EVENT COVERAGE

グランプリ・静岡2017秋

トピック

今日はプレイヤー! チーム梅咲/夏目/工藤に聞く『イクサラン』の注目カード

By 宮川 貴浩

 海賊ルックで揃えたチーム、特製のTシャツでキメたチーム。見ているだけでも楽しい個性豊かなチームがひしめく会場内に、日本を代表するジャッジ3人で構成されたチームを見つけることができた。

 マジックを誰よりも知る彼らに、今日はプレイヤー目線で『イクサラン』の注目カードについて語ってもらいたいと思う。

team_natsume_umesaki_kudou.jpg
左から夏目、梅咲、工藤

――お忙しい中、お時間をとっていただきありがとうございます。早速ですが、スタンダードというフォーマットを考えた場合、『イクサラン』で強い、もしくは使ってみたい! というカードは何になりますでしょうか。

梅咲「《レギサウルスの頭目》ですかね。強い! でかい! わかりやすい! このカードを使ってくれっていう、開発者側のメッセージが伝わってきますよね」

工藤「僕は《深海艦隊の船長》ですね。殴れるシステムクリーチャーみたいなカードが好きなんで。今日のチームシールドでもパックから出て、大活躍してくれています」

夏目「自分はこれです。今日買ってきました、《アズカンタの探索》。ビート(ダウン)趣味なんですけど、こういう細かくアドバンテージを取るカードも好きなんですよね。伝説なんで、何枚採用するかは難しいですが」

両面カードはクリックで変身します

三者三様となったイチ押しカード。これもイクサランの多様な生態系のなせる業か。

――ありがとうございます。リミテッドについてもお聞きしたいのですが、チームシールドの他に、ドラフトなんかはすでにプレイされていますでしょうか。

一同「いえ、ドラフトはまだほとんどプレイできていません」

――発売されたばかりですものね。練習も今回はチームシールド優先になるでしょうし。では、ざっくりこの環境で好きなアーキタイプと、ドラフトをやるなら一番最初にピックしたいカードを1枚だけ教えていただけますでしょうか。

梅咲「好きなアーキタイプは、やっぱり恐竜ですね。強い! でかい! わかりやすい! 説明不要です。ドラフトで最初にピックしたいのは......《人質取り》で!」

工藤「僕が好きなアーキタイプは海賊ですね。海賊は青、黒、赤にいるので受けが広いというのが理由です。ドラフトで1の1(初手)で取りたいのは、《狡猾な漂流者、ジェイス》でお願いします」

夏目「僕も、工藤さんと同じ理由で好きなアーキタイプは海賊です。最初にピックしたいのは《切り裂き顎の猛竜》ですね。なんといっても腐りにくいのが素晴らしいです」

――ありがとうございます。それでは、せっかくジャッジとしても活躍されている皆さんにお話をうかがえる機会ですので、最後に『イクサラン』でルールのわかりにくいカードなどあれば、解説をお願いできますでしょうか。

一同「《川守りの恩恵》!!!」

――全会一致ですね。よく質問されたりしたのでしょうか。

梅咲「プレリリース・イベントでいろいろな方に聞かれました。日本語がちょっとわかりにくいんですよ」

夏目「+1/+1カウンターはマーフォーク・クリーチャー1体と他のクリーチャー1体に1つずつ置くことも、マーフォーク・クリーチャー1体に2つ置くこともできます」

確かに、「他の」といった単語はどこにも書かれていない。

 これまでにあまりなかったタイプのカードなので、『イクサラン』のリミテッドで遊ぶときは特にいろいろな使い方を考えるのが楽しそうな1枚。

梅咲「でも、それくらいだよね。クリーチャーの能力なんかもわかりやすいですし、初心者の方でもリミテッドが楽しみやすいセットだと思います」

工藤「恐竜はこの映画っぽい、海賊はあの映画っぽい、なんて話が盛り上がるのも楽しい」

梅咲「そうそう。アーキタイプ推しなのも、確かに制約が多いという面もありますが、マジックを始めたばかりの方にはデッキ構築のいい指針になると思うんですよ。リミテッドって何したらいいかわからないじゃないですか。最初は」

夏目「それでいて、昔からやってる人にも嬉しいセットだよね、『イクサラン』」

――おお、『基本セット2010』から『基本セット2013』までの《氷河の城砦》が1枚ずつ。

夏目「たまたま家にあったので持ってきました。他にも《強迫》、《稲妻の一撃》といい再録カードがありますよね」

――初心者の方にも、昔からのマジックプレイヤーにもおすすめのセットになりそうですね。『イクサラン』。

梅咲「ですね。これから構築のフォーマットがどうなっていくのかも楽しみです。PTQ(プロツアー予選)に期待!」

――本日はありがとうございました。


 3人とも「発売週末のグランプリは、大きなプレリリースみたいな雰囲気もあって楽しい」と笑顔で語ってくれた。

 『イクサラン』はまだ発売されたばかり。みなさんも、ぜひ開拓の旅に出てみてください!

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST