EVENT COVERAGE

グランプリ・北京2018

観戦記事

準々決勝:松本 友樹(神奈川) vs. 片川 創太(神奈川)

小山 和志
qf_matsumoto_katakawa.jpg
松本友樹(写真左) vs. 片川創太(写真右)

 909人が参加したグランプリ・北京2018も残すところ3試合。決勝ラウンドを経て王者が誕生する。

 限られたプレイヤーしか立つことが許されないこの舞台に、片川創太は初めて立っていた。

 さぞかし緊張していることだろう……と思いきや、試合前からシルバーレベル・プロの松本友樹と談笑している。

 いや、緊張しているのかもしれないが、少なくとも彼の立ち居振る舞いからはそれを感じさせない、この舞台を心から楽しもうという姿勢が見て取れた。

 一方、プロ・ポイントの獲得により来期のシルバーレベルと次なるプロツアー『ドミナリア』参加権利を獲得した松本友樹も、目標を達成したこともあってかリラックスした表情だ。

 グランプリ決勝ラウンドとは思えないほどに和気藹々とゲームが開始された。

ゲーム1

 片川の《通電式召使い》から3ターン目をパスしあう立ち上がり。4ターン目に片川は《サリッドの予言者》、松本は《巨大戦車》とともに展開し合うが、片川はこれを《一瞬》で手札に戻しテンポを取りつつ一歩先んじる。

 一方、ナヤカラーの土地を揃えた松本は《巨大戦車》を再度召喚してゴー。片川は航空戦力である《ウィンドグレイスの見習い》のプレイに費やし、いったんは攻撃の手を休めて次のターンからクロックを刻む……と行きたいところだったが、松本は《マンモスグモ》でしっかりこれをせき止める。

 ならば《マンモスグモ》を乗り越えられる戦力をと、片川は《大嵐のジン》を出してターンを終了。

 松本は《》を置き《巨大戦車》と《ウィンドグレイスの見習い》を相討ちとすると、《始源のワーム》をプレイしサイズで片川を押しつぶそうとする。

 ダメージレースで大きく先行する片川は5/4となった《大嵐のジン》で攻撃。さらに《カリゴの皮魔女》でアドバンテージを取り、押し切りたい構えだ。

 松本が簡単にそれを許すはずもなく、《始源のワーム》から懸念だった《大嵐のジン》を《古えの憎しみ》で除去し、天秤は徐々に松本に傾き始める。

 
松本 友樹

 片川は《死花のサリッド》を防波堤として用意し時間を稼ぎつつ、《サリッドの予言者》で巨大なワームへの解答策を探しにはいる。

 そして、《雲読みスフィンクス》で飛行クロックを再び作り出すと、《マンモスグモ》がいるにも関わらず攻撃。やはりブロックされたところで《ベルゼンロックの祝福》を打ち込むのだが……松本からは《ギデオンの叱責》が!

 これで貴重な飛行クロックを失った片川は、ふたたび《サリッドの予言者》で《死花のサリッド》を生け贄に捧げ解答を模索しに行く。2体目の《死花のサリッド》も引き込み、耐えしのぐリソースは十分にあり、さらに2体目の《ウィンドグレイスの見習い》で航空戦力も準備万端……

 ……と思われたが、ここまでのロングゲームを経て松本の手札も充実していた。片川はたどり着いた除去である《喪心》で《マンモスグモ》を対象に取るのだが、松本はこれに対応し《古えの憎しみ》で《ウィンドグレイスの見習い》を除去し、状況は変わらず。

 ならばと片川は2体目の《雲読みスフィンクス》だが、これも松本の《獣血蝋燭》で処理されてしまう。

 度重なる《サリッドの予言者》と間に挟んでいた《闇の取り引き》によるドローでライブラリーが数枚となっていた片川。

 松本の《艦の整備士、ティアナ》を見ると「詰みですね」とサイドボードに手を伸ばした。

松本 1-0 片川

ゲーム2

 後手の松本が《ラノワールのエルフ》から《這い回る偵察機》と順調にマナベースを整えていく。

 一方、先手だがマリガンスタートの片川は4ターン目に《死花のサリッド》といういささかチグハグなもの。

 松本は《ウルザの秘本》から《マンモスグモ》と順調に展開。

 この《マンモスグモ》は《喪心》されるものの、《荒々しいカヴー》をキッカー込みで唱え毎ターン脅威を押し付けていく。

 片川は《一瞬》で一度《荒々しいカヴー》を手札に戻し、《ラノワールのエルフ》を《菌類感染》で除去するが、《荒々しいカヴー》のトランプルの前に苗木・トークンはほぼブロッカーとしての意味をなしていない。

 松本が《艦の整備士、ティアナ》で航空戦力を用意したところで、片川はキッカー込みの《要塞の聴罪司祭》と《残忍な異形》で地上のせき止めには成功する。

 
片川 創太

 松本は《荒々しいカヴー》と《残忍な異形》の交換は素直に受け入れるが、序盤に整えていたマナベースから飛行クロックである《永遠の大魔道師、ジョダー》を召喚。1ゲーム目とは反対に飛行で片川を攻め立てる。

 さらにこのゲームではほとんどドロー呪文を引けていない片川と対照的に、《ウルザの秘本》で手札を整える松本は2体目の《残忍な異形》も《獣血蝋燭》で除去し、《永遠の大魔道師、ジョダー》でダメージを与える。

 その後すぐに《永遠の大魔道師、ジョダー》は《氷結》されてしまうが、今度は《艦の整備士、ティアナ》が攻撃に回り順調に片川のライフを削っていく。

 片川はなんとか《雲読みスフィンクス》でブロッカーを立てるのだが、これが《艦の整備士、ティアナ》を強化しつつの《古えの憎しみ》で葬り去られると、残されたターンはわずか2ターンとなってしまう。

 片川は《サリッドの予言者》と《死花のサリッド》で松本のライフを残り少しまで削るのだが、最後は爽やかに握手を求めた。

松本 2-0 片川
松本 友樹が準決勝進出!

 片川と松本のプレイは見ていて本当に気持ちのよいものだった。丁寧でハッキリした宣言。それでも少しの齟齬が発生した際には相手を思いやり譲り合う姿勢。全ての言動に互いのリスペクトが感じられる爽やかな試合だったことを最後に付記しておきたい。

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST