EVENT COVERAGE

グランプリ・北京2018

戦略記事

1stドラフト:行弘 賢と玉田 遼一のピックを追う!

伊藤 敦

 グランプリは2日目に突入し、いよいよ『ドミナリア』のブースター3パックをそれぞれ使用したドラフトラウンドに突入。

 そして1stドラフトの1番ポッド、暫定順位1~8位が同卓する最上位テーブルは、行弘 賢、八十岡 翔太、玉田 遼一、諸藤 拓馬、井上 徹と、なんと5人もの日本人プレイヤーがひしめく超激戦区となっていた。

draft1_pod1.jpg

 ここではそんな1番ポッドから、上家下家で並んだ行弘と玉田のピックを追っていこう。

行弘 賢:1パック目

draft1_yukuhiro.jpg

 初手、カードパワーでは《逃亡者、梅澤哲子》を選びそうなところで迷わず《ヤヴィマヤの苗飼い》を選んだ行弘。そのまま3手目まではイージーピックが続き、このまま緑のカードを抑え続けられれば緑の卓人数を制御できるかといったところだったが、4手目、5手目と緑の流れが怪しく、上家方向には緑が混んでいそうな気配。そこで飛び込んできた6手目、《ヤヴィマヤの苗飼い》と《血石のゴブリン》との2択で思いきって後者をピックし、緑軸から赤軸への切り替えを目論む。

行弘 賢:2パック目

 だが2パック目は運悪くいきなり向かい風。《セラからの翼》《呪われし者、アルヴァード》と白が噴く中で、赤緑の行弘は《血石のゴブリン》しかピックできるカードがない。ここで白に切り込む目もあったが、しかし赤軸を堅守したい行弘は雌伏の時とばかりにすべてを上家に流していく。だが、下家の玉田が赤と緑をやっているはずはないのだが、赤と緑の出が悪いのかコモンばかりのピックで2パック目を終えることになる。

行弘 賢:3パック目

 3パック目の初手も《ランプのジン、ザヒード》を流しながらの《猛り狂い》と厳しい。このままでは1勝も危うい……というところで、赤軸から退かなかった我慢がついに実った。《シヴの火》2枚、さらに《ゴブリンの鎖回し》とピックし、ようやくレアリティが少し上向く。そして極めつけは8手目。「あと1枚《血石のゴブリン》流れてこい!」と祈った行弘が巡り合ったのは実際に《血石のゴブリン》で腰を浮かしかけるが、さらにその後ろには赤緑キッカーにおける超強力レジェンド、炎矢師、ハラー》!

行弘「初手は悩みましたが、実はこの環境は2つのことを決めて来ていて、一つは『白は絶対にやらない』ということと、二つ目は『赤緑/黒緑/青赤のどれかをやる』ということ。なので、赤から入って赤緑/青赤の2択か、緑から入って赤緑/黒緑の2択が理想で、青から入るのは後が狭くなるのと、《逃亡者、梅澤哲子》自体カードはすごく強いんですが反面ピックが難しくなるカードということもあって、《ヤヴィマヤの苗飼い》をピックしました」

行弘「結果として途中まで苦しいドラフトでしたが、3パック目でどうにかデッキになりましたね。最後の《炎矢師、ハラー》のところは『別々に来いよ!』と言いたくなりましたが……あと2~3枚カードが足りないので、デッキの点数的には70点くらい。ここで2勝できると一気に楽になるので、まずは2勝を目指したいです」

行弘 賢
グランプリ・北京2018 1stドラフト / 『ドミナリア』ブースタードラフト (2018年5月6日)[MO]
9 《
7 《
-土地(16)-

1 《ギトゥの溶岩走り
2 《血石のゴブリン
3 《ケルドの軍監
2 《ヤヴィマヤの苗飼い
1 《ゴブリンの鎖回し
1 《炎矢師、ハラー
1 《ラノワールの特使
1 《暴れ回るサイクロプス
1 《双頭巨人
1 《孤独な王、グラン
-クリーチャー(14)-
2 《シヴの火
2 《大将軍の憤怒
1 《冒険の衝動
2 《猛り狂い
1 《古えの憎しみ
1 《成長の資質
1 《焦熱の介入
-呪文(10)-
 

 では次に、「苦しかった」と語る行弘の下家で玉田は一体どんなピックをしていたのか。

玉田 遼一:1パック目

draft1_tamada.jpg

 まさかの黒単。初手こそ《荒々しいカヴー》で緑を志向するも、行弘からのカードの流れが黒と青に寄っていると見るや素早く黒軸へと切り替え。7手目まで《戦慄の影》が流れてくる幸運もあれど、《ネズミの群棲》の一周を読みきって手順を得するセンスはさすがゴールドレベル・プロと言うべきだろう。

玉田 遼一:2パック目

 さらに玉田の快進撃は続く。2パック目の初手、自ら開封したレアはリッチの騎士、ジョス・ヴェス》! いつもは時間いっぱいまでピックの選択肢を検討する玉田も、さすがにこのときばかりは気持ち多めに時間を残してピック。続く2手目は《喪心》《戦慄の影》との2択だが、ここまでで黒が安い卓状況が読めている玉田は《戦慄の影》の一周を確信して《喪心》を選択する。当然10手目に一周した《戦慄の影》を迎え入れ、万全の体制で3パック目を迎える。

玉田 遼一:3パック目

 3パック目も黒の流れは止まらない。《ランプのジン、ザヒード》は使用可能性も考えつつカット気味にピックするが、3手目に《悪意の騎士》、5手目に《臓腑抜き》で、質の良いカードがどんどんと流れてくる。そしてもう一つ、玉田にとって幸運なことがあった。3パック目の8パックからも《ネズミの群棲》が2枚出現し、しかも最後の1枚はラストから2手目で回収できたのだ!

玉田「デッキ、めっちゃ強いで! めっっっっちゃ、強いで!(なぜか2回言う」

 プロツアーでは初日敗退が多いものの、その代わりグランプリでは滅法強い玉田。『ドミナリア』ドラフトの常識を覆すまさかの黒単で、激戦区の1番ポッドを3-0通過なるか。

玉田 遼一
グランプリ・北京2018 1stドラフト / 『ドミナリア』ブースタードラフト (2018年5月6日)[MO]
16 《
-土地(16)-

1 《要塞の聴罪司祭
5 《ネズミの群棲
1 《悪意の騎士
3 《死花のサリッド
2 《戦慄の影
1 《吠えたけるゴーレム
1 《リッチの騎士、ジョス・ヴェス
-クリーチャー(14)-
3 《菌類感染
1 《喪心
2 《意趣返し
1 《闇の取り引き
1 《臓腑抜き
1 《小剣
1 《馬上槍
-呪文(10)-
  • この記事をシェアする