READING

読み物

翻訳記事その他

悪夢の才能

Adam Styborski
authorpic_adamstyborski.jpg

2019年8月8日

 

 墓地は統率者戦において素晴らしいものだ。あなたが選択した伝説のクリーチャーが統率者領域に鎮座する一方で、戦場に出したほかのクリーチャーは攻撃し、ブロックし、そして死んでいく。マジックではいつもの光景だ。そして、それらのクリーチャーの2枚目や3枚目や4枚目を引いて再びプレイできるスタンダードやモダンとは違い、統率者戦では同じカードは1枚しか入れられない。

 それゆえに、墓地からクリーチャーを戻せる手段はとてもよく用いられる。

 あなたの「最高の」クリーチャーが何もせず墓地でたたずんでいるなら、それを戦場に戻す手段を用意したいのも当然の話だ。最強のクリーチャーを再び戦わせることで最高の働きを見せる統率者すら存在する。

 当然ながら、クリーチャーを戦場に戻すいくつかの方法には、より大きなリスクが伴う。クリーチャーを戦場に戻す効果が効率的であったり、簡単に繰り返せるようなら、一般的にはそのマイナス面も大きくなっていく。いくつかの効果は自分のターンが終われば終了するし、戦場に一時的に出すだけの効果もある。それから、《狂気を操る者チェイナー》のようなものも存在する。

 チェイナーは『トーメント』のカードで、まさに彼が巻き散らすものはその責め苦/Tormentだ。黒単色の統率者デッキならば{B}{B}{B}の支払いは容易であり、その後に起こすことを考えれば3点のライフは大したものでもない。そして誰かの墓地からクリーチャーを選べるため、自分がデッキに入れたカードと他人がデッキに入れた最高のカードの両方を最大限に活用できるわけだ。

 ただ、チェイナーを倒されてしまうと、それらすべてを失ってしまうというちょっとした問題には対処しておく必要がある。

 たとえ遅くとも、戻したものを失う効果に比べれば戻したクリーチャーを残せる効果のほうがより好まれているようだ。《掘葬の儀式》は、マナもかかるし他と比べれば遅いとはいえ、2体のクリーチャーを確実に戻せる。《再活性》は誰の墓地からでもクリーチャーを取り出せる上、ずっと戦場に残るようにしてくれるものの、より大きな(より良い)クリーチャーを戻すためにはさらに多いライフの支払いが求められがちだ。

 今、チェイナーは彼が学んだことを示す機会を得た。《悪夢の達人、チェイナー》との対面だ。

jp_DT8OAByusA.png

悪夢の中のマッドネス

 《悪夢の達人、チェイナー》はリアニメイト効果の手堅い組み合わせを提供してくれる。自分の墓地に限定されてはいるものの、その効果は永続的で、戻したクリーチャーに速攻をも持たせる。攻撃に参加させるにせよ(《悲哀の化身》のような)タップを含む起動型能力を使うにせよ、すぐにそのクリーチャーを利用できることを保証してくれるのは素晴らしい。

 しかしチェイナーの能力を使うためのコストは安くなく、カードを1枚捨てる必要がある。対戦相手が2人、3人、それ以上いるとき、カードを余計に失うのは痛手だ。しかしあらかじめ、それを踏まえた計画を立てておけば問題にはならないだろう。『統率者(2019年版)』で登場する新たな――《悪夢の達人、チェイナー》の入った――黒赤デッキのメインテーマはマッドネスだ。

jp_uHZDSVjRPN.png

 マッドネスは、呪文を唱えるための代替コストを持っていて、それはあなたが手札を捨てるときに機能する。マッドネスを持つカードを捨てたとき、それは墓地に置かれる代わりに追放領域に置かれ、マッドネス・コストを支払うと唱えることができる能力が誘発する。何かしらカードを捨てたいときにマッドネス・カードがあれば、すこぶる便利だ。

 大型クリーチャーを見かけることの多い統率者戦のようなフォーマットにおいては、そういったものを除去できる《大物狙い》のような呪文は常に手札に残しておきたい。《大物狙い》は単体では1/1がついてくる《殺害》程度のものではあるが、これをチェイナーで捨てればたった黒マナ1つで使えるわけで、期待以上の出来と言えよう。今回の新デッキに使えそうなマッドネス呪文はいくつもある。

 そのうえ《愚者の知恵の呪い》のような、新しいものもあるのだ。

jp_sX3n6wijLn.png

 マッドネスといえばクリーチャーやコンバット・トリックとして使えるものというイメージだが、対戦相手を呪うためのエンチャントとなると全く趣が違う。《愚者の知恵の呪い》は追加のカードを引くプレイヤーに追いつくためのものではない――むしろあなたは《狂気を操る者チェイナー》のようなもので追加のライフを支払うことを望むだろう!――しかし対戦相手が使う《永劫のこだま》や《リスティックの研究》のようなカードの効果に干渉するのだ。

 何度か2点のライフを失っても大したことはないが、7枚引けば一気に14点のライフを失うことに気づくだろう!

このようにして狂気はある

 マッドネスと《悪夢の達人、チェイナー》の準備は万端、ほかに必要なのは多くのマナと多くのカードだけだ。いったん土地と(《耽溺のタリスマン》、《統率者の宝球》、そして《マナ晶洞石》などの選択肢がある)マナ・アーティファクトを十分確保すれば、追加で引いたカードはいつでもいきなり墓地にある最高のクリーチャーに化ける。

 素晴らしいクリーチャーを採用してデッキを組み上げれば、対戦相手に悪夢を見せてあげられることだろう。『統率者(2019年版)』は8月23日発売予定だ。甘い夢を見る準備はいいかな?

(Tr. Yuusuke "kuin" Miwa / TSV testing)

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

コラム

BACK NUMBER