READING

戦略記事

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:Suicide Bloo(モダン)

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:Suicide Bloo(モダン)

by 岩SHOW

 マジックのデッキは進化を重ねるものである。その形には様々なものがあり......よく見られるのは元々単色や2色のデッキに色を足すという形。やれることを増やして弱点を補おうとするものだ。但し、多色化は必ずしも正しい進化であるとは限らない。純粋に、色マナをキチンと揃えられずに事故死するリスクが増すからだ。

 では、その逆は? 色を抜くという進化の形も、しっかりとあるのだ。今回紹介するデッキも、減色という進化を遂げた......ように見える逸品だ。最近話題のデッキ、その全貌を解明しよう。

Montre82 - 「Suicide Bloo」
Magic Online Competitive Modern League 5勝0敗 / モダン (2016年10月24日)[MO]
2 《
1 《
2 《蒸気孔
1 《神聖なる泉
4 《沸騰する小湖
3 《溢れかえる岸辺
4 《尖塔断の運河

-土地(17)-

4 《窯の悪鬼
4 《氷の中の存在
3 《猿人の指導霊
2 《騒乱の歓楽者

-クリーチャー(13)-
4 《ギタクシア派の調査
4 《変異原性の成長
4 《稲妻
4 《血清の幻視
2 《信仰無き物あさり
2 《手練
4 《魔力変
4 《ティムールの激闘
2 《使徒の祝福

-呪文(30)-
3 《僧院の導師
1 《騒乱の歓楽者
3 《墓掘りの檻
2 《白鳥の歌
2 《蒸気の絡みつき
1 《払拭
1 《ハーキルの召還術
2 《血染めの月

-サイドボード(15)-

 デッキ名は「Suicide Bloo」。モダンにおけるSuicide=スーサイドデッキと言えば「死の影アグロ」だ。このデッキは英語圏では「Suicide Zoo」「Zooicide」などと呼ばれている。「Suicide Bloo」は明らかに「Suicide Zoo」を意識したデッキ名であり、このデッキの系譜に名を連ねるものであることがわかる。

 御覧のとおり、青赤2色のデッキである。このデッキの元になった「死の影アグロ」はその名の通り《死の影》のための黒、そして《野生のナカティル》《僧院の速槍》《ステップのオオヤマネコ》といったカードのために緑赤白と4色を採用したデッキとなっている。この自らのライフをすり減らすコンボ的な要素を持った超速攻デッキの、その設計思想は継承しつつも「土地を切り詰めた4色デッキ」という不安定な構造からの脱却を図った末にたどり着いた形がこのリスト...なんじゃないかなと。

 このデッキの動きはとてもシンプル。《僧院の速槍》《窯の悪鬼》《氷の中の存在》といった、インスタントとソーサリーを唱えることで打点を向上させるクリーチャーを展開し、可能な限り呪文を唱えてサイズを上げてブン殴る...ただそれだけだ。それだけ?それだけ。ただ、そのシンプルさも突き詰めればディープ。早ければ3ターン目に20点削り切ることも可能だ。以下はその一例。

 ......おそろしや。目指すところは「死の影アグロ」同様、呪文連打で膨れ上がったクリーチャーに《ティムールの激闘》を撃って二段攻撃即死アタックだ。

 1マナおよび実質0マナのインスタントおよびソーサリーを多数採用し、それらの連打でドローを繋げてクリーチャーのサイズをアップして......という動きをしたいので、ゲーム開始時の手札はクリーチャー最低1枚に呪文を複数という状態でキープしたい。土地は3枚目以降を引いてしまうと確実に無駄カードになるので、限界まで切り詰めての17枚。まるでレガシーのデッキを見ているかのようだ。

 このデッキは除去をそれほど使用してこないコンボ系のデッキ相手にはすこぶる強い。また、青赤2色というのを活かして、サイドボードには《血染めの月》が取られている。これで足を止めての速攻で、「トロン」や「ヴァラクート」のような土地コンボ系のデッキ相手には圧勝できる!

 逆に苦手なのは、除去を多数積んだ......「ジャンド」のようなボードコントロール系のデッキだ。「Suicide Bloo」を使用するには、これらのデッキがトーナメントにどれだけ持ち込まれるのかを見極める必要がある。モダン環境の隙を突き、駆け抜けろ!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER