EVENT COVERAGE

グランプリ・北京2015

観戦記事

第5回戦:チーム 石村/井川/瀧村 vs. チーム 田島/篠田/川口

By Masashi Koyama

 数多のチームの中からデッキ構築の様子をご紹介した、プロツアー王者瀧村を擁する石村/井川/瀧村 チームと、グランプリ・静岡2015王者、篠田滉人を擁する日本チーム同士による対決が実現した。

 両チームともここまで全勝と好調な滑り出しで、このまま初日突破に向けて歩みを進めたいところだ。

r5_teamikawa_shinoda.jpg
瀧村-川口 ゲーム1

 瀧村がまずは《泥這い》、《捕らわれの宿主》、《威圧ドローン》とビートダウンの構えを見せる。

 川口は《コーの懲罰者》でひとまずブロッカーを用意し、さらに《グリフィンの急使》、《幽霊の歩哨》で地上を止めるが、瀧村は《精神を掻き寄せるもの》から《骨の粉砕》で《幽霊の歩哨》を除去すると、さらに《陰惨な殺戮》で全てのクリーチャーを除去し、一気に川口を寄り切りにかかる。

 川口は《空中生成エルドラージ》を展開し、《停滞の罠》で瀧村が追加した《不死のビヒモス》を止めるが、瀧村の軍団全てを止めることは叶わなかった。

瀧村 1-0 川口

 ここで井川と石村がそれぞれ一本目を落としたと、瀧村にとっては厳しい報告が入る。

瀧村-川口 ゲーム2

 川口の《コーの懲罰者》、《フェリダーの仔》に対し、瀧村が《捕らわれの宿主》、《膨れ鞘》、《腐敗のシャンブラー》を並べていくがっぷり四つの展開。

 さらに先ほどのように《血統の観察者》、覚醒での《ぬかるみの敵意》と攻め立て、《湧き上がる瘴気》で川口のクリーチャーを一掃し、巨大化した《腐敗のシャンブラー》と《血統の観察者》でゲームを決めにかかる。

 何とか踏ん張りたい川口だが、大きく育った《腐敗のシャンブラー》と物量差の前に押し切られる形となった。

瀧村 2-0 川口

r5_teamikawa.jpg

 他のテーブルでは井川が篠田の《血統の解体者》の前に屈し、このマッチの勝敗は石村-田島の最終戦に委ねられることとなった。

チーム石村/井川/瀧村 1-1 チーム田島/篠田/川口


 全員が集結するとどちらともなくお互いにポツリ、「日本人同士の対決だと助言がしにくいですね」。ともに苦笑いだ。

 そしてこのマッチ最後の試合が幕を開けた。

r5_teamshinoda.jpg
石村-田島 ゲーム3

 お互いに7枚キープで始まったこのゲーム。最初に動いたのは田島、《不快な集合体》、《エムラクールの名残》でスタート。それに石村は《影の滑空者》、《オンドゥの勇者》で返す。だがこの《オンドゥの勇者》が《霞の徘徊者》で手札に戻され、一挙7点のダメージを受ける。

 このまま押し切りたい田島だが、返すターンに石村が唱えたのは《次元の激高》! これで全てのクリーチャーを失った田島だが、《不快な集合体》《水底の潜入者》と繰り出し、なんとか攻勢を続けようとする。

 しかし、《次元の激高》後の展開は石村に分があった。石村は再展開した《オンドゥの勇者》でダメージを与え続け、さらに2体目の《オンドゥの勇者》を追加。《エムラクールの名残》まで追加して、一気にダメージレースを逆転する。

 ライフが5まで減少してしまった田島は石村のアタックに対応して《敵対》を唱えて盤面の一掃を目論むが、石村は冷静に《二人戦術》から、《敵対》の対象となった自らのクリーチャーに《大物潰し》を打ち込み、チームに勝利をもたらしたのだった。

チーム 石村/井川/瀧村 2-1 チーム 田島/篠田/川口

チーム 石村/井川/瀧村 Win!
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST