EVENT COVERAGE

グランプリ・北京2015

トピック

ワールド・マジック・カップ2015中国代表キャプテンにクイック・インタビュー

by Masashi Koyama

 グランプリ・神戸2014グランプリ・静岡2015と日本のグランプリに連続でトップ8入賞を果たし、その実力を知らしめた孫 博/Sun, Bo選手。年末に開催されるワールド・マジック・カップ2015では、中国代表のキャプテンとして大舞台に挑むこととなります。

 そんな孫選手は日本にグランプリを含め年に6~7回も来日するほど日本のことがお好きだとのことです。そこで、北京のマジック事情や日本のマジックはどう見えているのかについて聞いてみました。

sun.jpg

――北京のマジック事情はどのようなものでしょうか?

 北京でマジックはとても盛んです。といっても東京ほどではありませんが(笑)。
 市内には40ほども店があり、多くのプレイヤーたちがマジックを楽しんでいます。私の店でもフライデー・ナイト・マジックには毎週大体15~20人ほどのお客さんが集まってくれます。
 競技マジックよりも、どちらかと言えば統率者戦が人気で、カジュアルにマジックを遊ぶ人が非常に多いです。

――中国と日本のマジック面での違いはありますか?

 まず、日本のマジック・プレイヤーは平均して非常にプレイスキルが高いですね。グランプリでは特にそう感じます。
 また、世界でも有数のプロ・プレイヤーがたくさんいるのが日本の特徴だと思います。特に津村健志選手はとてもフェアなプレイヤーとして、非常に尊敬を集めています。今後中国にも彼らのようなプレイヤーが出てきてくれればいいのですが......。かつて、世界選手権を中国が制した時(2009年)のようなスター選手が今はいないのが寂しい限りです。
 今回グランプリ・北京に参加している日本のチームは強豪ばかりで、勝ち抜くのは難しそうです。

――ワールド・マジック・カップに向けて目標を聞かせてください

 まず、中国チームは今まで2日目に進出したことがないので、1日目を突破したいですね。個人的には気に入っているチームですので、ぜひ2日目に行きたいです。
 そして、2日目はチャンスがあればトップ8、トップ4を狙って行きたいです。

――ありがとうございました。


 インタビューを通して孫選手は非常に謙虚にお話しいただき、日本のプレイヤーに対するリスペクトを感じました。

 そんな謙虚な孫選手はグランプリ・北京2015でもしっかりと2日目進出を決め、チームメイトとともに奮闘しています。

teamsun.jpg

 ワールド・マジック・カップ2015での中国代表のプレイに注目です!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST