READING

戦略記事

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:Snake is back! 黒緑巻きつき蛇(スタンダード)

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:Snake is back! 黒緑巻きつき蛇(スタンダード)

by 岩SHOW

 蛇はどんな環境にも適応する、と言い続けて1年が経った。

 《巻きつき蛇》の登場を受けて生まれたデッキタイプ、その名も「巻きつき蛇」はスタンダード環境にさまざまなな形へと進化しながら生き残り続け、そのバリエーションの1つ「スゥルタイ・エネルギー」はプロツアー『イクサラン』にて頂点に立った。その後は環境の2強に追いやられる形になるも、『イクサランの相克』発売に伴い環境は激変。蛇が再び這い出すチャンスが巡ってきた。

 もしプロツアー『イクサランの相克』のフォーマットがスタンダードだったら? そのパワーで並み居るデッキを締め上げてしまったことだろう。新カードも取り入れ、ますます爆発力を増した「黒緑巻きつき蛇」をご紹介!

Ternid - 「黒緑巻きつき蛇」
Magic Online Standard MOCS #11131701 7位 / スタンダード (2018年1月27日)[MO]
7 《
4 《
4 《花盛りの湿地
4 《穢れた果樹園
4 《霊気拠点
1 《屍肉あさりの地

-土地(24)-

4 《光袖会の収集者
4 《マーフォークの枝渡り
4 《歩行バリスタ
4 《巻きつき蛇
4 《翡翠光のレインジャー
3 《ピーマの改革派、リシュカー
3 《新緑の機械巨人

-クリーチャー(26)-
4 《顕在的防御
3 《ヴラスカの侮辱
2 《霊気圏の収集艇
1 《領事の旗艦、スカイソブリン

-呪文(10)-
1 《豪華の王、ゴンティ
3 《致命的な一押し
2 《英雄的介入
2 《帰化
2 《造命師の動物記
1 《失われた遺産
2 《ヤヘンニの巧技
2 《秘宝探究者、ヴラスカ

-サイドボード(15)-

どんなデッキ?

 《巻きつき蛇》の能力により、エネルギーと+1/+1カウンターに関するカードの爆発力を上昇させ、高パワーのクリーチャーによる圧殺を狙った中速デッキ。対戦相手が直接的に除去を用いてこなければ、蛇により強化されたクリーチャーの進撃を止めるものはない。盤面を強固なものにするのがとにかく得意なため、クリーチャーで殴って決着を狙うデッキを簡単に食い止めることができる。睨みあってしまえば《新緑の機械巨人》や《歩行バリスタ》が勝負を決める。

 このリストではかつての定番カードだった《牙長獣の仔》が抜けている。これは《霊気との調和》の禁止により、特に後手の2ターン目に出した場合の強さが大幅にダウンしたことも影響しているだろう。その枠に収まったのは《マーフォークの枝渡り》。

 土地が手に入るかサイズアップするか、ランダムではあるがどちらに転んでも悪くない探検能力を持っており、蛇との相性も良い。そして新カードはこの枝渡りの親分とでも呼ぶべき《翡翠光のレインジャー》。

 2ターン目蛇、3ターン目レインジャーで6/5降臨、なんてこともあるだろう。そのパンチ力、恐るべし!

テクニック!

光袖会の収集者》+《霊気圏の収集艇》:収集艇の能力で得たエネルギーを収集者に支払いドロー、逆に収集者が攻撃して集めたエネルギーを収集艇に用いて絆魂を得させるという動きも。ライフを減らして手札を増やし、減った分のライフも取り戻す。この2枚が綺麗に噛み合えば、盤面でも手札でもライフでも対戦相手を圧倒できる。《巻きつき蛇》が絡むと、それはもうとんでもない話だ。

注目カード:《穢れた果樹園

 『イクサランの相克』にて再録された、タップイン2色土地サイクルの1つ。どんな状況でもタップ状態で戦場に出てしまうため、展開を足止めすることになってとても弱そうに見えるが......

 このデッキリストを今一度見返してほしい。メインでは1ターン目にクリーチャーを出したり自分から呪文を唱えることが100%ない作りになっている。すなわち、1ターン目に土地がタップだろうがアンタップだろうが、自分にとっては何も差はないということになる。

 もちろん後半引いてしまった際にはタップインのデメリットが目立つこともあるが、それは《花盛りの湿地》も同じである。ということで、色マナを安定させるためにこの土地が4枚採用されている。デメリットばかりに気を取られて、色事故してしまう土地構成でトーナメントに出てしまっては本末転倒ってことだね。


 とても扱いやすく、カード同士が組み合わせでその強さを大きく増す、とマジックの魅力を体感するにはうってつけのデッキでもある。そのうえ強いとくれば......初心者にも勧めやすくて最高! 蛇が満ちるジャングルを探検し、黄金をその手に掴もう!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER