EVENT COVERAGE

グランプリ・北京2018

観戦記事

第10回戦:玉田 遼一(大阪) vs. 諸藤 拓馬(福岡)

小山 和志
玉田 遼一(写真左) vs. 諸藤 拓馬(写真右)

 2日目1stドラフトでは、なんと5名の日本人が同卓することとなった。

 行弘賢、八十岡翔太、井上徹、玉田遼一、諸藤拓馬。

 いずれもゴールドレベル以上のトップ・プロであり、彼らの実力を考えると上位卓の顔ぶれとしては何ら違和感は無いのだが……必然、最低1卓は日本勢の潰し合いが発生してしまうのだ。

 その日本勢対決となったのがともにゴールドレベル・プロである玉田遼一と諸藤拓馬の一戦だ。

 フィーチャーマッチがコールされるといつもの陽気な声で諸藤が声をかけてきた。

諸藤「負けましたよ~。当たっちゃいけない相手に当たったな~」

 その声の先にいたのは1stドラフトで彼の上家にいた玉田遼一だ。白赤のビートダウンデッキとなった諸藤にとっては不本意なドラフトとなってしまったようで、対戦相手の玉田は後ほど戦略記事にてご紹介するがほぼ黒単色の強力なデッキを組み上げているのだ。

 《新ベナリアの騎士》や《エイスサーの滑空機》といったタフネス1を多く擁するデッキの諸藤に対し、玉田は複数枚の《菌類感染》や《死花のサリッド》といったカードをピックしているのだ。

 その玉田は余裕綽々といった様子でひとりごちる。

玉田「いやー、マジックは事故があるからわからんで~」

まるでカジュアルなイベントのような雰囲気で2日目緒戦は幕を開けた。

ゲーム1

諸藤「男ならキープ」

玉田「行きましょ」

 互いに7枚をキープし、玉田のキッカー無しでの《要塞の聴罪司祭》から《ネズミの群棲》といスタートに対し、諸藤は《メサ・ユニコーン》《ギトゥの修士魔道士》でがっぷり四つの構えを見せる……

……が、その均衡はすぐに崩れることとなる。玉田が3マナをタップすると諸藤がおもむろに尋ねる。

諸藤「シェイド(《戦慄の影》)?」

 玉田は「せやで」と応じるとその通り《戦慄の影》をプレイする。ほぼ黒単色の玉田のデッキでは、わずか3マナながら無尽蔵にサイズアップする強力なフィニッシャーだ。

 他方、いきなり巨大な怪物を突きつけられた諸藤は2体目の《ネズミの群棲》こそ戦闘時に《白熱の一撃》で討ち取るが、《ベナリアの儀仗兵》を追加すると玉田に語りかける。

諸藤「デッキ弱くてごめんね。ドキドキしてきただろ?」

 諸藤はさらなる後続を追加できずターンを返すのみ。玉田は《闇の取り引き》で手札をさらに拡充し、《死花のサリッド》を召喚する。

 諸藤は《スキジック》をキッカー込みで唱え、フルアタックでダメージを通そうとするが、《ベナリアの軍司令》が《菌類感染》のマイナス修整と苗木・トークンのブロックで処理され5点のダメージを通すに止める。

 玉田は数ターンに渡り土地が4枚で止まってしまっているが諸藤は息も絶え絶えだ。玉田が《戦慄の影》の打点を悩んでいると、なんと諸藤は唯一の手札《平地》を見せながら、

諸藤「勝てないよ~!」

 とグランプリの2日目とは思えないほどニコニコしながら玉田へ声をかけると、玉田もまたニコニコしながら応じる。

玉田「うーん、どうやっても勝ってるなあ」

 と彼が2体目の《戦慄の影》をプレイしたところで、諸藤は盤面を片付けたのだった。

玉田 1-0 諸藤
 
玉田 遼一

ゲーム2

 諸藤の《ベナリアの儀仗兵》と玉田の《ネズミの群棲》というスタート。

 この序盤の攻防を諸藤は《突撃》で一方的に討ち取るが、《新ベナリアの騎士》に対し、玉田からは《死花のサリッド》という諸藤のデッキにとって相性最悪のカードが登場してしまう。

 諸藤が追加できるのは2体目の《新ベナリアの騎士》。苗木・トークンでで対応されてしまう状況となり、玉田は「何しても勝ってしまうわー」と軽口を叩く。

 一矢報いたい諸藤は追加した《ケルドの戦呼び》と《新ベナリアの騎士》で攻撃。玉田が2枚目の《突撃》をケアし、苗木・トークンで《ケルドの戦呼び》をブロックしたところで《猛り狂い》で大きくダメージを稼ぐと、玉田のライフは11点まで減少する。

玉田「思ってたよりライフ減ってきたなあ」

 畳み掛けたい諸藤はさらにキッカー無しの《スキジック》でダメージを重ね《セラの天使》を降り立たせ短期での決着を志向するのだが……できたのはここまでだった。

 
諸藤 拓馬

 玉田は《セラの天使》を《意趣返し》でいとも簡単に葬ると、フィニッシャーである《戦慄の影》を唱え、続くターンからは攻勢へと転じる。

 諸藤は《エイスサーの滑空機》と《血石のゴブリン》を召喚するが、《菌類感染》で処理されながらブロッカーを増員されてしまうと、《戦慄の影》に飲み込まれてしまったのだった。

マッチを通じて巨大な影が諸藤を圧倒した
玉田 2-0 諸藤
  • この記事をシェアする