人気だったのは、「赤単アグロ」のデッキでした。

 相手の20点のライフを早く削りきるには、ゲームスピードの早い「赤単」を選ぶのは必然の選択だったかもしれません。

 また、相手のターンや、自分の操作中もタイマーはカウントを続けるので、操作する素早さもこのイベントでは重要でした。

mfchiba2019mtgarena05.jpg

 こちらは、日曜日のこのイベントの最短時間でした。

 「3分26秒」。BO1とはいえ、なかなかの早さです。

 ちなみに、土曜日は、3分を切っていたそうです。早い! 早すぎるっ!!

岩SHOWと行弘プロのリュウジジャッジ!

mfchiba2019mtgarena06.jpg

 ステージイベントといえば、この人。BIG MAGICの愛されキャラ、村栄龍司さん。

mfchiba2019mtgarena12.jpg

 最近では、ゴールドプロになり、ミシックチャンピオンシップにも常連で参加しています。

mfchiba2019mtgarena13.jpg

 そんな村栄さんのプレイの様子を、MPLの行弘プロが5段階で評価するのが、このイベントです。

 参加者は、ゲーム終了ごとにくだす行弘プロの点数を当てることで、景品がもらえるイベントになっています。

mfchiba2019mtgarena07.jpg
景品としてチャンドラのTシャツがプレゼントされました

 ちなみに、村栄さんはヘッドホンをして、会場の声や、行弘プロの意見が聞こえない状態でプレイすることになりました。

 最初に村栄さんが選んだのは「シミック・フラッシュ」のデッキで、相手の青単に何もさせることなく勝利を収めました。

 そんな、村栄さんにくだされた行弘プロのジャッジは……

mfchiba2019mtgarena08.jpg

 ほとんど、選択肢の無かったようなゲームでしたが、1か所選択肢があって、その可能性を考えず手なりでプレイしていたから、1点減点だったそうです。

 なかなか厳しいジャッジングでした。

お題デッキ構築戦

mfchiba2019mtgarena09.jpg

 最後に紹介するのは「お題デッキ構築戦」です。

mfchiba2019mtgarena17.jpg

 上で紹介したイベントでも、行弘プロが登場したのですが、このイベントでは、いよいよ行弘プロがMTGアリーナをプレイします。

 しかーもっ! 普通の構築デッキでは戦いません。

 行弘プロといえば、デッキ構築というイメージの人も多いのではないでしょうか? 彼が作ったデッキが、世界をあっと言わせたのは一度や二度ではりません。

 なので、このイベントでは、会場に来ていたプレイヤーが選んだ、『基本セット2020』から1種類のカード4枚を入れたデッキを構築し、ランクマッチイベントで勝利を目指すというものでした。

mfchiba2019mtgarena14.jpg

 日曜日に選ばれたカードは、こちら!

 《暁の騎兵》でした。

 なかなかにパワフルなカードですが、少しクセも強く、行弘プロも構築に少し悩んでいました。

「作るからには、上の能力(戦場に出た際の能力)も、下の能力(死亡時誘発能力)も、うまく使えないと強いデッキにはならない!」

 そういって、彼が選んだこのカードのパートナーは、

 《誘導記憶喪失》!?

 トーナメントシーンではほとんど目にすることはない、このカードですが、確かに言われてみれば、《暁の騎兵》の能力と合致しています。

 《暁の騎士》が戦場に出たときの能力で、このエンチャントを破壊すれば、自分の盤面に3/3のゴーレム・トークンが出て、追放されていた手札も帰ってきます。

 破壊されたエンチャントは、墓地に落ちるので、《暁の騎兵》の死亡したときの能力で、回収してもう一度使うことが可能というワケです。

 さすがMPL! 目の付け所が違います!

mfchiba2019mtgarena15.jpg

 このデッキは、何度か微調整を繰り返して、3試合目で、相手の《世界を揺るがす者、ニッサ》を《暁の騎士》で破壊して、勝利を収めました。

mfchiba2019mtgarena16.jpg

「唱えたら何が起きるか、僕自身もわからない」

 と自ら言っていた《誘導記憶喪失》は戦場に出ることなく、ゲームに勝利してしまいましたが、お題であった《暁の騎士》がばっちり活躍していたのは、流石の一言につきます!

 このイベントでは、他にも《物語の終わり》や《風の憤怒、カイカ》、《名高い武器職人》を4枚使ったデッキが、即興で行弘プロの手によって作られていました。

 カードの管理と、デッキ構築が簡単に行えるMTGアリーナ、ならではのイベントですね。


 いかがだったでしょうか?

 マジックフェストで開催されたMTGアリーナのイベントをいくつか紹介しました。

 会場では他にも、女流棋士の香川愛生さんによるMTGアリーナのイベントや、観客参加型の勝ち抜きトーナメントなんてものもありました。

 MTGアリーナとテーブルトップのマジック。

 マジックのお祭りらしく、どちらも楽しめるのが、このマジックフェストなんですね!

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST