EVENT COVERAGE

グランプリ・静岡2017秋

観戦記事

第10回戦:チーム 川口/近藤/丸山 vs. チーム 八尾/黒田/表西

By Yohei Tomizawa

 今大会唯一の初日全勝チームは関西のボス率いる、八尾 俊佑/黒田 正城/表西 幸次郎。

r10_team_kuroda.jpg

 対するは愛知県は名古屋から、川口 晋司/近藤 昌平/丸山 友一郎。

r10_team_kondo.jpg

 二日目の大事な初戦、勝利するのはどちらのチームか。

r10_team_kondo_team_kuroda.jpg

A卓 川口(白黒吸血鬼) vs. 八尾(赤緑恐竜) ゲーム1


八尾 俊佑

 川口の《縄張り持ちの槌頭》と八尾の《激情の猛竜》がすれ違いのダメージレースを展開する立ち上がり。

 川口は《略奪者の痕跡》でライフ面とカード面で攻めるが、八尾は《猛竜の群れ》を連打し、1枚1枚のカードパワーで上回っていく。

 1枚は《崇高な阻止》で対処するが、2枚目を止めるカードがない。

 《確実な一撃》が2枚重ね合わせると、一気に10点のライフを削りきった。

川口 0-1 八尾


B卓 近藤(青黒赤海賊) vs. 黒田(青黒赤海賊) ゲーム1


黒田 正城

 黒田が1マリガンならが3色揃った手札から、《指名手配の獄道者》と《財力ある船乗り》と攻防に優れたクリーチャーを配置する。

 近藤は《》ばかりの戦場だが、《幻惑の旋律》で《指名手配の獄道者》のコントロールを奪い、攻守を逆転する。

 そのまま《海賊のカットラス》をまといダメージを刻むが、黒田は《依頼殺人》で破壊し、一気に宝物・トークンが4つ生まれる。

 黒田《稲妻砲手》で戦闘以外でのダメージソースを確保するが、川口は地上に海賊・クリーチャーを並べるのみ。

 黒田は《風を跨ぐ者》まで追加し、《海賊のカットラス》を装備すると上空から5点パンチ。川口のライフは6に。

 川口はやっと3色目を宝物・トークンから確保し、《鉄面提督ベケット》を召喚し、一気に5体の海賊で攻撃し、黒田のライフを2まで追い詰める。

 だが上空から再び5点のダメージが入ると、《稲妻砲手》の1点を合わせて、黒田が先勝。

川口 0-1 黒田


C卓 丸山(赤緑恐竜) vs. 表西(白黒吸血鬼) ゲーム1


丸山 友一郎

 丸山は土地1枚ながら《恐竜との融和》で土地を確保し《ティロナーリの騎士》。

 表西は《アルゲールの断血》でカードアドバンテージ面では先行するが、盤面が弱く丸山のクリーチャーに押され気味な展開。

 《翡翠の守護者》にコンバットトリックが放たれると、表西のライフは5ターンで0に。

丸山 1-0 表西


A卓 川口(白黒吸血鬼) vs. 八尾(赤緑恐竜) ゲーム2


川口 晋司

 八尾が《ティロナーリの騎士》、《葉を食む鞭尾》と並べるが、《弱者成敗》、《イクサランの束縛》で対処されてしまう。

 その後も《深根の戦士》など軽いクリーチャーこそ展開するが、土地のみで攻撃に行けず、川口が唱えた《薄暮の賛美者》に主導権を握られてしまう。

 八尾は上空のクリーチャーへの対処手段を引けず、川口がゲーム2を取り返した。

川口 1-1 八尾


C卓 丸山(赤緑恐竜) vs. 表西(白黒吸血鬼) ゲーム2

 表西の《凶兆艦隊の貯め込み屋》、丸山の《深根の戦士》が互角のダメージレースを行う序盤戦。

 手綱を手繰り寄せたのは表西の《帝国のエアロサウルス》。地上クリーチャーを飛び越え、パンプアップと飛行クリーチャーによる3点クロックを確保する。

 丸山は土地を多く引きすぎているが、《イクサーリの守り手》がおり、8枚目が引ければ能力による逆転もあり得る。

 その狙いを打ち砕いたのは表西の《イクサランの束縛》。

 飛行クリーチャーによる攻撃により星を取り戻した。

丸山 1-1 表西


A卓 川口(白黒吸血鬼) vs. 八尾(赤緑恐竜) ゲーム3

 八尾の《イクサーリの守り手》から始まるゲーム3。

 川口は2ターン目に《強迫》を唱え、八尾の手札に追加クリーチャーがいないことが判明すると、小さくガッツポーズ。

 《イクサーリの守り手》を《鉤爪の切りつけ》で対処すると、《縄張り持ちの槌頭》のバックアップのもと、攻撃を開始する。

 八尾もクリーチャーを横に並べ、互いにがっぷり四つで組み合う。

 しかし八尾の強力カードは《崇高な阻止》で対処され、徐々に川口有利な盤面に。

 頭数が揃うと川口は多少の損はいとわず、無理やり攻撃に行く。

 土地を多めに引いていた八尾はそのまま押し切られてしまった。

川口 2-1 八尾


B卓 近藤(青黒赤海賊) vs. 黒田(青黒赤海賊) ゲーム2


近藤 昌平

 黒田の《セイレーンの嵐鎮め》でゲームの幕が開く。

 黒田は《指名手配の獄道者》、《無法の物あさり》、近藤は《水罠織り》、《巧射艦隊の拷問者》を召喚し、にらみ合いに。

 その間も淡々と上空から静かに《セイレーンの嵐鎮め》が時を刻み続けている。

 この状況を打開すべく、近藤が唱えたのは《狡猾な漂流者、ジェイス》。

 黒田は《海賊のカットラス》のバックアップのもと、《狡猾な漂流者、ジェイス》の対処には成功するが、近藤も《危険な航海》や《座礁》を使い、ターンを稼ごうと画策する。

 近藤はゲーム1を決めた《稲妻砲手》こそ対処できたが、いかんせん黒田は飛行クリーチャーによる攻撃で、毎ターン《無法の物あさり》の能力でカードをルーティングしている。

 カードの質で勝る黒田が、飛行クリーチャーによりライフを削りきった。

近藤 0-2 黒田


C卓 丸山(赤緑恐竜) vs. 表西(白黒吸血鬼) ゲーム3


表西 幸次郎

 チームスコア1-1、マッチスコア1-1と、これが最後のゲーム。

 丸山は《イクサーリの守り手》、表西は《司教の兵士》と同サイズのクリーチャーが並びあう展開に。

 丸山は《ティロナーリの騎士》こそ追加するが、恐竜がなく攻撃に移れない。

 互いにクリーチャーを横に広げ続け、表西の《輝くエアロサウルス》がゲームを決めうるかと思われたが、このクリーチャーが破壊されると再び戦場には静寂。

 この静寂を打ち破ったのは丸山の《原野を目覚めさせる者》。潤沢な土地を1体ずつクリーチャー化する。

 3体の土地・クリーチャーを表西は《残骸の漂着》するが、1ターン稼いだにすぎない。

 表西はデッキに眠る《依頼殺人》を求めて耐えるが、丸山は毎ターン土地は恐竜並みのクリーチャーにし、手札を使わず戦線を拡大してくる。

 最後の希望として《軍団の飛び刃》を送り出すが、そこにも《襲撃》が合わされる。

 最後のドローは時すでに遅しの《依頼殺人》。

 野性味溢れるマーフォークの力を前に、表西は膝をついた。

丸山 2-1 表西

チーム 川口/近藤/丸山 Win!
  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST