EVENT COVERAGE

グランプリ・神戸2015

観戦記事

第3回戦:平井 翔太(鳥取) vs. 和田 寛也(東京)

By 宮川 貴浩

 不戦勝が明け、強豪たちが姿を現し始める3回戦。最近のプロツアーにも連続出場しているシルバープロ、和田が登場した。使用デッキは、現環境で最強と言われ、使い慣れてもいるアブザンだ。

 対する平井は、今回が人生で初のグランプリ参加だというプレイヤー。先手アブザンのブン回りにもそれ以上のブン回りで対抗できるから、という理由で、デッキは白黒戦士を選択した。

 和田が貫録を見せつけるのか、はたまた平井がジャイアントキリングを成し遂げるのか。

r3_hirai_wada.jpg
ガッチリと握手を交わし、勝負に臨む両者
ゲーム1

 先手の和田は、《始まりの木の管理人》を戦場に送り出し、2ターン目には3/3で攻撃し始める順調な滑り出し。

 一方、後手1マリガンの平井は、《乱脈な気孔》タップインから《マルドゥの悲哀狩り》でこれに応じる。

 《先頭に立つもの、アナフェンザ》を戦場に追加し、アブザンの黄金パターンにもちこむ和田に対し、平井はアクションなしでターンを返す。その理由は相手のターンに《残忍な切断》を《先頭に立つもの、アナフェンザ》に撃ったことで明らかになるが、これは和田の《頑固な否認》に打ち消された。

 和田は土地が3枚で止まってしまうが、先手の利を生かし、2体目の《始まりの木の管理人》、変異での《棲み家の防御者》と攻撃の手を緩めない。

 こうなっては守勢に回らざるを得ない平井は、《荒野の確保》をX=3で唱え、更に《刃の隊長》、《血顎の憤怒鬼》で延命を図るが、これらは攻めている時に強いカード。墓地にクリーチャーがいない今の状況では、《マルドゥの悲哀狩り》のライフゲインもできない。

 こうして、サイズに勝る和田のクリーチャーたちが、そのまま平井のライフを削り取ることとなった。

r3_wada.jpg
シルバープロの和田は、グランプリ王者のタイトルを手にすることができるだろうか

平井 0-1 和田

ゲーム2

 待望の先手をとった平井は、1ターン目にクリーチャーを送り出すことこそできないものの、《血顎の憤怒鬼》、《刃の隊長》と展開は悪くない。

 和田はファーストアクションが2ターン目の《始まりの木の管理人》とやや遅れ、《血顎の憤怒鬼》を《絹包み》するが、《血に染まりし勇者》、《戦いの喧嘩屋》と、尽きることのない平井の戦力を捌ききれない。

 やむなく《棲み家の防御者》で相打ちをとろうとする和田だが、平井の《勇敢な姿勢》がそれを阻止し、なんとか《残忍な切断》からつなげた《先頭に立つもの、アナフェンザ》に《残忍な切断》を撃ち返されると、和田はカードを片付けた。

r3_hirai.jpg
初めてのグランプリとは思えない落ち着いたプレイングを見せる平井

平井 1-1 和田

ゲーム3

 和田はまたも《始まりの木の管理人》、《先頭に立つもの、アナフェンザ》と最高のスタートを切るが、これは平井が《絹包み》、《勇敢な姿勢》と丁寧に除去して、イージーウィンを許さない。

 再び土地が止まってしまった和田が《棲み家の防御者》で《吹きさらしの荒野》を回収している間に、平井は《血顎の憤怒鬼》、《アラシンの先頭に立つ者》で盤面を築いていく。

 和田は危険極まりない《アラシンの先頭に立つ者》を《絹包み》で除去するが、戦場に追加できるのは《始まりの木の管理人》のみ。

 ここを勝機と見た平井は、手札を使い切り《刃の隊長》、《血顎の憤怒鬼》と一気に展開する。これにて勝負ありかと思われたが、和田の戦場に駆けつけたのは――《放浪する森林》!

 《血顎の憤怒鬼》の威迫こそあれ、その存在感に平井の戦士たちは圧倒される。しかし、平井も負けてはいなかった。返しのターンでドローしたのは、これまでも幾度となく活躍を見せていたこのカード。

 《勇敢な姿勢》で《放浪する森林》をどかし、平井がクリーチャー化した《乱脈な気孔》とともに戦士たちを全軍突撃させると、和田の戦場に残ったのは《始まりの木の管理人》ただ1体。更には次のターンで平井がダメ押しの《アラシンの先頭に立つ者》をドローすると、和田にはもうどうすることもできなかった。

平井 2-1 和田

 こうして、マッチは平井が金星を挙げることとなった。マッチを通じて《包囲サイ》、《アブザンの魔除け》、《ドロモカの命令》といったアブザンの顔とも言えるカードたちをキャストできなかった和田に対し、平井は、本人もアブザンにとても有効と語る《勇敢な姿勢》を効果的に使っていたのが印象的だ。

 和田がここから踏みとどまれるのか。平井の快進撃がどこまで続くのか。どちらも目が離せない。

  • この記事をシェアする