EVENT COVERAGE

グランプリ・神戸2015

観戦記事

第5回戦:丸山 哲(京都) vs. 渡辺 雄也(東京)

By Sugiki, Takafumi

 グランプリ開催地としてはもはやお馴染みとなった神戸国際会議場。その2階には2400人を超えるプレイヤーが集まり、ゴールド、プラチナ、殿堂プレイヤーも含めた全てのプレイヤーがテーブルに着いている。

 この第5回戦は、日本を代表するプラチナ・プロプレイヤーであるジェスカイ・ブラックの渡辺雄也(東京)と、マルドゥの丸山哲(京都)の一戦をお送りする。


丸山 哲(京都) vs. 渡辺 雄也(東京)
ゲーム1

 先手を取った渡辺、《汚染された三角州》から《窪み渓谷》をフェッチし、《》を出して《ヴリンの神童、ジェイス》をプレイする立ち上がり。対する丸山は《搭載歩行機械》をX=1でプレイする。

 渡辺は《ヴリンの神童、ジェイス》を起動し、手札の

 から《はじける破滅》をディスカード、そして《》をプレイし《強迫》で丸山の手札を確認する。

 丸山の手札は

 であり、そこから《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》をディスカードさせる。丸山はドローをし《血染めのぬかるみ》をプレイするのみでターンを終える。

 渡辺は、墓地が3枚、戦場に《溢れかえる岸辺》があり、《ヴリンの神童、ジェイス》を《束縛なきテレパス、ジェイス》にすることもしないこともできる。渡辺は熟考のうえ《溢れかえる岸辺》を先に起動し《ヴリンの神童、ジェイス》をこのターンに変身させることを試みる。

 しかし、丸山は《はじける破滅》をトップデッキしており、《ヴリンの神童、ジェイス》の起動に対応してプレイ。《ヴリンの神童、ジェイス》は墓地に送られることとなった。

 丸山は《乱脈な気孔》をプレイするのみでターンを終え、丸山の終了フェイズに渡辺は《時を越えた探索》で《ヴリンの神童、ジェイス》と《黄金牙、タシグル》を手札に加える。

 渡辺は《溢れかえる岸辺》から《》をフェッチし《龍王オジュタイ》をプレイ。対する丸山も初手から手札にあった《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》を戦場に。[+1]能力を使って手札の充実を図る。

 渡辺は《龍王オジュタイ》で《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》に攻撃し忠誠カウンターを1まで減らす。そして戦場に先ほど《時を越えた探索》で手札に加えた《ヴリンの神童、ジェイス》、《黄金牙、タシグル》を戦場に出し、盤面を緩めない。


渡辺 雄也

 丸山は、このままだと《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》が《龍王オジュタイ》に撃ち落とされることが見えているが、《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》と通常のドローにより充実していた手札からは《マルドゥの魔除け》が飛び出し、《龍王オジュタイ》を退ける。これでまだしばらくは《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》がカードアドバンテージを稼いでくれそうだ。

 《搭載歩行機械》をX=1で戦場に追加し、2ターン目に出してカウンター2個になっているもう1枚の《搭載歩行機械》とともに、渡辺の《黄金牙、タシグル》から《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》を守るための防御壁を高くする。

 渡辺は《影響力の行使》をX=2の《搭載歩行機械》にプレイし奪い取る。そして、《黄金牙、タシグル》で《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》を攻撃。しかし当然《搭載歩行機械》がブロックに入り、丸山の《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》を守る。

 渡辺は《束縛なきテレパス、ジェイス》の[-3]能力を使い《時を越えた探索》を「フラッシュバック」。《はじける破滅》とさらなる《時を越えた探索》が渡辺の手札に加わる。

 丸山は呼吸をするかのように、おなじみとなった《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》の[+1]を起動。これで都合3回起動できている。丸山は《ピア・ナラーとキラン・ナラー》を戦場に加えさらなる鉄壁を作りあげて、先ほど生まれていた飛行機械・トークンで攻撃。これで渡辺のライフは13となった。


丸山 哲

 渡辺は《黄金牙、タシグル》とX=2の《搭載歩行機械》で忠誠カウンター3個が置かれている《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》を攻撃。丸山は《黄金牙、タシグル》を《ピア・ナラーとキラン・ナラー》で生まれた飛行機械・トークンでブロック。

 これで《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》のカウンターは1個となり、渡辺がプレイしたのは《はじける破滅》。このゲームの一番のガンであった《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》を墓地送りにする。しかも《ピア・ナラーとキラン・ナラー》もついでに葬り去ることができ、かなり得した格好だ。

 しかし丸山は追加の《ピア・ナラーとキラン・ナラー》を戦場に出し、簡単にゲームを終わらせない。渡辺は丸山のターン終了フェイズに《黄金牙、タシグル》の能力を起動し丸山は《はじける破滅》を選択した。

 渡辺は今ほど手札に加えた《はじける破滅》をプレイ。《ピア・ナラーとキラン・ナラー》が墓地送りとなり丸山のライフは12。飛行機械トークンの前にはブロッカーとして役に立たない《黄金牙、タシグル》は攻撃に繰り出し、丸山は3体いる飛行機械のうち1体でのブロックを選択する。

 しかし、この丸山の選択は結果として裏目に。丸山がトップデッキしたのは《真面目な訪問者、ソリン》。プレイし[+1]能力を起動し、飛行機械・トークン1体のみで攻撃。これで渡辺のライフは8、丸山のライフは16となり、丸山がダメージレースで一気に優位に立つ。

 渡辺の《黄金牙、タシグル》と《搭載歩行機械》での《真面目な訪問者、ソリン》への攻撃に対して、丸山は《乱脈な気孔》を起動。《ヴリンの神童、ジェイス》の能力でパワーを失っている飛行機械とともに、《黄金牙、タシグル》、《搭載歩行機械》をそれぞれブロック。《真面目な訪問者、ソリン》をノーダメージで生き残らせ、丸山のライフはもう18とほぼ原点回帰。

 渡辺は自身の《搭載歩行機械》を《焙り焼き》して飛行機械として並べ、《束縛なきテレパス、ジェイス》で《時を越えた探索》を「フラッシュバック」。すると《龍王オジュタイ》とともに《龍王シルムガル》が手札に加わり、《龍王オジュタイ》は戦場に。

 丸山は渡辺の飛行機械・トークンの群れと《龍王オジュタイ》の前には痺れてしまい、このターンは《真面目な訪問者、ソリン》の能力で吸血鬼・トークンを戦場に出すのみでターンを返す。

 これで、渡辺に天秤が一気に傾く。《龍王シルムガル》で《真面目な訪問者、ソリン》を奪い取り、[+1]能力を起動。飛行機械・トークンの群れと《黄金牙、タシグル》、《龍王オジュタイ》が丸山に襲いかかり、《龍王オジュタイ》は《マルドゥの魔除け》で退けられるも、渡辺のライフは18、対する丸山のライフは13と逆転。

 渡辺の戦場には、《黄金牙、タシグル》、《真面目な訪問者、ソリン》、《龍王シルムガル》と対処すべきカードが山ほど。

 長い長い1戦目は、渡辺がこのまま押し切った。

丸山 0-1 渡辺

ゲーム2

 先手の丸山は《遊牧民の前哨地》、渡辺は《神秘の僧院》とそれぞれ『タルキール覇王譚』の3色土地をプレイするという立ち上がり。丸山は渡辺の《ヴリンの神童、ジェイス》を除去できず、《ピア・ナラーとキラン・ナラー》も《意思の激突》でカウンターされてしまう。

 さらには渡辺の《ヴリンの神童、ジェイス》が《束縛なきテレパス、ジェイス》へと変身し、さらには《時を越えた探索》をプレイし《はじける破滅》、《否認》を手札に加えるとやりたい放題。

 対する丸山は《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》でカードアドバンテージを得る体勢を整えようとするが、対する渡辺も手札の《否認》にバックアップされた《龍王オジュタイ》で牽制する。

 丸山は《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》でカードを1枚引いた後、《強迫》で渡辺の手札を確認。

 という手札から当然《否認》を捨てさせる。《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》への攻撃を許さない構えだ。

 ターンの帰ってきた渡辺は熟慮の後《否認》に「フラッシュバック」をつけた後に《龍王オジュタイ》で《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》を攻撃し《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》のカウンターは2個に。そして、丸山のアップキープ・ステップに《はじける破滅》をプレイし《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》の除去に成功する。

 このまま《束縛なきテレパス、ジェイス》で戦場をコントロールしきれれば良かったのだが、丸山の手札からは《龍語りのサルカン》が飛び出し、《束縛なきテレパス、ジェイス》を墓地送りに。これには渡辺も驚いた様子だ。

 渡辺は気を取り直して《時を越えた探索》。《オジュタイの命令》と《強迫》を手札に加える。そして次のターンにトップデッキしたのが《カマキリの乗り手》。丸山の《龍語りのサルカン》を対処できる可能性のある値千金の一枚だ。

 丸山は《龍語りのサルカン》で攻撃した後、《精神背信》。渡辺は少考の後《オジュタイの命令》で《ヴリンの神童、ジェイス》を戦場に戻しカードを1枚引く。公開された手札は、

 となっており、当然《はじける破滅》が選ばれる。さらに《カマキリの乗り手》は《マルドゥの魔除け》で排除し、《龍語りのサルカン》の安全を保つ。

 渡辺が次にトップデッキしたのは《乱撃斬》。まずは《強迫》2枚で丸山の手札を確認。

 から《荒野の確保》と《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を捨てさせる。そして《乱撃斬》をプレイした後、《束縛なきテレパス、ジェイス》で《乱撃斬》を「フラッシュバック」して懸案の《龍語りのサルカン》の除去にも成功する。

 あとは、《マルドゥの魔除け》から出てくるトークンへの解答を用意できればというところであったが何も引くことができず、丸山がゲームを取り返した。

 ここで時間終了。このマッチは引き分けとなった。

丸山 1-1 渡辺

  • この記事をシェアする