EVENT COVERAGE

プロツアー『ドミナリア』

トピック

ドラフト・マスターおよび構築マスター・レース最終コーナー

Tobi Henke
henke_author.jpg

2018年6月1日

 

 世界選手権への参加権利が与えられる「ドラフト・マスター」と「構築マスター」の称号は、通常ならシーズン最後のプロツアーにて授与される。しかし今年は「マジック25周年記念プロツアー」がチーム戦で行われるため、この週末で2タイトルのゆくえが決まるのだ。

 今大会を迎えるにあたり、ここまでの2大会で全勝を続けるエリアス・ワッツフェルト/Elias Watsfeldtがドラフト・マスター・レース首位。今大会初日のドラフトを終えて僅差で迫る2位のプレイヤーは彼を捉えることができなかったものの、ワッツフェルト自身も2勝1敗に「留まった」。今シーズンに行われたプロツアーのドラフト部門で全勝を続けていた彼の連勝記録が、ついに途絶えたのだ。

 スウェーデンのワッツフェルトは、2011年~2013年の間に4度のグランプリ・トップ8入賞を果たし、高レベルの舞台で戦っていた。最近マジックに復帰して、今年もすでにグランプリ・トップ8入賞をその戦績に加えている彼だが、世界選手権の舞台はこれまでにない高みだ。

 ワッツフェルトはドラフト・マスターの座をあまり意識しないよう努めていた。タイトル獲得の可能性を尋ねてみると、「可能性がゼロだった気が楽なのに!」と返ってくる。

「とはいえそこまで気を揉んではいません。世界選手権でプレイできたらきっと楽しいだろうけれど、あまり意識しすぎないよう努めています」

 続けて『ドミナリア』のブースター・ドラフトについて尋ねると、ワッツフェルトは次のように語った。「盤面がよく膠着するので、飛行持ちが本当に大切です。ドラフト中もそれを意識しています」

 そんなワッツフェルトは、今大会初日のドラフトで好きな色の組み合わせだという「白青」のデッキを作り上げた。「《艦の魔道士、ラフ・キャパシェン》をピックしてからはもう振り返りませんでしたね」

 2日目のドラフトで最大のライバルとなるのが、僅差で追うアンドレア・メングッチだ。プロツアー・トップ8入賞3回を誇るメングッチが明日のドラフトでワッツフェルトをふたつ上回れば、ドラフト・マスターのタイトルを奪取。それができなければ、世界選手権への参加権利はワッツフェルトのものとなる。

 メングッチは厳しい状況を認めた。「すべてはワッツフェルトの結果次第だね」

 『ドミナリア』ドラフトについては、メングッチ自身は好感触を得ているものの、チームで環境の解明までは至らなかったという。

「いつもは戦略をひとつに絞って決め打ちするんだけど、今回はどの色の組み合わせやアーキタイプでも勝利につなげられる。その分、卓の流れを読まなきゃいけないんだ」

 そうそう、読むといえば、以下の表を読めばドラフト・マスターの目があるプレイヤーを知ることができる。

順位 名前 獲得ポイント合計
1 Elias Watsfeldt スウェーデン 42
2 Andrea Mengucci イタリア 36
3 Alexander Hayne カナダ 33
3 Craig Wescoe アメリカ合衆国 33
3 Jon Stern カナダ 33
3 Ivan Floch スロバキア 33
3 Luis Salvatto アルゼンチン 33
3 Martin Dang デンマーク 33
3 Ari Lax アメリカ合衆国 33
3 Pascal Maynard カナダ 33
3 Ondrej Strasky チェコ共和国 33

 一方、構築マスター・レースは、ドラフト・マスターとはまったく異なる様相を見せていた。先頭集団が広がっており、初日のスタンダード5回戦を終えてもなお、多くのプレイヤーにチャンスがある。

 これまでの首位はジョン・ロルフ/Jon Rolfだったが、複数のプレイヤーがわずか1点差で追っていた。そして今大会第7回戦、プロツアー『イクサラン』トップ4入賞者のロルフは、首位の座から陥落した。「良くない1日でしたね」とロルフは振り返る。「不運もありました。でも選択したスタンダードのデッキは好きです。あとは諦めずに続けるだけですね」

 構築マスター・レースで激しい戦いを続けているプレイヤーといえば、再びアンドレア・メングッチの登場だ。第8回戦で彼は、新たに首位となったマット・セヴェラ/Matt Severaにわずか3点差まで迫った。そこで私は、再び話を聞きに行った。

「構築マスターの方も競っているとは知らなかったよ」とメングッチは言う。「もちろんプロ・ポイントを追い求め、世界選手権への参加権利獲得にも挑戦してきたけれど、まさかこんなことになっているとは。構築マスター・レースについての記事を書くんだよね? 絶対読むよ!」

 では(他のプレイヤーももちろんだが)メングッチのために、以下に構築マスターのタイトルを懸けて明日のスタンダード・ラウンド5回戦を迎えるプレイヤーたちをご紹介しよう。

順位 名前 獲得ポイント合計
1 Matthew Severa アメリカ合衆国 60
2 John Rolf アメリカ合衆国 58
3 Brian Braun-Duin アメリカ合衆国 57
3 Jelco Bodewes オランダ 57
3 Corey Baumeister アメリカ合衆国 57
3 Brad Nelson アメリカ合衆国 57
3 Jacob Nagro アメリカ合衆国 57
8 Piotr Glogowski ポーランド 56
9 Luis Salvatto アルゼンチン 54
9 Andrea Mengucci イタリア 54
9 Christian Hauck ドイツ 54
12 Reid Duke アメリカ合衆国 52
13 津村 健志 日本 51
13 Shaheen Soorani アメリカ合衆国 51
13 山本 賢太郎 日本 51
13 Andrew Cuneo アメリカ合衆国 51
17 Pascal Maynard カナダ 50
18 Paul Rietzl アメリカ合衆国 49
18 Lee Shi Tian 香港 49
20 Michael Hinderaker アメリカ合衆国 48
20 Panagiotis Papadopoulos ギリシャ 48
20 Alexander Hayne カナダ 48
20 井上 徹 日本 48
20 Marcio Carvalho ポルトガル 48
20 Jason Chung ニュージーランド 48
30 Arne Huschenbeth ドイツ 46
30 Christian Calcano アメリカ合衆国 46
30 Kelvin Chew シンガポール 46
33 Benjamin Weitz アメリカ合衆国 45
33 Thomas Ashton アメリカ合衆国 45
33 Liu Yuchen 中国 45
33 Jonathan Sukenik アメリカ合衆国 45
33 Elias Klocker オーストリア 45
33 藤田 剛史 日本 45
33 Petr Sochurek チェコ共和国 45
33 Ivan Floch スロバキア 45
33 Thomas Hendriks オランダ 45
33 Bernardo Santos ポルトガル 45

 メングッチは初日最終ラウンドで敗北を喫したものの、両レースとも6点差で首位を追っている。これは彼が今シーズンのプロツアーで目覚ましい活躍を見せている証であり、これだけの成績を残している彼なら「獲得プロ・ポイント上位」の枠でも申し分ない位置にいることだろう。

mengucci_master.jpg
ドラフト・マスターと構築マスター、ふたつのレースで上位を走る世界ランキング11位のアンドレア・メングッチ

 ドラフト・マスターと構築マスターの二冠にここまで近づいたプレイヤーは、過去にも類を見ない。だから念のためルールを確認しておこう。もしメングッチが二冠を達成した場合、どちらの枠においても繰り下がりは発生しない。その代わり、「マジック25周年記念プロツアー」を終えた時点での「プロ・ポイント上位」の枠がひとつ追加される。

 実に楽しみだ!

(Tr. Tetsuya Yabuki)

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
最終
16 16
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST