EVENT COVERAGE

グランプリ・静岡2017秋

トピック

プロプレイヤーに聞く、構築での『イクサラン』注目カード

By 宮川 貴浩

 グランプリ本戦では熱いリミテッド戦が繰り広げられているが、新セット発売となれば、やはりどんなカードが構築で使われるようになるのかが気になるところ。

 そこで、会場のプロプレイヤーたちに、構築で注目しているカードは何か、聞かせてもらった。


玉田 遼一プロの場合

recommend_tamada.jpg

 《選択》です。スタンダードでもモダンでも。つまらない答えですみません(笑)。

 あとは、これもいろいろな人が言っていると思いますが、やっぱり《強迫》ですかね。とても強いことがわかっているカードですから。

津村 健志プロの場合

recommend_tsumura.jpg
クリックで変身します

 スタンダードでは、やはり僕の記事(参考:晴れる屋様の記事)でも取り上げた《アズカンタの探索》が一押しですね。

 下の環境は......《魔術遠眼鏡》じゃつまらないしなあ。そうですね、特定のカードというわけではないのですが、青緑マーフォークのパーツが結構作られたので、モダンで《集合した中隊》を使ったマーフォークデッキを組んでみたいですね。

井上 徹プロの場合

recommend_inoue.jpg

 下の環境についてはまだあまり検討できていないのですが、スタンダードでは《殺戮の暴君》が大暴れする予感がします。僕はコントロールデッキを使うのが好きなので、このカードは使われる側になるでしょうね。

 今僕がスタンダードで主に使っている青赤コントロールでは、《殺戮の暴君》に対処できるカードがありません。なので、黒を入れて《大災厄》を使ってみようか、などと考えています。いずれにせよ、デッキ構築の段階で意識せざるを得ないカードですね。

中村 修平プロの場合

recommend_nakamura.jpg
このカードには訂正が出ています。詳しくはお知らせをご参照ください。

 《人質取り》ですね。リミテッドではめちゃくちゃな強さですが、スタンダードではどの程度使われるだろうか、という視点で注目しています。

 昔あった《誘惑蒔き》というカードはとても強かったのですが、《人質取り》のすることはこのカードに限りなく近いです。クリーチャーを奪うまでにタイムラグがある分、タフネスは《誘惑蒔き》よりも上がっているので、そのあたりがどう作用するのか、面白いですよね。


 みなさんの注目カードは登場しただろうか。さっそく『イクサラン』のカードを使った構築戦を楽しみたい、でもどこから始めていいかわからない。そんな方は、ぜひプロプレイヤーの着眼点をヒントにしてみてください。

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST