EVENT COVERAGE

グランプリ・神戸2015

観戦記事

第10回戦:プロたちの激突

By Masashi Koyama

 デッキテクを取材し(後ほど記事を掲載予定)、初日を全勝で終えた覚前輝也。その2日目最初のラウンドで対戦する相手が、殿堂プレイヤー中村修平だと聞いて、我々カバレージ班としては取材しない訳にはいかないだろう。


ゴールド・プロ覚前 vs 殿堂中村

 初日の朝から「もう帰りたいよー」とボヤいていた中村ではあるが、そんな言葉とは裏腹に、覚前と同様初日全勝で2日目に進出している。

 ビデオマッチでもあるため、追加の椅子の用意などの準備をしていると、なんとこれまたデックテクを取材した行弘賢(後ほど記事を掲載予定)とリー・シー・ティエン/Lee,See Tianが並んでテーブルに座っている。


リー・シー・ティエン vs 行弘賢

 まるでプロツアーと見まごうばかりの豪華なフィーチャーエリア。朝一番からなんとも贅沢なマッチングである。

覚前輝也 vs 中村修平

ゲーム1

 後手覚前が《鎌豹》スタート。2ターン目には《棲み家の防御者》を追加し、中村にプレッシャーをかけていく。

 中村は「やめてくださいよー」と苦笑いしながら《絹包み》で《鎌豹》、変異で出した2枚目の《棲み家の防御者》を除去し、覚前の構成を捌いていく。

 一方、覚前はクリーチャーが除去されたのであれば追加すればいいと言わんばかりに更なる《棲み家の防御者》を変異で追加し、攻撃時に《タイタンの力》を打ち込みダメージを詰めていく。

 中村が《ヴリンの神童、ジェイス》を召喚した返しに、変異の《棲み家の防御者》が《タイタンの力》を回収しながら《強大化》を打ち込むと中村は「死にました」と一言。

 まずは覚前が一本を先取する。

覚前 1-0 中村


覚前輝也
ゲーム2

 後手覚前がまたもや《鎌豹》スタート。一方の中村は《ヴリンの神童、ジェイス》から。

 この《ヴリンの神童、ジェイス》は生き残ることを許されるものの、覚前の攻勢はどんどん加速していく。

 覚前は《僧院の速槍》を連続で追加するとフルアタック。中村は《ヴリンの神童、ジェイス》で《僧院の速槍》の片割れをブロックするが、もう1体の《僧院の速槍》に《タイタンの力》が打ち込まれ、《ヴリンの神童、ジェイス》を失ったうえでライフが危険水域の10まで落ち込んでしまう。


中村修平

 中村が《龍王オジュタイ》を公開しながら《忌呪の発動》でライフを14に回復し、いったんは危機を逃れたかと思われた直後、勝負が一瞬で決まる。

 覚前は墓地を全て追放して《強大化》、《ティムールの激闘》で《僧院の速槍》に+6/+6と二段攻撃を付与。

 墓地とマナをピッタリ使いきって、殿堂プレイヤー相手に快勝を収めたのだった。

覚前 2-0 中村

覚前 Wins!

リー・シー・ティエン vs 行弘賢

ゲーム2

 行弘が1本を先取して、リーの先手でスタート。

 リーは《ヴリンの神童、ジェイス》《異端の癒し手、リリアナ》と並べ、行弘は《僧院の導師》を戦場に降り立たせる立ち上がり。

 リーが《強迫》で覗いた行弘の手札は、土地4枚に《強迫》《軽蔑的な一撃》《宝船の巡航》というもの。ここから《軽蔑的な一撃》を抜き去り、後への布石とする。

 《ナントゥーコの鞘虫》《ズーラポートの殺し屋》と並べ横に戦線を拡大しつつ、ジェイスを変身させ《異端の癒し手、リリアナ》でダメージを与えていく。


行弘賢

 行弘はリーが《束縛なきテレパス、ジェイス》の能力で《強迫》を「フラッシュバック」するのに対応して《ナントゥーコの鞘虫》を《究極の価格》で除去し、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》で紋章を得ると、《反抗する屍術師、リリアナ》をなんとか葬ることに成功する。

 だが、リーは《束縛なきテレパス、ジェイス》から墓地に落としていた《集合した中隊》を「フラッシュバック」。

 これが《不気味な腸卜師》《シディシの信者》を呼び出し、アドバンテージを取りながら《僧院の導師》のトークンを処理していく。

 そしてこの《不気味な腸卜師》が機能し始めると、ドローがドローを呼びリーのデッキが連鎖し始める。

 リーのもとに大量のクリーチャーが並び、この連鎖が止まらないと見た行弘、残り時間を見て投了。

リー 1-1 行弘

ゲーム3

 残り時間が10分を切っていることで両者のプレイスピードが加速していく。

 リーが《ヴリンの神童、ジェイス》《異端の癒し手、リリアナ》、行弘は《僧院の導師》と、お互いプレッシャーをかけていく。

 リーの《集合した中隊》は一度《払拭》に打ち消されるものの、2枚目をすぐさまプレイすると《不気味な腸卜師》と《シディシの信者》が飛び出す。


リー・シー・ティエン

 行弘は《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を使い捨ててまで《反抗する屍術師、リリアナ》を処理しにかかるが、リーは《ナントゥーコの鞘虫》《ズーラポートの殺し屋》と追加し盤面を制圧しにかかる。

 行弘は《黄金牙、タシグル》《ヴリンの神童、ジェイス》で戦線を維持しようとするが、やはり《不気味な腸卜師》がいる以上、リーのデッキは常に連鎖を生む。

 リーが次々とクリーチャーを呼び出し、《地下墓地の選別者》、複数枚の《ズーラポートの殺し屋》が並ぶのを見ると、行弘は仕方なしに土地を畳んだのだった。

リー 2-1 行弘

リー・シー・ティエン Wins!
  • この記事をシェアする