READING

戦略記事

中村修平の「デイリー・デッキ」

中村修平の「デイリー・デッキ」:Gush Storm(ヴィンテージ)

中村修平の「デイリー・デッキ」:Gush Storm(ヴィンテージ)

shuheinakamura.jpg

編集より:中村修平が日替わりで注目のデッキを1日1個紹介するミニコラムです。本コラムは掲載の1~2週間前に英語圏向けに制作され、英語サイトから全世界に発信されています。

日本公式ウェブサイトでは、日本語の原文を掲載いたします。今週は23日(月)~27日(金)の掲載です。


 「パワー9」とその仲間たちはあまりの強さと万能さ故に、ある程度の指向性、そうですね「青ければ」程度でしょうか、があればほとんど自動的にデッキに入ってしまいます。
 加えて青の嗜み《Force of Will》と1ターンに1枚しか置けないMoxの亜種こと土地を十数枚入れた上で、残りをどういった手段で勝つかという部分に費やす、というのがヴィンテージ構築の1つのパターンになっています。先日の《ドルイドの誓い》はひとつの例です。

 さらに付け加えるなら、2つ以上の異なるルートの勝ちパターンを搭載するのが定石。
 いやパターンというか、決まったら最低でも次のターンにはゲームが終了するコンボと言った方が良いかもしれません。

 これには、勝ち筋が1つ潰されても大丈夫なように、というのもありますが、コンボパーツ自体も1枚制限がかかっているからスロットが余ってしまうという事情もありますね。
 まあ各種「教示者」があるので実質的に5-6枚はデッキに入っている計算になりますけどね。

 ちなみにこのデッキはストームと銘打っていますが実態は、
「《Fastbond》と《噴出》のコンボで土地もマナも大量に出せるし1枚だけ入っている《苦悶の触手》で勝つかもしれないけど、《修繕》から《荒廃鋼の巨像》を持ってきちゃうかもしれないし、《空召喚士ターランド》からトークンを10体くらい出しちゃうかもしれない。あ、タイムラグはどうせ《Time Walk》打つから関係ないよデックウイン。」
 なのです。そりゃあ省略して「Gush Storm」にしても罰が当たりませんわ。

 あ、そういえば《精神を刻む者、ジェイス》も一応勝ち手段ですね。ヴィンテージはお互いの初太刀を凌ぎ切った場合に壮絶な泥試合となるので、そうなった時は強いですよ。

Maggio Stefano
Milano NVL#6 トップ4 / ヴィンテージ[MO]
2 《
1 《冠雪の島
4 《Underground Sea
2 《Tropical Island
2 《溢れかえる岸辺
2 《霧深い雨林
1 《汚染された三角州
1 《Library of Alexandria
1 《トレイリアのアカデミー

-土地(16)-

2 《瞬唱の魔道士
1 《荒廃鋼の巨像
2 《空召喚士ターランド

-クリーチャー(5)-
1 《Black Lotus
1 《Mana Crypt
1 《Mox Emerald
1 《Mox Jet
1 《Mox Pearl
1 《Mox Ruby
1 《Mox Sapphire
2 《狼狽の嵐
2 《精神的つまづき
1 《Ancestral Recall
1 《渦まく知識
1 《Fastbond
1 《太陽の指輪
1 《吸血の教示者
2 《Mana Drain
2 《撤廃
1 《Demonic Tutor
1 《ハーキルの召還術
1 《商人の巻物
1 《新たな芽吹き
1 《Time Walk
1 《Timetwister
1 《修繕
1 《ヨーグモスの意志
2 《けちな贈り物
1 《苦悶の触手
4 《Force of Will
4 《噴出
1 《精神を刻む者、ジェイス

-呪文(40)-
3 《イクスリッドの看守
3 《自然の要求
2 《真髄の針
1 《強迫
1 《虚無の呪文爆弾
1 《鋼の妨害
2 《突然の衰微
2 《毒の濁流

-サイドボード(15)-

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER